アンチエイジングにおすすめ!高保湿エイジングケアクリームランキング

年齢が進むにつれ、シワやたるみ、ほうれい線が気になりだしたら、いつもの基礎化粧品にアンチエイジング効果の高いエイジングケアクリームをプラスしてみませんか?

この記事でわかる事!
  • エイジングケアクリームの必要性
  • 効果の高いエイジングケアクリーム
  • 安くても優秀なエイジングケアクリーム
  • 男性専用のエイジングケアクリーム

ハリや弾力を回復してくれる高機能なエイジングケアクリームを上手に使い、肌の老化をいち早く食い止めましょう!

エイジングケアクリームの選び方

エイジングケアクリームの選び方

スキンケアによるエイジングケアというと美容液が主流ですが、肌のハリや弾力、うるおいを取り戻すエイジングケアクリームももちろん欠かせないアイテム。

高いアンチエイジング効果を得るために、どんなエイジングケアクリームを選べばいいか、まずポイントを押さえておきましょう!

伸びのいいクリームを選ぶ

最近は、極端な気温の変化や大気汚染などで肌がダメージを受けやすい環境になってきました。

そのため、肌のバリア機能が低下して、肌状態がゆらぎやすい方が増えてきています。

それに加えて、クレンジングや洗顔料の洗浄力も高くなり、肌が本来持っている「うるおう力」が衰えてきている人も。

実は、エイジングケアクリームには肌を守る皮脂膜を作る作用があり、こうした肌のバリア機能低下の改善にとても効果的なんです。

ただ、機能が高いエイジングケアクリームほど、テクスチャが濃厚で少しこっくりしたタイプがほとんど。

伸びが悪いものを選ぶと、肌に伸ばすときにダメージを与えることがあるので、エイジングケアクリームは、伸びがよく、すうっと肌になじむものが最適です。

手に取ったときは濃厚でも、体温でとろけるようなエイジングケアクリームを選ぶと、肌への負担が軽減され、本来のバリア機能アップ効果を発揮できますよ♪

保湿力が高く、うるおいを実感できるものを選ぶ

エイジングケアクリームを選ぶときに、しっかりチェックしたいのが配合されている保湿成分。

年齢を重ねるごとに肌本来の保水力が低下して肌内の水分量が減ってしまうため、エイジングケアクリームで不足しがちな保湿成分をしっかり補給して肌に閉じ込めておくことが大切です。

保湿力の高い成分としておすすめなのが

  • セラミド
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸

など。

特に、セラミドは40代を過ぎると急激に減少していくので、エイジングケアクリームで補いたい成分です。

浸透力の高いヒト型セラミドが配合されているものを選びましょう。

さらに、スクワランやホホバオイルなど、天然由来の油性成分が配合されているものもおすすめ。

油性成分が肌表面の皮脂膜となり、肌のバリア機能をサポートするだけでなく、肌の水分が蒸発するのを防いで、エイジングで低下した保水力もサポートしてくれます。

セラミド配合美容液おすすめランキング【人気の高保湿アイテム】セラミド配合美容液は、乾燥しきった肌に素早くうるおいを与えたり、肌のバリア機能をアップしたりすることができる高保湿化粧品。 乾燥に...

肌のハリ・弾力を回復する成分が配合されたものを選ぶ

顔のシワやたるみ、ほうれい線が目立ち始めるのは、主に紫外線や加齢による肌内のコラーゲンの減少が原因。

肌のハリや弾力を回復して、シワやたるみ、ほうれい線を改善していくには、まず減ってしまったコラーゲンを増やすスキンケアを行うことが大切です。

エイジングケアクリームで、肌のコラーゲンを増やすことができる成分をしっかり補っていきましょう。

コラーゲンを増やす主な成分

  • ビタミンC誘導体
  • レチノール
  • ナイアシン
  • プラセンタエキス

など

編集部
編集部
化粧品に配合されているコラーゲンは、分子が大きいため肌に塗っても肌のコラーゲンにはなりません。

じゃあ、なぜコラーゲンが化粧品に入っているかというと、それは主に肌表面の保湿を目的として配合されています。

肌内のコラーゲンを作るのは「線維芽細胞」という細胞ですが、これが加齢によって衰えることでコラーゲンが減ってしまいます。

上記でご紹介した成分には、衰えてしまった「線維芽細胞」を元気にする働きがあり、それによって肌内のコラーゲンを増やすことができるというわけです!

美白効果のあるクリームならトータルケアも可能

エイジングケアクリームは、ハリや弾力、うるおいの回復に効果的なアイテムですが、最近は美白成分が配合され、保湿ケア、ハリケアに加え、美白ケアができる多機能なものも増えてきました。

乾燥やシワ、たるみだけでなく、シミやそばかす、くすみも気になる・・・と、トータルでエイジングケアをしたいという方は、美白成分が配合されたエイジングケアクリームを選びましょう。

美白成分には様々なものがありますが、

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • トラネキサム酸
  • プラセンタエキス

などが比較的、刺激も少なく、高い美白効果が期待できます。

ビタミンC誘導体化粧水おすすめランキング|プチプラ人気アイテムと選び方ビタミンC誘導体配合化粧水のおすすめアイテムを紹介。エステや美容皮膚科でも使われ、様々な美肌効果が得られると言われている万能アイテム。美肌効果や選び方などを紹介しています。...

高保湿でおすすめのエイジングケアクリームTOP3

高保湿でおすすめのエイジングケアクリームTOP3

ディセンシアアヤナスクリームコンセントレート

こちらも敏感肌・乾燥肌に対応した、とろけるようなテクスチャのエイジングケアクリームです。高保湿で肌に浸透しやすい保湿成分、ヒト型ナノセラミド配合で角層を満たしてバリア機能をサポート。

また、ポーラの独自成分、CVSアルギネートが肌内のコラーゲンを増やし、ハリとうるおいのある艶やかな肌に育ててくれます。

トライアルセット

ディセンシアアヤナストライアルセット
編集部
編集部
肌に塗ると膜が張られ、守られている感じが実感できるクリームです。

保湿力がかなり高いので、肌の乾燥が強く、何を使っても乾くという方に特におすすめ。

ただ、油分が多めなので、ニキビや吹き出物ができやすいという方には不向きです。

NOV L&Wエンリッチクリーム

敏感肌・乾燥肌向け、濃厚な使い心地の高保湿エイジングケアクリームです。

保水力が低下して水分量が不足しがちな年齢肌をしっかり保湿して、乾燥による小じわを改善。肌に弾力を与えるハリ肌成分を贅沢に補うことで、ふっくらうるおいのある肌に育ててくれます。

また、美白有効成分の「持続型ビタミンC誘導体」がメラニンの生成を抑制して、シミやそばかす、くすみを予防。

保湿ケア・ハリケア・美白ケアに加え、肌荒れ改善にも対応しているオールマイティなクリームです。

トライアルセット

NOVエイジングケアトライアルセット
価格 約1週間分 1,300円+税
セット内容 ・化粧水(30ml)
・乳液(6ml)
・美白クリーム(6g)
・美白美容液(0.3g×3個)

詳細はこちら

編集部
編集部
皮膚科にも置いてある、美白もできる低刺激性のエイジングケアクリームです。テクスチャが濃厚で、その割によく伸びるので、コスパ的にも続けやすいクリームだと思います。

抗炎症成分も配合されているので、季節や温度によって肌がゆらぎやすいという方にもおすすめ。乾燥しやすい時期に使うと、本当にこのクリームのよさがすごくわかりますよ。

ブライトエイジオーバーナイトヴェールクリーム

美白効果や抗炎症効果のあるトラネキサム酸配合の夜用エイジングケアクリームです。

寝ている間に肌をパックする効果があり、日中に受けた紫外線や乾燥、刺激による肌ダメージを一晩かけてじっくり修復。セラミドやコラーゲン・トリペプチドで肌を保湿して、しっとりモチモチするハリ肌に育ててくれます。

トライアルセット

ブライトエイジのトライアルセット
価格 約10日間分 1,400円+税
セット内容 ・メイク落とし(25ml)
・洗顔料(20g)
・化粧水(20ml)
・乳液状美容液(10g)
・夜用クリーム(7g)

詳細はこちら

編集部
編集部
製薬会社が開発した夜用のエイジングケアクリームです。

パック効果が高く、肌が疲れていると感じている方が使うと即効性を実感できると思います。

トラネキサム酸を配合しているので肝斑が気になる方にもおすすめ。朝の化粧のノリもすごくよくなりますよ♪

市販のプチプラエイジングケアクリーム

市販のプチプラエイジングケアクリーム

こちらからは、ドラッグストアやコンビニでも買える、口コミでも人気の高いプチプラなエイジングケアクリームをご紹介。

そろそろエイジングケアを始めようかな・・・という20代後半や30代前半のプレ・アンチエイジング世代の方におすすめです。

メンズにおすすめ!男性用エイジングケアクリーム

メンズにおすすめ!男性用エイジングケアクリーム

いつまでも若くありたい、そんなアンチエイジングの願いは女性だけでなく、男性も同じですよね。

ただ、女性用のクリームは油分が多めで、皮脂分泌量が多めの男性にはべたつき感があったり、使い心地が悪いものがほとんど。

そこで、男性でも使いやすいメンズ用のおすすめエイジングケアクリームをご紹介します。

エイジングケアクリームの効果的な使い方

エイジングケアクリームの効果的な使い方

肌のバリア機能をサポートするクリームの効果を最大限に引き出すためには、とにかくケチらずに、規定の量を守り、たっぷり使うのが基本。

浸透力を上げるためには、手の平全体を使い、肌をプッシュするようになじませるのがコツです。

  • STEP1
    手の平にクリームをとる
    商品によって使用量は異なりますが、大体10円玉ぐらいの大きさが適量。

    乾燥が気になる方は規定量を上回ってもOKです。

  • STEP2
    体温でクリームをゆるめる
    高機能なエイジングケアクリームほど、少しテクスチャが硬め。

    また、油分が多いので冬場の寒い時期にも硬くなります。

    肌になじみやすくするためには、手の平にとったら両手で少し温め、クリームをゆるめてから使いましょう。

  • STEP3
    しっかり肌になじませる
    クリームがゆるくなったら、両手の平全体に広げます。

    そして、顔の中心から外側に向かって、肌を押さえるようにしながら、顔全体に広げていきます。

  • STEP4
    乾燥しやすい部分に重ねづけ
    目元や口元、頬など、

    乾燥が気になる部分には、クリームを指先にとって重ねづけしましょう。

  • STEP5
    年齢の出やすい首元も忘れずに
    最後は、手の平に残っているクリームを顎下や首元に塗っていきます。

    両手を使って上から下になでるようにして、やさしくなじませます。

エイジングケアクリームを使う上でよくある疑問

エイジングケアクリームを使う上でよくある疑問
乳液とクリーム、どっちも使わなきゃだめ?
乳液もクリームも、油分の働きで与えた水分やうるおいをとじこめたり、肌のバリア機能をサポートするという点で、効果は同じ。

そのため、基本的にはどちらか1つの使用でOKです。

ただ、肌の乾燥が強い場合や、肌のくすみやたるみなど、アンチエイジングの効果を強く求めるなら、両方使いがおすすめ。

ダブルで使う場合は、乳液の後にクリームの順で仕上げます。

夜用のエイジングケアクリームを朝使ってもいい?
夜用のエイジングケアクリームは、美容成分が多く配合され、中でも油分は多め。

朝に使うと、テカリや化粧崩れの原因となることがあるので注意しましょう。

毎日欠かさないエイジングケアを

フェイスクリームの主な役割は、朝は乾燥や刺激など外的環境から肌を守り、夜は一日の肌ダメージをリセットしたり、不足した油分を補うこと。

そして、エイジングケアクリームは、保湿効果だけでなく、肌のハリや弾力を回復させる成分が贅沢に配合された、アンチエイジング効果の高いアイテムです。

肌の乾燥がなかなか改善しない、シワやたるみが目立ってきた、何だか肌が疲れて見えるなどなど、エイジングによる肌悩みが増えてきたら、いつものスキンケアにエイジングケアクリームをぜひ取り入れてみてください。

想像以上にうるおいのある、もっちりとしたハリ肌に生まれ変われますよ♪

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

ブティーマガジン編集部
ブティーマガジンはあなたの知りたいを追及するWEBマガジンです。クレンジング、スキンケア、基礎化粧品に関する記事を配信しています。