ビオレクレンジングマニアが教えるメイク落としの特徴と選び方

ドラッグストアやコンビニのメイク落としコーナーにずらっと並ぶビオレのクレンジング。

他のクレンジングに比べて値段も安いし、知名度もあって信頼度も高いので、リピーターも多いですよね。

でも、ビオレのメイク落としっていろんな種類があって、いざ、並んでいるのを見るとどれを選べばいいか迷うもの。結局、値段や楽そうなものとかで選んだりしていませんか?

クレンジングは、それなりに肌に負担をかけるスキンケア。

ビオレのクレンジングもちゃんと使い分けしておかないと、知らず知らずのうちに肌を傷めている場合もあるんです。

そこで、こちらでは、商品ごとの特徴や、また肌質や目的、使い方に合わせたビオレクレンジングの選び方をご紹介。

ぜひ、自分に合うビオレクレンジングを見つけてくださいね。

ビオレクレンジングは全部で13商品ある

引用画像:kao.co.jp
ビオレのクレンジングは、現在のところ、13ものラインナップがあります。

シート、オイル、リキッド、ミルク、ジェルなど、タイプも様々あり、それぞれ仕上がりや落とせるメイクの濃さ、肌への負担度が異なります。

まずは、タイプ別に商品をご紹介します。

ビオレのクレンジングシート

ビオレのクレンジングリキッド(ウォーター)

ビオレのクレンジングオイル

ビオレのクレンジングジェル

ビオレのクレンジングクリーム

ビオレの洗顔・クレンジング兼用洗顔料

こちらからは、洗顔とクレンジングが一度にできる、「メイクも落とせる洗顔料」をご紹介します。メイクが軽めの方におすすめです。

肌質別ビオレクレンジングの選び方

肌質別ビオレクレンジングの選び方

乾燥肌・敏感肌

肌内の水分量が減少し、バリア機能が落ちている乾燥肌や敏感肌の方にイチオシのビオレクレンジングは、『ビオレ こくリッチメイクオフクリーム』です。

W洗顔が必要で乾いた手で使う必要があり、他のクレンジングに比べると、ちょっと手間もかかり、汚れ落ちも物足りない感があるかと思いますが、肌への負担度は最も低め。

天然由来のシアバターが配合されているので、洗い上がりもしっとりもちもちして、肌を乾燥から守ってくれます。

また、敏感肌で肌が弱っているときは、洗浄力が高かったり、合成界面活性剤が多く配合されているオイル、シート、ジェル、リキッドタイプのクレンジングはNGです。

  • ビオレ ピュアスキンクレンズ
  • ビオレ パーフェクトオイル
  • ビオレ うるおいクレンジングリキッド
  • ビオレ しっかりクリアジェル
  • ビオレ ふくだけコットン

以上のビオレクレンジングは避けたほうが無難。

濃いポイントメイクは、アルコールフリー、アレルギーテスト済みの『ビオレ しっかりアイメイク落とし』を使うなどして、使い分けしてくださいね。

乾燥肌向けおすすめ人気クレンジングランキング【しっとり感が続くメイク落とし】乾燥肌にいいクレンジングを選びたいんだけれど、種類がいっぱいあってどれを選べばいいかわからない!ってこと、ありますよね。 そこで、...
敏感肌に最適なおすすめクレンジング【最適な選び方を紹介】敏感肌だとクレンジング選び、本当に悩んでしまいますよね。 クレンジングは肌にとても負担がかかるものですし、何を使っても合わない・・...

脂性肌

皮脂分泌が多めの脂性肌には、下の4つがおすすめです。

  • ビオレ ピュアスキンクレンズ
  • ビオレ しっかりクリアジェル
  • ビオレ 素肌つるるんクレンジングウォーター
  • ビオレ ふくだけコットンうるおいリッチ すべすべクリア

どれもすっきり皮脂やメイク汚れが落とせて、オイリーでべたつきやすい肌に向いています。

特に、「しっかりクリアジェル」や「素肌つるるんクレンジングウォーター」はオイルフリーなので、脂性肌でニキビができやすいという方にも◎。

混合肌

混合肌の方は、肌の部位のうち、乾燥している部分が多いか、べたついている部分が多いか、面積の大きいほうに合わせてクレンジングを選びましょう。

乾燥している部位に合わせるか、べたついている部位に合わせるか、迷ってしまうときは、オイルフリーなのにしっとり感が残る「素肌つるるんクレンジングウォーター」がおすすめです。

目的別ビオレクレンジングの選び方

目的別ビオレクレンジングの選び方

メイクの濃さで選ぶ

ふだんはミネラルファンデーションやパウダーファンデーションで、ナチュラルメイクしかしない軽めの方は、

  • ビオレ メイクも落とせる洗顔料 うるうる密着泡
  • ビオレ メイクも落とせる洗顔料 さっぱりミルク
  • ビオレ メイクも落とせる洗顔料 つるすべ美肌

だけで十分落とせます。

リキッドやクリームタイプのファンデーションを使ったり、どちらかというと濃いメイクが多いという方におすすめなのは、

  • ビオレ ピュアスキンクレンズ
  • ビオレ パーフェクトオイル
  • ビオレ うるおいクレンジングリキッド
  • ビオレ メイクとろりんなで落ちジェル

この4つはウォータープルーフのマスカラもするんと落とせる、メイク落ち大満足のクレンジングです。

ベースメイクは軽めだけど、アイメイクだけ濃いという方は、その部分にだけに上記のクレンジングを使ったり、『ビオレ しっかりアイメイク落とし』を使うなどして、使い分けをしましょう。

肌への負担度で選ぶ

肌への刺激が少なく、比較的やさしい使い心地のビオレクレンジングでおすすめは下記の3つです!

  • ビオレ 素肌つるるんクレンジングウォーター
  • ビオレ こくリッチメイクオフクリーム
  • ビオレ しっかりアイメイク落とし

また、メイク落とし兼洗顔料の3つもおすすめです。

  • ビオレ メイクも落とせる洗顔料 うるうる密着泡
  • ビオレ メイクも落とせる洗顔料 さっぱりミルク
  • ビオレ メイクも落とせる洗顔料 つるすべ美肌

ただし、メイクが濃いめの場合には、落としにくく、無理に落とそうとするとかえって肌を傷めるので注意が必要。

メイクが濃い方で肌へのやさしさを求めるなら、『ビオレ 素肌つるるんクレンジングウォーター』がおすすめ。

洗浄力が高い割に肌への負担が少ないです。

手軽さで選ぶ

ビオレクレンジングで一番手軽で簡単なのが

  • ビオレ ふくだけコットン
  • ビオレ ふくだけコットンうるおいリッチ
  • ビオレ ふくだけコットンすべすべクリア

といったシートタイプのクレンジング料です。
コンビニでは携帯サイズもあって、旅行のときにも便利ですよね。

ただし、クレンジングシートは肌を摩擦して、負担をかける度合いが大きいので、多用はNG。
疲れた日や外出先で使うなど、使い分けをしてください。

ふだん、デイリー使いするなら、お風呂場で使えてW洗顔も不要、そして、べたつきが残らない

  • ビオレ ピュアスキンクレンズ
  • ビオレ うるおいクレンジングリキッド
  • ビオレ メイクとろりんなで落ちジェル

といったビオレクレンジングが楽チンで便利です。

角栓・ニキビ・毛穴の黒ずみケアができるビオレクレンジング

ニキビや毛穴の黒ずみでお悩みの方は、『ビオレ 素肌つるるんクレンジングウォーター』がおすすめ。

オイルフリーで毛穴に詰まりにくい上、不要な古い角質も取り去ってくれるので、角栓やニキビ、毛穴の黒ずみケアに最適です。

角栓の悩みを解消するクレンジングの選び方と厳選5選取っても取っても復活する頑固な毛穴の詰まり、いわゆる「角栓」。 いろんなクレンジングを試してきたけれど、一向になくなる気配がない、...

マツエクしてても使えるビオレクレンジング

基本的に、ビオレクレンジングには「マツエクOK」とうたっている商品はありません。

マツエクに使われている接着剤、いわゆるグローにはいろいろな種類があり、種類によってはマツエクが落ちてしまうこともあるため、公言していないよう。

ただ、一般的に使われているグローなら、オイルフリークレンジングであればOK。

  • ビオレ 素肌つるるんクレンジングウォーター
  • ビオレ メイク落とし しっかりクリアジェル

これなら、オイルが配合されていないのでマツエクしていても使えます。

ただし、使われているグローはサロンによって異なるので、クレンジングを購入する前にきちんと確認してくださいね。

マツエクでも使える人気おすすめクレンジング【種類と選び方】マツエクをしていると、気をつけないといけないのがクレンジングですよね。 今までのクレンジングを使ったら、せっかくのマツエクが取れち...

ビオレクレンジングを正しく使い分けてトラブルのない肌に

ビオレクレンジングは、比較的安価で使いやすいものの、それだけに肌に残りやすい「ミネラルオイル」や、肌に刺激の強い「合成界面活性剤」、「エタノール」が使われています。

そのため、安易に選んで使い続けると、乾燥肌になったり、ニキビや吹き出物ができたりと、肌トラブルを招くこともあります。

安全に使うためにも、自分に肌に合っているビオレクレンジングを選び、場合によっては使い分けを行うことも大切。

正しく選んで上手に使いこなしてくださいね。

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

ブティーマガジン編集部
ブティーマガジンはあなたの知りたいを追及するWEBマガジンです。クレンジング、スキンケア、基礎化粧品に関する記事を配信しています。