アルビオンのアイクリーム五大アイテムを徹底解説!選び方のポイント

高級コスメで有名なアルビオンには、アイクリームがなんと五つもあります。

しかし、公式の説明だけではどんな成分が目元をどのようにケアするのか、という詳しい内容がわかりにくいため、どのアイクリームを選べばいいのか迷うでしょう。

今回は、アルビオンのアイクリームが気になっている方向けに、

  • アルビオンのアイクリームを選ぶポイント
  • 五つのアイクリームそれぞれの特徴

アルビオンのアイクリームを徹底的に解説します!

アイクリームでエイジングケアをするならアルビオン

アルビオンは知る人ぞ知るデパコスブランドですよね。

エイジングケア用の基礎化粧品を多く開発しており、価格は高めですが、プチプラの基礎化粧品には使われていないこだわりの美容成分を使用しています。

アイクリームは五つあり、そのうち四つが目元のエイジングケアができるアイクリームです。世代的には、目元の老化が気になり始める30代〜40代に支持されています。

アルビオンのアイクリームを選ぶポイント

アルビオンには、全15種類もの商品シリーズがあります。

その中で、アイクリームを出しているのがエクサージュ、アンフィネス、そしてエクシアALという三つのシリーズです。

  • エクサージュ:保湿に特化
  • アンフィネス:ハリを目指したエイジングケアシリーズ
  • エクシアAL:総合エイジングケア、美白ケアシリーズ

この三つのシリーズで、全5種類のアイクリームがあります。

基礎化粧品のクオリティの高さで有名なアルビオンのアイクリームなので、どれも優秀に違いないでしょう。

しかし、それぞれの商品説明を公式サイトでチェックしても、

  • どんな目元トラブルをケアできるのか
  • どの成分がどのように目元トラブルにアプローチするのか

この2点の説明が不足しているのです。

例えば、エクサージュ「エクストラモイストアイズ」は、公式サイトでは、

デリケートな目もとを豊富なうるおいで満たし、いきいきとしたハリのある肌に整えます。目もとの肌(角層)にすいこまれるように素早くなじみ、うるおいの保護膜が、乾きのないなめらかでしなやかな肌を保ちます。

引用:www.albion.co.jp

乾燥をケアできるのはわかりますが、どんな成分がどのように目元の乾燥をケアするのか、わかりにくいですよね。化粧品を選ぶときに、成分にこだわりたいという方にとっては選びにくいのではないでしょうか。

シリーズから選ぶとすれば、目元の保湿にはエクサージュ、ハリ・たるみのケアにはアンフィネス、シミやくすみのケアにはエクシアAL、と簡単に選べます。

価格で選ぶなら、エクサージュとアンフィネスが5,000円台、エクシアALはアルビオンのシリーズの中でも高級ラインに入るので、1万円台となっています。

しかし、それぞれどんな美容成分が配合されていて、どのようにケアできるのか気になりますよね。

そこで、今回はアルビオンの五つのアイクリームをそれぞれ配合されている美容成分の中から、注目の成分と目元への働きかけを詳しく解説します。

アルビオンのアイクリーム五種類を徹底解説!

エクサージュ エクストラモイストアイズ

エクサージュ エクストラモイストアイズ画像引用:Amazon
注目成分
  • サッカロミセス溶解質エキス
  • オリザノール

アルビオンのエクサージュシリーズは、保湿ケアに特化したスキンケアシリーズです。

アイクリーム「エクストラモイストアイズ」も、目元の保湿に特化していますが、単なる保湿アイクリームではありません。

サッカロミセス溶解質エキスや、アンズ発酵液、スミノミザクラ果汁発酵液など、発酵成分を贅沢に配合し、肌本来の力を高める目元ケアができるのです。

サッカロミセス溶解質エキスは、肌構造の一番上にある表皮の水分量を増加させ、うるおいを与えつつ保湿力を高めます。

また、皮膚表面に保護膜を作り、水分蒸発を防ぐので日中の乾燥対策もバッチリです。

一時的に保湿するのではなく、うるおいを逃さない目元を育てるため、使い続けるほど乾燥に負けないツヤのある目元をキープできます。

抗酸化作用の強いオリザノールという成分が配合されているため、保湿ケアをしながら活性酸素による皮膚の老化対策もできるので、目元のファーストエイジングケアにぴったりです。

おすすめの年代、タイプ
  • 20代後半〜30代
  • 乾燥肌
  • 現時点でシミやシワ、たるみは無い

公式ページ
Amazonで購入する

アンフィネス サインレスアイクリーム

アンフィネス サインレスアイクリーム画像引用:Amazon
注目成分
  • アデノシン三リン酸
  • 六種類の植物エキス(アーチチョーク葉エキス、アルゲエキス、ショウブ根エキス、チャ葉エキス、ツボクサエキス、バクガ根エキス)

ハリを高めるアイクリーム、「サインレスアイクリーム」には、アデノシン三リン酸という成分が含まれています。

アデノシン三リン酸とは、体内に蓄えられるエネルギー源で

  • 筋肉を動かすエネルギー源として表情筋をサポート
  • ケラチンやセラミドの合成をサポート
  • 細胞の代謝をサポートしてターンオーバーを進める

など、健康的な肌を保つために欠かせない存在です。

年齢を重ねると、アデノシン三リン酸を作り出す酵素やミトコンドリアが減少し、アデノシン三リン酸による働きが低下します。

その結果、表情筋の衰えで顔がたるんだり、保湿成分の減少で乾燥や乾燥小じわができやすくなるのです。

サインレスアイクリームは、アデノシン三リン酸を配合することで、年齢肌に不足している肌のエネルギー源を与え、ハリのある目元を目指せます。

おすすめの年代、タイプ
  • 40代
  • 乾燥小じわが目立つ
  • 目元のハリ不足が気になる

公式ページ
詳細ページ

エクシアAL リペアプランプアイクリーム

エクシアAL リペアプランプアイクリーム画像引用:Amazon
注目成分
  • イリス根エキス
  • カッパフィカスアルバレジエキス
  • グアバ葉エキス
  • グレープフルーツ果実エキス
  • シークワサー果皮エキス
  • タチバナ果皮エキス
  • ワレモコウエキス

エクシアALの「リペアプランプアイクリームは、アルビオンのアイクリームの中で最も多くの植物エキスが配合されています(その数は11種類!)。

美容成分としては、他にコラーゲンやエラスチンが含まれていますが、特に植物エキスの種類が多いため、植物の力で目元ケアをするアイクリーム、といった印象です。

配合されている植物エキスを調べてみると、抗酸化作用がある植物エキスを中心に配合されていることがわかりました。

価格は高いですが、抗酸化成分を贅沢に何種類も使っていること、活性酸素によって起こされるあらゆるエイジングトラブルをトータルケアできることを考えれば、高価な理由がわかります。

イリス根エキス

別名アイリスエキス。抗酸化作用の強いフラボノイドを含み、活性酸素による年齢肌の進行を抑えます。

また、肌のキメを整え、皮膚のバリア機能をサポートする働きもあり、年齢を重ねるにつれて低下するバリア機能を維持する働きもあります。

カッパフィカスアルバレジエキス

別名「奇跡の海藻」と呼ばれる海藻から抽出したエキスです。

海のミネラルを豊富に含み、メラニンの働きを抑える働きもあるため、美白エイジングケア化粧品によく配合されています。

グアバ葉エキス

グアバ葉エキスは、老化を進める活性酸素を無毒化する働きがあります。

また、豊富なポリフェノールが糖の吸収を抑えるため、特定保健用食品の材料としても使われています。

グレープフルーツ果実エキス

年齢を重ねた目元ケアには、皮膚のバリア機能を整えることが大切です。

目元の皮膚は、皮脂が少なく元々バリア機能が働きにくく、年齢を重ねるにつれて肌の水分量が減ることから、ますますバリア機能が弱まります。

バリア機能が弱まると、紫外線や摩擦など、あらゆる刺激を受けやすくなるのです。

ファンケルの研究により、グレープフルーツ果実エキスには、低下した皮膚のバリア機能を高める働きがあることが発見されています。

ビタミンD受容体※1は、紫外線や活性酸素によって機能が低下し、皮膚のバリア機能の低下につながることが分かりました。

グレープフルーツ果実エキスは、低下したビタミンD受容体を活性化させて発現量を増やし、皮膚バリア機能の改善に効果を持つことが示唆されました。

引用:www.fancl.jp

シークワサー果皮エキス

シークワサーの皮には、ノビレチンとタンゲレチンというフラボノイドが含まれています。

ノビチレンは、シワの原因になる酵素の働きを抑え、加齢によって増えるシワ予防します。

タチバナ果皮エキス

別名チンピエキス。

ミカン科タチバナの果皮から抽出したエキスで、メラニン産生を抑える働きや、抗酸化作用などを持つエイジングケア成分です。

ワレモコウエキス

秋に咲く野草、ワレモコウから抽出したエキスです。

古くから肌を引き締める収れん剤として使われており、低刺激で抗酸化作用も強いため、エイジングケア化粧品や自然派コスメによく使われています。

おすすめの年代、タイプ
  • 30代〜50代
  • ストレスが多い、喫煙している、脂っこい食べ物をよく食べる活性酸素が増えやすい人
  • 特定の目元トラブルはないけど、エイジングケアをしたい人

公式ページ
Amazonで購入する

エクシアAL マスキュラーアイズ

エクシアAL マスキュラーアイズ画像引用:albion.co.jp

「マスキュラーアイズ」は、同じエクシアALシリーズの「リペアプランプアイクリーム」にも使われている抗酸化成分(グワバ葉エキス、ワレモコウエキス)が配合されています。

植物エキスの中には、メラニンの生成を抑えてシミ、くすみを防ぐ効果が期待できる成分もあり、美白用アイクリームではありませんが、くすみ程度であれば小じわと一緒にケアできるかもしれません。

また、口コミではクマをケアできたという声が多いため、クマでお悩みの方にもおすすめします。

注目成分
  • イブキトラノオ根エキス
  • プルーン分解物

イブキトラノオ根エキス

イブキトラノオという山野草から抽出するエキスです。メラニンを作り出すチロシナーゼという酵素の働きを抑え、メラニンの増加を防ぎます。

プルーン分解物

プルーンの果肉から抽出した成分で、表皮がメラニンを取り込むのを抑えます。メラニンが生成されても、黒く色素沈着しないように作用するという美白成分です。

おすすめの年代、タイプ
  • 30代〜40代
  • 小じわをケアしたい人
  • クマが気になる人

公式ページ
Amazonで購入する

エクシアAL ホワイトニングアイクリーム

エクシアAL ホワイトニングアイクリーム画像引用:Amazon
注目成分
  • コウジ酸(美白有効成分)
  • オウゴンエキス
  • オノニスエキス
  • タイソウエキス
  • ブクリョウエキス
  • ヨモギエキス
  • 天然ビタミンE

アルビオン唯一の美白アイクリームです。

美白有効成分のコウジ酸が配合されており、目元のシミやくすみをケアするのはもちろん、活性酸素によるしわ、たるみも予防できます。

エクシアシリーズの特徴である、豊富な植物エキスも配合されており、目元のエイジングをトータルでケアできるアイクリームです。

コウジ酸

厚生労働省がシミ、そばかすをケアできる成分として認めている美白有効成分の一つです。

元々は、酒造りを行う杜氏の手がきめ細かく美しいことから、麹が持つ美容成分が注目されたことがコウジ酸発見のきっかけになりました。

コウジ酸は、メラニンを作り出す情報伝達物質の抑制、活性酸素の発生、炎症の三つに働きかけてシミ、ソバカスを防ぎます。

また、活性酸素を抑えることで肌のコラーゲン減少を防ぎ、しわやたるみまでケアできる万能な美容成分でもあるのです。

コウジ酸の最大の特徴は、メラニンをつくる酵素の働きを抑えるだけでなく、メラニンの生成が始まる前に先まわりする、早い段階からのアプローチ。

中でも、メラニン生成を促す「情報伝達物質の産生」「活性酸素の発生」「炎症」の3つのダメージを効果的に抑制し、メラニン生成を未然に防ぎます。

こうしたメラニン生成をいち早く食い止めるちからが、濃く広がるシミに働きかけ、本来の肌色に導く高い美白力につながります。

引用:www.dermed.jp

オウゴン根エキス

紫色の花、黄金花の根を乾燥させ、根から抽出したのがオウゴン根エキスです。抗炎症、抗酸化作用に優れています。

オノニスエキス、ブクリョウエキス、ヨモギエキス

どちらも保湿作用があり、保湿成分として配合されています。

おすすめの年代、タイプ
  • 30代〜40代
  • 目元にシミ、くすみができやすい人
  • 色素沈着による茶クマをケアしたい人

公式ページ
詳細ページ

アルビオンのアイクリームに欠点はある?

アルビオンのアイクリームに欠点はある?

アルビオンのアイクリームは、プチプラのアイクリームには使われていない植物エキスを多種類配合しており、ブランドのこだわりが感じられます。

しかし、しわやたるみが進行した状態の目元のケアは、アルビオンのアイクリームでは難しいかもしれません。

保湿をしても目立つ深いしわや、黒クマになるほどのたるみには、レチノールのようなしわケア効果が認められている有効成分が必要です。

アルビオンのアイクリームは、レチノールなど有効成分が配合されていないので、しわやたるみを本格的にケアしたい人は、有効成分配合のアイクリームを選びましょう。

有効成分が配合されていないから、効果が全くない、というわけではありません。

アルビオンのアイクリームには、抗酸化作用が強い成分が多く配合されているので、活性酸素によって進むしわやたるみ、シミなどの予防ケアは可能です。

つまり、アルビオンのアイクリームは、目元の老化が気になり始めた30代や、トラブルが目立ちやすくなってきた初期段階のエイジングトラブルを抱える40代前半向け、と考えられます。

本格的な目元のしわケアに使えるアルビオンの高級美容液

本格的な目元のしわケアに使えるアルビオンの高級美容液

アルビオンの高級美容液で目元のしわを本格ケア

アルビオンのアイクリームは、乾燥小じわなど初期段階のしわはケアできますが、深く刻まれたしわはケアしにくいかもしれません。

しかし、アイクリームではなく、目元にも使えるアルビオンの部分用美容液なら、進行したしわもケアできます。

アルビオンの「ラインターミネートマキシマム」は、目元・口元・額・ほうれい線と各パーツに部分的に使える美容液です。

フランス、スペイン、スイスのヨーロッパ三ヶ国の皮膚科学や美容企業と共同研究して開発されました。

変化が大きく現れたエイジング肌までケアできるのがポイントです。

皮膚の組織を再生する成長因子にアプローチし、年齢を重ねて現れた肌の変化を根本からケアします。

高級美容成分の冬虫夏草エキス配合

「ラインターミネートマキシマム」には、高級美容成分の冬虫夏草エキスが配合されています。

冬虫夏草とは、実は元々は虫!中国では漢方薬として重宝されているのです。健康面だけではなく、美容面にも嬉しい効能が発見されています。

  • 細胞の活性化による肌の新陳代謝促進
  • 活性酸素の除去
  • 細胞の水分をキープする保湿作用

肌のターンオーバーやエイジング予防、保湿効果などが期待できます。

国内の化粧品の中で、冬虫夏草エキスを配合しているものは少なく、高級化粧品のアルビオンならではです。

アルビオンのアイクリームは自分の目元の状態から選ぶ

アルビオンのアイクリームは高価なアイクリームなので、失敗なく選ぶためには、どんな目元トラブルをケアしたいのかハッキリとさせてから選びましょう。

プチプラアイクリームにはない、厳選された数多くの天然由来エキスが使われているアルビオンのアイクリームで、贅沢に目元をじっくりケアしてください!

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。