50代クレンジングおすすめランキング|人気アイテムの口コミをチェック!

肌の衰えを顕著に感じ始める50代。スキンケアの中でも一番肌に負担がかかるクレンジングは特に慎重に選ぶべきです。

でも、どんなクレンジング料を選べばいいか、結構種類が多くて迷うもの。

そこで、こちらでは、

  • 50代はどんなクレンジングを選べばいいの?
  • 50代におすすめのクレンジングってある?
  • 50代向け化粧品ブランドのクレンジングの実態は?
  • 50代でもコスパのいいクレンジングを使いたい!
  • 50代でも使える楽チンクレンジングは?

と、クレンジング料をお探しの50代女子の方のために、絶対おすすめの優秀クレンジングをご紹介。

エイジングに負けないクレンジングの使い方も解説していますので、お肌の曲がり角を痛切に実感している50代のあなた、必見ですよ♪

50代ならクレンジングはこう選ぶ!肌老化を防ぐ選び方

クレンジングには、オイルやミルク、クリーム、ジェルなどなど、いろいろな種類がありますよね。

それぞれ洗浄力や肌への負担度も違いますし、商品によっては洗浄力が強く、メイク汚れを落とすのはもちろん、必要な皮脂や保湿成分を奪ってしまうものもあります。

50代の肌は、加齢による保水力低下で乾燥しやすくなっている状態。

乾燥による肌老化を防ぐためにも、50代のクレンジング選びは、実はスキンケアアイテム選びの中でも最も重要なことなんです。

では、クレンジングを選ぶ上で、具体的にどんなことを気をつければいいんでしょうか?50代のクレンジング選びにチェックするポイントについてご紹介します。

選び方①油分の配合量が多いもの

50代のクレンジング選びで一番大切なことは、油分でできたメイクアップ料とのなじみがよく、力を入れなくてもきちんと落とせるかどうかということ。

肌をこすらないとメイクが落ちない!といった、メイクなじみの悪いクレンジング料は、肌に余計な摩擦や刺激を与えて肌老化のスピードを速めます。

そのため、50代のクレンジングは、メイクとのなじみがいい、油分多めのオイルクレンジングもしくはクリームクレンジングがおすすめ。

メイクが濃いめの方、ダブル洗顔が面倒な方はオイルクレンジング、ナチュラルメイクの方はクリームクレンジングを選ぶといいですよ。

選び方②皮脂をとりすぎないもの

50代になると、分泌される皮脂量も極端に減り、肌の水分が蒸発しやすくなって乾燥しやすくなります。

そんな肌状態のときに洗浄力の強いクレンジングを使うと、ただでさえ不足している皮脂をクレンジングのたびに取り去ってしまい、肌のダメージ大。

とはいえ、どれが洗浄力が強いクレンジングなのか、ぱっと見だけではわかりませんよね。

実は、50代に最もおすすめできないのは、ミネラルオイル(鉱物油)を主に使ったクレンジング料。

ミネラルオイルは、それ自体、安全な成分なのですが、洗浄力が強い分、皮脂を取り去る脱脂作用も高く、必要以上に肌を乾燥させてしまうことがあるんです。

肌を乾燥から守るためにも、50代の方はミネラルオイル不使用のクレンジング料を選びましょう。

鉱物油フリーとか、ミネラルオイルフリーとか、無鉱物油と表示されているので、しっかりチェックしてくださいね。

選び方③保湿成分配合のもの

しつこく言いますが、50代の肌にとって乾燥は大敵です。

クレンジング後の肌を乾燥から守るためにも、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミド、植物オイル等、肌を保湿する成分が配合されているクレンジング料を選ぶことが大切です。

ちなみに、アルガンオイルやコメヌカ油、ダイズ油など、オレイン酸やリノール酸を豊富に含むオイルを配合したクレンジングは、肌の柔軟効果も期待大。

ごわつきがちな50代の肌も、なめらかで柔らかな肌に育ててくれますよ。

アルガンオイルの効果がすごすぎ!使わなきゃ損する神オイルって本当?アルガンオイルの効果がすごい!顔、体、髪、全身に使える美容オイルはコスパ抜群、1本あれば何役にもなって便利ですよね。美容オイルで特に人気が高いのがアルガンオイルです。...

50代におすすめのクレンジングランキング

以上を踏まえ、50代の肌をいたわりながらメイクをしっかり落とせると人気のクレンジングをおすすめ順にランキング。

どれも本当に優秀なクレンジング料ばかりなので、あとは好みやコスパ、手軽さなどを勘案して選んでみてくださいね。

50代におすすめのプチプラクレンジングランキング

自分だけでなく、親や子供にお金が要りようになる50代。

少しでも化粧品にかけるお金を節約したい!そんな方におすすめの、価格が安くても優秀な市販のプチプラクレンジングをご紹介します。

安価なクレンジング料は、ミネラルオイルの配合量が多く、洗浄力強めで肌を乾燥させてしまうものもあるので、安いからといってすぐに飛びついてはダメ!

安くていいクレンジングを見極めるためにも、成分表示はしっかりチェックしてくださいね。

あの50代向け化粧品ブランドのクレンジングはどう?口コミを検証

50代向けの基礎化粧品として知名度のあるメーカー、ブランドから発売されているクレンジングの口コミ、ちょっと気になりますよね。

そこで、代表的なコスメブランドのクレンジング料の評価はどうなのか、アラフィフ女性で実際使っている方の口コミを調べてみました!

SK-II

SK-II画像引用:www.sk-ii.jp

20代のファーストエイジングケアから50代以上のディープエイジングケアまで、幅広い世代に定評のあるエイジングケアブランド。

クレンジングは、オイル、クリーム、ジェルタイプの3種類あり、お好みのテクスチャで選べるようになっています。

SK-II フェイシャルトリートメント クレンジングオイル

編集部
編集部
SK-IIの3種類のクレンジングの中でも最も人気の高いのがオイルタイプのクレンジング。

メイク汚れや毛穴の黒ずみだけでなく、ポリフィリンといわれる目に見えない汚れまで落とせる、洗浄力高めのクレンジング料です。

しっとりするという口コミもありますが、ミネラルオイルでメイク汚れを落とすので、50代で乾燥しやすい人には向かないかも。

どちらかというと混合肌やオイリー肌の方のほうが使いやすいかなと思います。

エビータ

CMに長澤まさみさんが起用されていますが、実はエビータは50代女性をメインにしたエイジングケア化粧品。

植物由来の美容成分にこだわり、ボタニバイカル処方で肌のハリ低下やうるおい不足にアプローチしてくれる、カネボウのコスメブランドです。

クレンジングにはクリームタイプのエイジングケアメイク落とし「エビータ ボタニバイタル クレンジングクリーム」があります。

エビータ ボタニバイタル クレンジングクリーム

編集部
編集部
ミネラルオイルをメインにしたクレンジングですが、洗浄力は弱めなのでつっぱり感は少なめ。

ただし、その分、メイク落ちが弱くいので、「メイクが落ちにくい」といった口コミが多かったです。

コスパのいいプチプラクレンジングクリームだけに、ちょっと残念。

プリオール

画像引用:www.shiseido.co.jp

「大人の七難をすんなり解決」をコンセプトにした、50代以上の女性に支持されている資生堂のプリオール。

大人女性の肌悩みを改善してくれるだけでなく、つい億劫になりがちなメイクやスキンケアの手間をできるだけ省き、楽にきれいになれると評判のコスメブランドです。

「エステメーク落とし」というクリーム状のクレンジングもありますが、メイク落としと洗顔が一遍にできる「オールクリア石鹸」という洗顔石鹸が人気です。

プリオール オールクリア石鹸

編集部
編集部
泡立ちもよく、さっぱりとした洗い上がりで、とても使い心地がいい洗顔石鹸。

口コミでも、メイクも落とせて手軽に使える、香りがいいと、評判は上々です。

ただ、やはりクリーム系など、密着度の高いメイクは落ちにくいよう。ナチュラルメイクの方向けですね。

コスメデコルテ

画像引用:www.cosmedecorte.com

1970年に誕生したコーセーの老舗高級化粧品ブランド。中でも、50代女性に長く愛されているクレンジングが「AQ ミリオリティ リペア クレンジングクリーム」です。

コスメデコルテ AQ ミリオリティ リペア クレンジングクリーム

編集部
編集部
高評価な口コミが多く、悪い口コミがあまり見当たらないほど、その美肌効果が絶賛されているクレンジング料。

クレンジングすると、肌サビと言われる「モロモロ」が出て洗い上がりがツルツル、ピカピカになるので、感動するんですよね。

10,000円と決してお手頃価格とは言えないものの、使い心地が忘れられず、リピーターも続出。ポーラのB.Aクレンジング同様、一度は試してみてほしい高級クレンジングです。

エイジングに負けない!50代の肌をいたわるクレンジング法

エイジングに負けない!50代の肌をいたわるクレンジング法
せっかく50代の肌にぴったりなクレンジングを見つけても、使い方を間違えていると、肌を傷め、思わぬ肌トラブルの原因に。

エイジングに負けない美肌をつくるためにも、ここでクレンジングの正しい使い方についておさらいしておきましょう。

  • STEP1
    メイクが濃いときは乾いた手にクレンジングをとる
    最近のクレンジング料は、お風呂場でも使えて塗れた手でもOKというものが多いですが。

    リキッドやクリームなど、肌への密着度が高いメイクアップ料を使っている場合は、乾いた手で使ったほうがなじみがよくなり、メイクがすっきりきれいに落とせます。

  • STEP2
    顔全体に広げ、肌を動かさないようなじませる
    まずはTゾーンにクレンジングをのせ、徐々に顔の中心からフェイスラインに向かってなじませていきます。

    このとき、摩擦を防ぐためにも、指で肌を動かさないようになじませるのがコツ。小鼻の毛穴など、汚れが詰まりやすい部分には、指の腹を使って、くるくるとなじませます。

    くれぐれもクレンジングで自己流のマッサージはしないように。

  • STEP3
    ぬるま湯で洗い流す
    メイクが十分浮いたら、ぬるま湯で洗い流します。

    オイルクレンジングの場合は乳化が必要なので、洗い流す前にぬるま湯を少し手にとり、顔の上でオイルとなじませます。

    全体が白くなり、ふっと指が軽くなったら乳化完了。その後にすすぐと、すっきり落とせます。

しっかり落とそうと、力を入れるクレンジングは50代の肌に多大な負担をかけます。年代にかかわらず、クレンジングの基本は肌に刺激を与えず、しっかり落とすこと。

そして、時間をかけすぎることなく、手早く済ませることです。使い方を守って、やさしく丁寧なクレンジングを心掛けましょう!

50代の肌に適したクレンジングで健康な美肌を目指しましょう

以上、50代におすすめのクレンジングの選び方や使い方についてご紹介しました。

加齢による肌の衰えを防ぐには、高いエイジングケア化粧品を買うよりも、まずは肌に合うクレンジングで丁寧にやさしくきちんと汚れを落とすことが先決。

ぜひ、50代の肌に適したクレンジングを選んで正しく使い、いつまでも健康でツヤのある美肌をキープしていきましょう!

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

ブティーマガジン編集部
ブティーマガジンはあなたの知りたいを追及するWEBマガジンです。クレンジング、スキンケア、基礎化粧品に関する記事を配信しています。