クレンジングの選び方で肌が変わる!自分に合うメイク落としの見つけ方

クレンジングの選び方に迷ってる?失敗しないメイク落とし選び

メイク落としには必ず必要なクレンジング。

巷にはいろいろなクレンジングが売られていますが、いつも何を基準にして選んでいますか?価格?それとも、メーカーやタイプ、配合されている成分?

実は、クレンジング選びは、今だけでなく、将来の肌の調子を左右するほど大切なこと。しっかり吟味して、自分に合ったものを選ぶことで、肌トラブルのない美肌をキープすることにもつながるんです。

こちらでは、

  • クレンジングってどう選ぶの?
  • クレンジングの種類で迷ってしまう!

という方のために、クレンジングの正しい選び方についてご紹介。

ぜひ、あなたにぴったりなクレンジングを見つける方法をマスターしていってくださいね。

クレンジングはメイクの濃さと肌質との相性で選ぶ

クレンジングはメイクの濃さと肌質との相性で選ぶ

クレンジング料は油性成分と界面活性剤の配合バランスで、クリームやミルクタイプ、オイルタイプなどなど、様々なタイプに分かれます。

タイプによってテクスチャや洗浄力、肌への負担度が違うため、

  • メイクの濃さ
  • 肌質との相性

を基準にすると、失敗することなくクレンジングを選べます。

メイクの濃さによるクレンジングの選び方

メイクの濃さで選ぶといっても、そもそもメイクの濃い、薄いって、どういう違いがあるんでしょう?

もちろん、見た目の濃い、薄いがありますが、ここで言うメイクの濃さは使っているメイクアイテムの違いです。

一つ例を挙げると、パウダーファンデーションとリキッドファンデーションでは、濃いと言われるのはリキッドファンデーションのほう。

これは、リキッドファンデーションのほうが油分の配合量が多く、肌への密着度が高いため、パウダーファンデーションに比べて落としにくいからです。

では、クレンジングを選ぶ上でのメイクが濃い・薄いの基準を簡単にご紹介しますので、使用しているメイクアイテムから自分のメイクの濃さをチェックしてみましょう。

メイクの濃さの基準

メイクの濃さ ベースメイク ポイントメイク
濃い ・ウォータープルーフのファンデーション
・リキッドファンデーション
・クリームファンデーション
・オイルベースの日焼け止め等
・ウォータープルーフのマスカラやアイライナー
薄い ・パウダーファンデーション
・ミネラルファンデーション等
・お湯で落とせるマスカラやアイライナー

メイクが濃ければ、当然、メイクオフ力が強い、洗浄力高めのクレンジングが必要になってきます。

洗浄力が高い順にクレンジングの種類をご紹介すると、

クレンジングシート

オイルクレンジング

クリームクレンジング

オイル系ジェルクレンジング

ジェル・リキッドクレンジング

ミルククレンジング

という順番が一般的。

肌にやさしいと人気のミルククレンジングも、濃いメイクだとすっきり落とすことができませんし、それどころか肌なじみが悪いために、摩擦で肌を傷めることもあります。

また、軽めのメイクなのにオイルクレンジングを使い続けていたら、必要な皮脂まで取り過ぎてしまい、乾燥を招くことも。
メイクの濃さと洗浄力の強さでクレンジング選ばないと、知らず知らずのうちに肌トラブルを招いてしまうこともあるというわけです。

でも、

  • ふだんは濃いメイクだけど、休日はナチュラルメイクしかしない
  • ベースメイクはパウダーだけど、アイメイクはウォータープルーフ

という方もいらっしゃいますよね。

そんな場合は、1つのクレンジングに頼らず、使い分けをするのも手。

  • ふだんの日はオイルで、休日はミルク
  • ベースメイクはクリームで落として、アイメイクはシート

といったように、メイクの濃さや部位に合わせて使い分けると、肌への負担も最小限に抑えられます。

肌質との相性によるクレンジングの選び方

クレンジングは、肌質によっても相性が合う、合わないがあります。

肌トラブルを避けるためにも、自分の肌質に合ったクレンジングを選ぶことが大切。

肌質別にはどんなものを選べばいいか、おすすめのクレンジングの種類についてご紹介します。

乾燥肌にはクリームクレンジングがおすすめ

乾燥肌の方は、肌に必要な保湿成分や皮脂を取り過ぎないクレンジング料を選ぶことが大切です。

そのため、洗浄力が強いオイルタイプやシート(ローション)タイプ、皮脂膜を奪いやすいジェルタイプのクレンジングは控えたほうがベスト。

油分も水分も多すぎず、配合バランスのいいクリームクレンジングがおすすめです。

ただ、ふだんのメイクが濃い場合は、クリームクレンジングだと落としにくいことも。

そんなときは植物性油脂を主原料にした油脂系のオイルクレンジングを使ってみてください。

洗浄力が高い割に脱脂力は少ないため、乾燥肌でも安心して使えます。

敏感肌にはミルククレンジングがおすすめ

刺激に弱くなっている敏感肌の方には、クリームタイプより油分が少なく、水だけでも流しやすいミルクタイプのクレンジングがおすすめです。

ミルククレンジングは、保湿力もほどよくあり、界面活性剤の配合量も少なく、肌への刺激も少ないからです。

肌が弱っているときは、極力、濃いメイクは控え、ミルククレンジングでも十分落ちるナチュラルメイクにとどめておきましょう。

また、肌への負担が心配なときは、「アレルギーチェック済み」のもので、返品保証があるものを選ぶと安心です。

脂性肌にはジェルクレンジングがおすすめ

皮脂分泌が多い脂性肌は、ジェルタイプのクレンジングとの相性がバッチリ。

使用感はみずみずしく、洗い上がりがスッキリ、さっぱりして、オイリーな肌には快適な使い心地です。

ただ、クレンジングジェルの洗浄力は中程度なので、濃いメイクだとなかなか落ちないこともあります。

その場合は、クレンジングシートなど、ローション系のクレンジングを併用しましょう。

混合肌・インナードライ肌はベースの肌質に合わせる

混合肌や乾燥性脂性肌といわれるインナードライ肌の方は、ベースの肌質の面積の大きいほうで選ぶのが◎。

乾燥した部分が多ければ乾燥肌に合わせて、べたつく部分が多ければ脂性肌に合わせてクレンジングを選ぶと失敗しません。

また、このタイプの肌質の方は毛穴が目立ちやすい傾向にあるので、こんにゃくスクラブやクレイなど、毛穴ケア成分が配合されたクレンジングもおすすめです。

クレンジングの種類と特徴を知っておきましょう

クレンジングの種類と特徴を知っておきましょう
前述したように、クレンジングは油性成分と界面活性剤の配合バランスで様々な種類に分かれ、それによってテクスチャや洗浄力、肌への負担度が変わります。

メイクの濃さ、肌質との相性に適したクレンジングを失敗なく選ぶためにも、種類ごとの特徴を知っておくことも大事。

下図のようなイメージを頭に入れておくと、選ぶときに迷いませんよ♪

クレンジングのタイプ別洗浄力の違い

では、具体的にクレンジングの種類ごとの特徴やメリット・デメリット、そしてどんな方に適しているかをご紹介します。

ローション系クレンジングの特徴とメリット・デメリット

シートクレンジングや、ローションをコットンに浸して拭き取るタイプのクレンジングは、油分を全く含まず、界面活性剤の力のみでメイク料を落とします。

洗浄力が高く、肌を傷めやすいので、毎日の使用は控えたほうがベターです。

メリット

・場所や時間を選ばず、水なしで落とせるため、疲れた日でも楽チン。
・濃いメイクでもしっかり落とせる。

デメリット

・肌をこすることで炎症性の色素沈着(シミやくすみ)を起こしやすい。
・洗浄力・脱脂力が高く、多用することで乾燥を招くことがある。

ローション系クレンジングはこんな方におすすめ

・脂性肌の方
・メイクが濃いめの方
・生活が不規則で疲れやすい方

オイルクレンジングの特徴とメリット・デメリット

オイル自体にもメイクオフ力がある上、界面活性剤の配合量も多めなので、洗浄力抜群のクレンジングです。

植物性オイルを使った油脂系、ミネラルオイル系、エステル系と3種類あります。

ミネラルオイル系は安価でコスパがよく、油脂系のオイルクレンジングは価格が高めですが、肌への負担が少なく、乾燥肌や敏感肌でも使えます。

最近人気のバームタイプクレンジングは、エステル系オイルクレンジングに属するものが多いです。

メリット

・濃いメイクでもしっかり落とせる。

デメリット

・洗浄力が高い分、皮脂が取れすぎ、乾燥を招くことがある。(ミネラルオイル系)
・マツエクをしていると使えないことがある。

オイルクレンジングはこんな方におすすめ

・メイクが濃いめの方
・肌が強い方

クリームクレンジングの特徴とメリット・デメリット

油分と界面活性剤の配合バランスに優れ、洗浄力は適度。

メイクなじみもいいため、肌を傷めにくく、デイリーに使いやすいクレンジングです。

メリット

・肌への負担が少ない。

デメリット

・濃いメイクは落としきれないことがある。
・肌に油分が残りやすいため、W洗顔が必要。
・お風呂場、塗れた手では使えない。

クリームクレンジングはこんな方におすすめ

・メイクが薄めの方
・乾燥肌、敏感肌、混合肌の方

ジェル・リキッドクレンジングの特徴とメリット・デメリット

水の成分に界面活性剤を多めに入れたタイプのクレンジング。リキッドクレンジングにゲル化剤を混ぜたものがジェルクレンジングです。

通常は、水分が多いため油性のメイクを落としにくいのが特徴ですが、オイルを加えた油性ジェルクレンジングなら、肌なじみもよく、扱いやすいです。

メリット

・みずみずしい使用感で洗い上がりがさっぱりする。
・濡れた手で使えたり、W洗顔不要のものが多く、扱いが楽。

デメリット

・濃いメイクは落としきれないことがある。
・洗浄力が弱いため、メイク落としに時間がかかり、肌に負担がかかることがある。

ジェル・リキッドクレンジングはこんな方におすすめ

・メイクが薄めの方
・脂性肌の方

ミルククレンジングの特徴とメリット・デメリット

クリームクレンジングよりも油分が少なく、乳液状で水に溶けやすいため、洗い流しやすいクレンジング。

洗浄力は弱めですが、軽めのメイクなら十分落とせます。

メリット

・界面活性剤の配合量が少ないため、刺激も弱め。
・ほどほどの保湿力がある。

デメリット

・濃いメイクは落としきれないことがある。
・メイクとのなじみが悪いため、肌を摩擦することがある。

ミルククレンジングはこんな方におすすめ

・メイクが薄めの方
・乾燥肌、敏感肌、混合肌の方

編集部
編集部
クレンジングの種類別特徴を見てもわかるとおり、肌にやさしいクレンジングはメイク落ちが悪いというイメージが一般的ですよね。
でも、最近は化粧品技術も向上して、洗浄力が高い割に肌への負担度も少ないクレンジング料も増えてきました。

ただ、そういったいわゆる”質のいい”クレンジングは、研究費がかかっている分、価格も高め。
逆に、ドラッグストアやコンビニで購入できるプチプラなクレンジングだと、プラスαの機能を持ったものは少なく、「洗浄力の高さ」、「手軽さ」、「安さ」を売りにしたものがほとんどです。

全てとは言いきれませんが、クレンジング選びに困ったとき、価格という点も肌にいいものかどうかを見極める一定の目安にはなりますよ。

クレンジングの選び方1つで肌のコンディションは変わります

クレンジングは、いつまでも健康で美肌を維持するための大事なスキンケア。

基礎化粧品を変えても、肌の調子がなかなかよくならないという方は、もしかするとクレンジングの選び方を間違えているかもしれません。

最近は、濃いメイクもするっと落ちるといったクレンジングが増えていますが、洗浄力が強いということは、刺激も強く、肌に与えているダメージも大きいということ。

自分の肌質やメイクの濃さにあったクレンジングを選ばないと、肌はきれいになるどころか、様々な肌トラブルを引き起こす原因にもなり得ます。

クレンジング選びは、肌のコンディションを整えるためには欠かせない、大切な第一歩。

ぜひ、この機会に今までのクレンジングの選び方を見直してみてください。肌の調子も断然よくなりますよ♪

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。