コスメ・基礎化粧品

リンクルクリームの口コミは過大評価?シワが消えるって本当?

口コミで
  • シワが薄くなった
  • 肌にハリが生まれ、もっちりするようになった
  • シワが改善されて思いっきり笑えるようになった

シワへの効果を実感したという声が多数寄せられている、エリクシールのリンクルクリームですが、なぜシワ改善効果が期待できるのでしょうか。

リンクルクリームのシワ改善メカニズムや、口コミからわかるメリットやデメリット、そして同じくシワ改善が期待できるポーラの「リンクルショット」との違いまで解説したいと思います。

リピーター多数!エリクシールのシワ改善リンクルクリーム

リピーター多数!エリクシールのシワ改善リンクルクリーム

国が認めたシワ改善クリーム

通常、シワをケアするアイテムは「シワを目立たせる」と宣伝はできますが、「改善する」とは宣伝できません。

しかし、リンクルクリームは厚生労働省により、シワの改善効果が認められているため、シワを改善するクリームとしての販売が許可されているのです。

リンクルクリームがシワに効果があるのはなぜ?

口コミ評価の高さの理由は、国内で唯一配合されている「純粋レチノール」という成分です。
純粋レチノールの効果なくして、リンクルクリームの効果はなし、と言っても過言ではないほど、シワへの高い効果を発揮します。

純粋レチノールとは、ビタミンAの一種です。

今まで、他のシワ対策化粧品にもレチノール配合のものは販売されていたのですが、レチノールは劣化しやすく、シワへの高い効果は期待できませんでした。
資生堂は独自技術により、成分が安定したまま肌に働きかける「純粋レチノール」を開発したのです。

そもそもシワは、肌の潤い不足が原因で起こります。

肌の表面にある角層の水分不足や、肌の奥深くの真皮にあるコラーゲンやヒアルロン酸が減少し、肌が硬くなるとシワができやすくなるのです。
純粋レチノールは、肌がヒアルロン酸を生み出す働きをサポートします。

肌内部のヒアルロン酸量が増えると、肌のハリが復活し、シワが少しずつ改善されていくのです。

本当にシワが薄くなるの?リンクルクリームの口コミからわかること

本当にシワが薄くなるの?リンクルクリームの口コミからわかること

使い心地、シワへの効果に高評価!

ほおの毛穴が目立たなくなった

この値段でパワフルかつスピーディーなシワ対策ができるようになったって本当にすごいこと。頬の毛穴がふっくらするのが個人的にポイント高いです。

引用:twitter.com

リンクルクリームの口コミの中で、シワへの効果に次に多かったのが毛穴への効果です。

ほおの毛穴の開きが目立たなくなったという声が多数寄せられています。公式では、毛穴の開きに対する効果は明記されていません。

おそらく、純粋レチノールのヒアルロン酸生成をサポートする働きにより、肌の潤いとハリがアップして、毛穴の開きが目立たなくなるのでしょう。
毛穴の開きには乾燥が原因のものと、肌のたるみが原因のものがあります。

純粋レチノールは肌の保湿力を高めて、ハリを生み出すので、乾燥毛穴とたるみ毛穴の両方への効果も期待できるというわけです。

少量でも伸びが良くてコスパが良い

少量でも伸びがよく むりに擦ることなくつけられるのが◎

目の周りのシワ ほうれい線も薄くなってきました!

しばらく続けます(^_^)

引用:www.amazon.co.jp

リンクルクリームのテクスチャーは、なめらかでクリームというより乳液に近いです。

浸透性も高く、伸びが良いため少量でも広範囲のケアができ、コスパの良さも評価されています。香りはほのかにローズの香りがして、贅沢気分でシワのケアができるのも魅力ですね。

べたつきもないため、メイク前に使用してもしっかり馴染ませればメイクのよれも起こりません。

刺激の強さが気になる、即効性はないという声も

シワへの効果はあったけど刺激が強かった

目の下の笑い皺ケアのため購入。毎日朝晩クリームを塗って一ヶ月、効果が目に見えて現れてきました。資生堂の公式サイトでは9週間で効果が現れるとのことです。

この商品は公式サイトに書かれているように、「明瞭な浅い皺の中に、やや深い皺が微かに認められる」レベルの皺に効果があるようです。私の皺はもともと浅く、それがさらに若干浅くなったという感じです。朝、皺が完全に見えない時もあります。笑うことが多いので、夜になると薄っすら皺ができていますが…

私は肌が強く、普段肌荒れしないのですが、この商品を塗った箇所が、たまにピリピリと痛いです。また、少しガサガサと荒れています。化粧品とはいえ、刺激が強く、危険であり、慎重に使う必要のあるクリームだと思います。シミが出来やすくなるので、日焼け対策は必須です。

引用:www.amazon.co.jp

肌が強い人でも、人によっては純粋レチノールによる刺激で肌が荒れる可能性があります。
敏感肌の方は特に、刺激を受けやすいので使用の際はパッチテストを行い、少量を2、3日置きに様子を見ながら使った方が良いでしょう。

リンクルクリームを使う上で、純粋レチノールによる刺激についてはしっかりと理解しておく必要があります。
次項で純粋レチノールの刺激について解説するので、ぜひチェックしてくださいね。

1週間では効果は出なかった

エリクシールのリンクルクリーム。1週間ぐらい使ってみたけど今のところ効果なし

引用:twitter.com

資生堂の評価試験によると、リンクルクリームの使用でシワへの改善効果が見られたのは、仕様から9週間経ってからでした。
そもそも肌は、ターンオーバーによって生まれ変わるため、スキンケア効果が出るのはターンオーバーの後になります。

ターンオーバーの周期は28日、という情報がよく見られますが、28日周期は10代の健康的な肌の場合です。
20代、30代、40代と年齢を重ねるにつれて、ターンオーバー周期はどんどん長くなっていきます。
目安としては、年齢に1.2をかけた数字がその年齢の正常なターンオーバー周期になるので、40歳なら48日周期です。

ターンオーバー周期は生活習慣やストレスなどで乱れるため、同じ年齢でも周期は人それぞれ違いがあります。
リンクルクリームを2ヶ月使って効果が出た、という口コミもあれば、効果が出るまで4ヶ月かかったという口コミもあるのは当然です。
人それぞれターンオーバーの周期が違うため、もし口コミ通りに効果が出なくても、最低でも3ヶ月以上は継続して使いましょう。

リンクルクリームのレチノールの刺激について

リンクルクリームのレチノールの刺激について

レチノールは刺激が強い成分

口コミでもリンクルクリームの使用で肌が荒れた、ピリピリ刺激を感じた、という声がありましたが、刺激の原因はレチノールです。
レチノールは刺激が強い成分なので、敏感肌の方はもちろん、肌が丈夫な方でもピリッとした刺激を感じることがあります。

まずは、使用量を推奨量よりも少なめにして、使用回数も朝晩2回ではなく、夜のみ使用、毎日ではなく2〜3日置き、というようにレチノールの刺激を肌に慣れさせましょう。
少量の使用でも肌が荒れる、という方は無理に使い続けると、肌荒れが悪化するので無理はしないでください。

肌の様子を見ながら量と使用頻度を調整しましょう。

レチノールは紫外線の影響を受けやすい

刺激が強いだけではなく、紫外線の影響を受けやすいという特徴もあります。
朝にリンクルクリームを使用し、その後UV対策をせずに紫外線に当たると、紫外線による刺激でメラニンの生成が促進され、シミができやすくなる可能性があるのです。

朝にリンクルクリームを使う場合は、必ずUVカット効果のある化粧品や日焼け止めを重ねてください。
外出せずに家にいる日でも、窓やカーテンを通って紫外線が侵入するので、しっかりメイクの必要はありませんが、最低限日焼け止めだけでも肌に塗っておきましょう。

ポーラのリンクルショットとリンクルクリームの違いは?

ポーラのリンクルショットとリンクルクリームの違いは?

リンクルショットとリンクルクリーム、基本スペックを比較

基本スペックは下記の様になっています。

リンクルクリーム
  • 価格:税込8,424円
  • 容量:22グラム(約1.5ヶ月分)
  • 美容成分:純粋レチノール、水溶性コラーゲン、グリセリン

Amazonで見る

リンクルショット
  • 価格:税込14,580円
  • 容量:20グラム(約1ヶ月分)
  • 美容成分:ニールワン

Amazonで見る

基本スペックを比較すると、容量に大きな違いはありませんが、価格はリンクルクリームの方が安くてお得ですね。
また、リンクルクリームは保湿成分も配合されているため、乾燥対策もできるのが魅力です。

リンクルショットとリンクルクリーム、シワへの効果の違いは?

  • 純粋レチノール(リンクルクリーム):ヒアルロン酸の生成を促し、肌のハリと潤いを高めてシワを改善
  • ニールワン(リンクルショット):好中球エラスターゼという酵素の働きを抑え、真皮のコラーゲンやエラスチンの分解と生成のバランスを整える

純粋レチノールもニールワンも、どちらもシワへの効果が国に認められた有効成分です。
それぞれシワへのアプローチは違いますが、シワ改善効果が期待できます。

気になるのは、シワ改善効果が出る早さですが、それぞれの公式発表によると、

  • リンクルクリーム:9週間でシワ改善
  • リンクルショット:12週間でシワ改善

リンクルクリームの方がシワ改善効果が出やすい、と考えられます。

ただし、刺激に関してはリンクルショットは無香料、無着色で、ニールワンはレチノールのような刺激性の強さもありません。
敏感肌でリンクルクリームが肌に合わない場合は、リンクルショットに切り替えてみると良いでしょう。

リンクルクリームはどこで購入するべき?

リンクルクリームはどこで購入するべき?
リンクルクリームはアマゾンや楽天市場などでも購入できますが、資生堂公式のワタシプラスで購入するとお得です。
ワタシプラスでは、公式価格の税込8,424円で販売されていますが、公式販売でのみ肌に合わなかったから返品できます。

30日以内の使用なら、送料無料で返品できるので、万が一肌に合わなかったら商品代金が返ってくるので安心です。

特にリンクルクリームは、口コミを見るとシワへの効果はあっても刺激で肌に合わなかった、という声もあるので、まずは自分の肌に合うかどうかをチェックしたいですよね。
トライアルセットなどは販売されていませんが、返品サービスがあるため、安心して購入できるでしょう。

◎⇒リンクルクリームの公式サイトはこちら

シワ改善には3ヶ月以上かかる!焦らずじっくりケアを続けよう

口コミでシワへの効果が高いリンクルクリームですが、シワ改善効果が高く期待できると言っても、効果が出るまでは3ヶ月以上かかります。

リンクルクリームは、乾燥小じわだけではなく、深いシワの改善効果も認められているため、シワにお悩みの40代や50代の女性にオススメ!
焦らずじっくりケアする覚悟で、リンクルクリームを使いましょう。