間違ったヌーブラのつけ方と盛れる着け方、ヌーブラ5選!

ヌーブラは、オフショルダーのトップスや、大胆なカッティングのドレスに大活躍してくれるバストに貼るタイプのブラ。

しかし、よく聞くのが、「汗かいたら取れた」「トップが無くなる」「タレてる」などのネガティブな声。

でも、これらの多くは、正しい着け方をすると解消される問題なんです。

それに、ヌーブラって、つけ方によっては、谷間だって出来る、とっても盛れるブラなんです!

そこで今回は、ヌーブラの魅力を最大限に生かし、キレイな美胸をつくるために、ヌーブラの盛れる着け方とおすすめのヌーブラをご紹介していきます。

使いこなせばヌーブラは最強?!谷間もGETできる?

まずは、ヌーブラの特徴と、みんなが感じてるメリット・デメリットをご紹介していきます。

ヌーブラとは

ヌーブラとはシリコンブラとも云い、100%シリコンでできた、バストに張り付けるタイプのブラジャーのことです。

シリコンの粘着力を利用して肌に密着させ、フロントホックで胸を寄せてバストに形を整えます。

肩ヒモがなく、ブラの面積も少ないため、胸元や背中が大胆に開いた洋服でも、ブラジャーのチラ見えを気にせず着こなすことが出来ます。

ヌーブラのメリット

ヌーブラは、夏場など露出の多い洋服でも、ブラの肩紐を気にせず着れることや、アンダーベルトがないので、締め付ける感じがなく、あのブラトップによりも楽ちん、と云うメリットがあります。

また、バストの大きさにかかわらず谷間が簡単に作れ、背中の贅肉の段差ができないと云う、見た目を綺麗にしてくれるメリットもあります。

普通のブラジャーの場合、アンダーベルトがありますので、着け方によっては、アンダーベルトの締め付けによって、贅肉の段差がついてしまいます。

ヌーブラは、胸に張り付けて使用するブラですので、背中に段差はつかないんです。

背中の段差は、以外と目立つもの。

ヌーブラだと身体にフィットしたTシャツやセーターでも安心というわけです。

また、ヌーブラには、フロントホックが付いていますので、これによって、バストが中央に寄せられて、簡単に谷間が出来てしまうところも魅力です。

ヌーブラのメリット

  • 洋服に影響しない。大胆なカットでもOK!
  • 谷間が簡単につくれる
  • 背中の贅肉の段差ができない

ヌーブラのデメリット

とっても便利で機能的なヌーブラですが、いくつかの注意点があります。

それは、バストがホールドされないので少しの動作でも揺れてしまうこと。バストの揺れは、「クーパー靭帯」を痛める原因にもなります。

クーパー靭帯は、バストの高さを保つ役割をしていて、これが切れたり伸びたりしてしまうとバストの下垂の原因となってしまいます。

クーパー靭帯は、バストの揺れなどの刺激に弱く、一度伸びたり切れたりすると、もう元には戻りません。

スポーツをするときに、スポーツブラが推奨されるのは、しっかりとバストをホールドしてクーパー靭帯を保護する役目があるからです。

ヌーブラでのウォーキングなど、バストに負担がかかるときは、ヌーブラの着用は控えた方がいいでしょう。

特に、育乳をしている方は注意をしなければいけません。

また、ヌーブラは、普通のブラジャーのようにバストのお肉をカップに収めることが出来ませんから、バストのお肉が脇や背中に流れにくくなってしまいます。

常用するとバストの形が崩れにくくなってしまうんです。

夏場など、ヌーブラを使用する機会が多い場合は、特に注意が必要です。

睡眠中にナイトブラを使用するなど、しっかりバストの形を整えることが大切になってきます。

ヌーブラのデメリット

  • バストが揺れるのでクーパー靭帯を痛める
  • 常用するとバストの形が崩れるヌーブラは日常的に使用するのではなく、オフショルダーや、胸元の開いた服を着る時などに限定して着用した方が、バストの形を保つためにはいいでしょう。

なんか取れそう!!ヌーブラの間違ったつけ方!

なんか取れそう!!ヌーブラの間違ったつけ方!

ヌーブラでよく聞くのが、「すぐ取れる」「バストの形が決まらない」「谷間ができない」などの声!せっかく買ったヌーブラなのに残念ですよね。

しかし、それは、間違ったつけ方をしているせいかもしれません。確認していきましょう!

ヌーブラをつける位置や角度が間違っている

ヌーブラのつけ方を間違ってしまうと、せっかくの嬉しい効果が台無しになってしまいます。

まず、つける位置ですが、ありがちなのが胸の外側につけ過ぎてしまうこと。

ヌーブラで谷間をつくるためには、ある程度、外側につけるのが基本ですが、外側過ぎると、フロントホックを留めたときに負荷がかかり過ぎてしまい、反動でヌーブラがはがれ易くなってしまいます。

長時間なら確実にはがれますから注意しましょう。

もう一つ、つける角度も大切です。

角度が合っていないと、取れやすくなる原因にもなりますし、胸も綺麗に見えません。

縦に貼ってグッと寄せると盛れる!という方もいますが、個人差がありますので、自分に合った角度を見つける必要があります。

何度も付け直す

ヌーブラを思うように着けられなくて何度もやり直してしまうと、粘着力が弱まってしまい取れやすくなってしまいます。

最初のうちは上手くいかなくて、2度3度と貼りなおしていると、皮脂や汗、ホコリなどが粘着部分に付着して、粘着力が弱まってしまいます。

このような状態のときは、一度洗ってから、しっかりと乾かしてから、再度、使用する方がいいです。

そのまま、なんとか使用しても、外れる可能性が高いので注意しましょう。

粘着力が弱まったヌーブラを使用している

ヌーブラは、丁寧に洗って使用すれば、「100回は使える」と云われていますが、その粘着力は徐々に弱まっていきます。

何年も前に購入したまま使用していなかったものや、繰り返し使用したものは、粘着力が弱まっている可能性が高いので、長時間の使用は避けた方が無難です。

ヌーブラで美胸をつくるにはサイズ選びも大切!

もしかしたらヌーブラのサイズを気にしている方は少ないかもしれません。

しかし、ヌーブラでバストを盛ったり、バストラインをキレイに見せるには、サイズ選びがとても大切です。

ヌーブラの適当なサイズ選びは失敗のもと!ここでは、ヌーブラのサイズ選びのポイントをご紹介します。

参考までに、人気のヌーブラ、ヌーブラシームレスのサイズ表を見てみましょう。

A 65A 70A 75A 65B 70B 65C
B 80A 85A 75B 80B 70C 75C 65D 70D
C 85B 80C 75D 80D 65E 70E 75E
D 85C 85D 80E 65F 70F 75F

そのメーカーによって若干違いがあるものの大体このような感じです。

ヌーブラはアンダーベルトがありませんので、アンダーバストのサイズは云うまでもなく関係ありません。カップの大きさで選びます。

ヌーブラのサイズ選びのコツとしては、普段のブラジャーよりも1サイズ小さめのもを選ぶことが良いとされています。

しかし、そのメーカーによってカップの厚みや形なども違ってきますし、アメリカサイズのものもあります。

サイズ表だけでなく、製品情報も確認し、その商品を良く見て、サイズ確認をするようにしましょう。

育乳中でも大丈夫!ヌーブラで美胸をつくる着け方!

ヌーブラの間違ったつけ方や、サイズの選び方をご紹介してきましたが、「違うことやってた!」という方もいるのではないでしょうか?

ここでは、ヌーブラの正しいつけ方をご紹介していきます。

正しい付け方

  • ヌーブラは片方ずつ着ける。
  • ヌーブラをそり返し、アンダーバストの方からバストを持ち上げるように貼っていく。
  • 目安としてアンダーバストより指1本分くらい上に着ける。
  • 角度に注意!ヌーブラの内側のカップのラインがおへそへ向って伸びているのがベスト。
  • フロントホックを留める。

ポイントは、着ける角度。

両方のヌーブラを着けた時点で、「V」の字になっていると綺麗な谷間が出来ます。

ヌーブラの着け方のコツをマスターすると、Aカップのバストでも盛れますし、綺麗なバストが出来上がります!

谷間もくっきり!盛れるヌーブラおすすめ5選

谷間もくっきり!盛れるヌーブラおすすめ5選

ヌーブラと一口に云っても、そのヌーブラによってそれぞれ特徴があります。

ここでは、おすすめのヌーブラをご紹介していきます。

ヌーブラシームレス イージーフィット

このヌーブラを一番におすすめする理由は、何といっても、ワイヤーが内臓されていること!

ワイヤーが、バストをしっかり支えてくれて綺麗な形を保ってくれるほか、バストのお肉が脇や背中に流れるのを防いでくれます。

それと、おすすめの理由がもう一つ。

取り付ける位置がわかる、フィッティングマークがついていますから、これに沿って着ければ初心者の方でも簡単にベストな位置につけることができます。

また、特殊加工によりカップには縫い目がありませんので、アウターに響く心配がありません。柔軟性がよく、肌に馴染みやすく、違和感なく使用することが出来ます。

カラーは1色 モカ・サイズ展開は、A~D

Xエアーライト

名前の通り空気のように軽いつけ心地のヌーブラです。

カップの端にパイピングがほどこされているので、バストがしっかりホールドされて安定感があります。

サイズごとにカップの厚みが調節されているので、理想的な胸の形がつくりやすくなっています。

A B C D
厚み 12㎜ 9㎜ 7㎜ 5㎜

ごらんのようにAカップの方は厚め、カップが大きくなるにつれ薄くなっていきますので、大きさにかかわらずナチュラルなバストに仕上がります。

カラーは2色、モカ・ブラック・サイズ展開は、A~D

ヌーブラシームレス

カップが柔らかくて、バストの形にフィットしやすいヌーブラです。

縫い目もないので、Tシャツや、身体の線がはっきり出る洋服でもバストラインが綺麗に出せます。

また、サイズはEサイズまであり、それぞれバストの大きさに合わせてカップの厚みを変えているので、小さい胸の方から豊乳さんまで、理想的なバストを演出してくれます。

そして、とっても軽いので、着けていてラク!ブラの締め付けから解放されます。

カラーは2色、モカ・ブラックサイズ展開は、A~E アンダー90㎝、Fカップまで対応できます。

パテッドヌーブラ

パテッドヌーブラは、とにかくバストをボリュームアップしたい方におすすめです!

パッドは普通のヌーブラよりも厚め!着けるだけでバストにボリュームと綺麗な谷間が出来上がります。

カップにパイピングがしてあるので、ホールド力があり、厚めのパッドでも安定感が保てます。

また、柔軟性のあるカップなので、厚いパッドでも自然な形のバストになるのも魅力です。

カラーは2色、モカ・ブラックサイズ展開は、A~B

シームレスヌーブラ

レースアップバストの形をシーンによって自在に変えることのできるヌーブラです。

フロントホックの部分がレースアップになっていて、締め具合によって、ナチュラルにも、盛り盛りの谷間くっきりのバストにも、自由に仕立てることが出来ます。

パッドは下側が厚くなっているので、下垂気味のバストを持ち上げる効果もあり!また、バストをキュッと寄せても、段差ができないカップの形状になっているので、綺麗なバストラインが実現します。

また、フィッティングマークがついているので、着ける位置を迷うことがありません。

簡単に着けられて、バストの盛り方も調節可能。これ一つで、色んなシーンをカバーできます。

カラーは1色、モカ。サイズ展開は、A~C。

まとめ

バストラインは、女性の佇まいを決める大きなポイント。大きさにかかわらず高さを保ったバストは姿勢も良く見えますし、カッコいいですよね。

ヌーブラは、上手に着ければ、そんな素敵なバストラインがつくれる機能的なブラ。

しかも、ストラップやアンダーベルトがないので、締め付けから解放されます。

とっても楽!しかし、気になるのはバストのお肉の脇流れや、バストの下垂。ヌーブラもホールド力があるものもありますが、ストラップとアンダーベルトでしっかりホールドする普通のブラとは違います。

ずっと使用していると、バストの形が崩れる可能性もあり。

ヌーブラを使用するときは、夜、ナイトブラをするとか、ヌーブラを使用しない日は、育乳ブラを着けるとかの工夫をするのが良さそうです。

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

育乳学
育乳アドバイザー
育乳に人気情報サイト。facebookページの100イイネを達成、ブティーマガジンでは、育乳に関する記事を担当していただいてます。