スキンケア

ホットタオルの作り方と効果は?透明感のあるもっちり素肌をゲット!

ホットタオルは日常にあるものを使って、最短3分で作る事ができるので、忙しい朝のスキンケアにも取り入れられる事がます。

今回は、ホットタオルの作り方や効果を高める仕様方法をご紹介します。お金をかけずに実践できる美容テクニックで、普段のケアに取り入れてみてください!

この記事の目次

簡単3分!ホットタオルの作り方

ホットタオル作りに必要なもの

  • 清潔なタオル
  • お湯
  • ラップまたはジップロック

本格的なホットタオルを簡単に電子レンジで作る方法

じっくりと肌を温めてホットタオルの効果を高めるのが、電子レンジを使った作り方です。

電子レンジを使うときは、

  1. タオルを水で濡らして、軽く水気が残る程度に絞ります。
  2. タオルを畳んでラップに包む、またはジップロックに入れて1分間レンジで温めます。
  3. タオルを取り出して一度広げ、火傷防止に熱を放してから使いましょう。

基本はラップや袋から取り出して使いますが、首や肩など、洋服に触れる部分に使う場合は、ラップや袋に入れた状態で使うと便利です。

レンジから取り出すとき、必ず表面の温度を軽く触り、熱さを確認してから取り出しましょう。いきなり触って取り出そうとすると、思いがけず火傷をする可能性があるので要注意です。

時間がないときに時短でホットタオルを作る方法

「朝寝坊したけどホットタオルを使いたい」というときには1分でできる、お湯でホットタオルを作る方法がおすすめです。

タオルを湯気が出るくらいのお湯に浸し、軽く水気が残る程度に絞ります。これだけでホットタオルの完成です。

熱の持続時間は比較的短いですが、顔に1、2分当てるくらいなら十分ホットタオルの効果を発揮します。

ホットタオルの基本の使い方

ホットタオルの基本の使い方
ホットタオルは清潔な状態の肌に使います。

メイクをしたまま、汚れがついたままの肌に使うと、ホットタオルの熱で毛穴が開いた毛穴に、汚れが落ちてしまうからです。

ホットタオルの使い方は、目的に合わせて使う順番が異なります。利用するシーンに合わせてご紹介します。

毛穴の奥の汚れを落としたいとき

  1. クレンジング
  2. ホットタオル
  3. 洗顔

ホットタオルの熱には毛穴を開く効果があります、開いた毛穴にメイクなどの汚れが入らない様に、メイクをクレンジングで落とした後にホットタオルを利用します。

化粧品の浸透をアップさせたいとき

  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. ホットタオル
  4. 化粧水
  5. 美容液
  6. 乳液
  7. クリーム

化粧水を利用する前にホットタオルを使う事で毛穴が開き美容成分をしっかり毛穴の奥まで浸透させることが出来ます。

乾燥がひどいとき

  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. 化粧水
  4. 美容液
  5. 乳液
  6. クリーム
  7. ホットタオル
  8. 再びクリーム

美肌も疲れ解消にもいいホットタオルの効果

美肌も疲れ解消にもいいホットタオルの効果

血流促進

ホットタオルで肌を温めると、皮膚に流れる血液の流れがスムーズになります。血流が良くなると、色々な美容効果が期待できます。

  • クマの予防、改善
  • むくみの解消
  • くすみの解消
  • ターンオーバーの促進
  • 肩こり、首こりの緩和

血液は肌の細胞に栄養や酸素、水分を届ける天然の美容液のようなものです。

血流がスムーズになることで、細胞の生まれ変わりに必要なものが十分に届き、ターンオーバーが正常に進みます。

肌のターンオーバーは、年齢を重ねるごとに周期が長くなったり、不規則な生活習慣などが原因で乱れたりと、不安定になりがちです。

ホットタオルを普段のお手入れに取り入れれば、ターンオーバーを正常にキープでき、スキンケア効果を実感しやすくなります。

毛穴が開いて汚れが取れやすくなる、化粧品の浸透が良くなる

ホットタオルの熱の働きで毛穴が開き、毛穴の奥に詰まった汚れを落としやすくなります。

日頃クレンジングや洗顔をしっかりしていても、毛穴の奥にまで入り込んだ汚れを完全に取り切るのは難しいことです。

特に、普段カバー力の高い、または崩れにくいベースメイクが習慣になっていると、毛穴の奥にどんどんメイク汚れが溜まっていきます。

溜まったメイク汚れは、古い角質や皮脂と混ざり合い、大きな角栓になって毛穴の黒ずみやニキビの原因になるのです。

クレンジングの前にホットタオルを使えば、毛穴が開いて毛穴の中に入り込んだメイク汚れもスッキリ落とせます。

また、毛穴奥の汚れがスッキリすることで、化粧水や美容液などの成分が浸透しやすくなり、スキンケア効果もアップするでしょう。

リラックス効果

毎日PCを使った仕事をしている方や、事務仕事が多い方は目の疲れや肩、首の疲れで悩んでいませんか?

ホットタオルを気になる部分に当てれば、温まってリラックスでき、血流が促進して痛みも緩和されます。

首や肩にホットタオルを当てる場合は、ホットタオルを当てたあとに鎖骨に沿うように指をプッシュさせてみてください。

鎖骨まわりはリンパ液の出口があるので、スムーズな流れになったリンパ液に含まれる老廃物が排出されやすくなります。

美肌、リラックス効果アップ!ホットタオル+αテク

リラックス効果アップ

おうちでエステ気分になれる香り付きホットタオル

エステサロンや高級な飲食店では、ホットタオルに香りがついていることが多いですよね。

特にエステの施術中に使われる香り付きのホットタオルは、リラックス効果がアップするので、心身が落ち着きます。

お店では、ホットタオルをタオルウォーマーで作っているのですが、香りをつけるためにホットタオル専用の芳香剤を使うお店が多いのです。

しかし、おうちでホットタオルを作るのに、タオルウォーマーも芳香剤も使う必要はありません。

香り付きホットタオルを手作りするために必要なのは、お好みの香りの精油だけです。

タオルを濡らすときに、洗面器に精油を2、3滴垂らし、お湯を少量加えて混ぜてから、お湯をたっぷり追加します。

精油入りのお湯にタオルを浸し、絞ってそのまま使う、またはレンジで温めれば完成です。

精油はその時の状態に合わせて使い分けてみよう

心身ともにどんより疲れている、嫌なことがあってイライラが収まらない、やる気が起きないなど、日によって心と体の状態は変わりますよね。

精油は香りが心身に作用して、リフレッシュさせる効果があります。

精油によって細かい効能は違うので、その日の気分や状態に合わせて香りを選ぶと、ホットタオルを使うのがもっと楽しく、実用的になるでしょう。

おすすめ精油一例
  • イライラに:ラベンダー、カモミール
  • やる気の低下に:ジュニパー、パイン、ジンジャー
  • 眠気覚しに:レモングラス、ティートゥリー
  • 頭痛や肩こりなど痛みに:ラベンダー、サンダルウッド
  • 気分転換に:イランイラン、クラリセージ、グレープフルーツ、ローズ など

乳液と合わせて使って低刺激ピーリング

乳液洗顔というスペシャルケア方法をご存知でしょうか。乳液とホットタオルで古い角質をほぐし、タオルで拭き取って取り除く、という肌にやさしいピーリング方法です。

乳液の油分による肌を柔らかくする効果と、ホットタオルの熱の効果で、固く溜まった古い角質が取れやすくなります。

肌のくすみが中々解消しない、肌の手触りがゴワゴワする、という方におすすめのスペシャルケアです。

乳液洗顔の方法
  1. クレンジング、洗顔をして、湯船に浸かってから乳液を顔にたっぷりと塗ります。
  2. 指で乳液をなじませ、2〜3分やさしくマッサージします。
  3. ホットタオルを顔に1分ほど当てます。
  4. ホットタオルを折りたたみ、コットンで顔をふき取るように、ホットタオルで顔についた乳液をやさしくふき取りましょう。
顔のピーリングきちんと知識がないとNG!美肌効果をアップさせるためにポイント顔のピーリングで美肌をGET!知識のベースを見直す 肌ケアについてはピーリングがおすすめです。これも有名なものの一つです。 洗う...

ホットタオルを使うベストタイミングはいつ?

ホットタオルを使うベストタイミングはいつ?

朝は眠気覚し、疲れのケアもできるベストタイミング

  • 朝は眠気が中々とれない
  • 起きると目元がどんより重い
  • 顔がむくみやすい
  • くすみが気になる

ホットタオルの効果を最大限実感できるのが朝です。朝の寝起きの寝ぼけまなこも、パンパンにむくんだ顔も、ホットタオルを使えば簡単にスッキリします。

精油を使った香り付きのホットタオルを使えば、朝特有の気分の落ち込みや眠気もケアできるので、毎朝やる気が起きないという方にもぴったりです。

ホットタオルの作り方は簡単なので、準備に終われる朝でも作りやすく、ズボラさんでもトライしやすいでしょう。

日中はホットタオルで目、首、肩の疲れをケア

デスクワークの方は、日中の疲れをホットタオルでケアすると、1日の終わりに感じる疲れが軽くなります。

デスクワークはずっと同じ姿勢、そして目を酷使するので、目、首、肩に疲労が溜まりやすいです。

ホットタオルはお湯が用意できるなら、職場でも簡単に作れます。

気になる部分にホットタオルを当てて、2〜3分休憩するだけで、疲れがケアできますし、香りの作用でリフレッシュして仕事への集中力もアップ。

ホットタオルは、疲れにも仕事のパフォーマンス向上にも役立つアイテムです。

ホットタオルを使うときに注意すること

ホットタオルを使うときに注意すること

タオルの温度は触って心地良い温かさが目安

熱くて触り続けることができないほどの温度のホットタオルは、熱の刺激で肌に負担をかけてしまいます。

特にレンジで温めてすぐのホットタオルは、人によっては触れるのが難しいほど熱くなることがあるので要注意です。

レンジでホットタオルを作るときは、必ず程よく冷ましてから、またはタオルを広げてこもっている熱を放出させてから使いましょう。

ホットタオルは冷める前に外す

ホットタオルが冷めるまで肌に当てていると、せっかく熱で開いた毛穴が閉じてしまいます。

化粧品の浸透力アップや、毛穴の汚れを落としやすくするなどの効果は、毛穴が開いていないと発揮されません。「まだ暖かいな」と感じる程度の温度になったら、タオルを外してケアに入りましょう。

ホットタオルは毎日使わない

美容にいいホットタオルですが、毎日使い続けると肌の表面にあるバリア機能が乱れてしまう可能性があります。

バリア機能が乱れると、肌が刺激を受けやすくなったり、乾燥しやすくなったりと、肌トラブルの原因になるので要注意です。ホットタオルを使う頻度の目安は、週に1、2回。

特に疲れが溜まっている日や、週に1回のディープクレンジングとして使うのがおすすめです。

自分の肌の状態に合わせた使い方で、定期的なスペシャルケアとして取り入れましょう。

ホットタオルのあとは必ず保湿する

汚れを落としたいときを除き、ホットタオルを使ったあとはすぐに保湿ケアをしましょう。

熱を与えられた皮膚は、水分が蒸発しやすいため、モタモタしているうちに乾燥が進みます。素早くひととおりの保湿ケアをしたら、最後はクリームで肌表面に油分のフタをしてください。

肌悩みに合わせて集中ケア!ホットタオル+美容液の組み合わせ

肌悩みに合わせて集中ケア!ホットタオル+美容液の組み合わせ

肌悩みを集中ケアするホットタオルの使い方

月に1、2回行いたいのがホットタオルと美容液の組み合わせです。

ホットタオルの熱で肌が柔らかくなり、美容液の美容成分が浸透しやすく、スキンケア効果アップが期待できます。

2週間に1度、ホットタオル+美容液の集中ケアを行い、肌トラブルをじっくりとケアしましょう。

ホットタオル+美容液の方法は、洗顔後化粧水で保湿をした肌に、美容液→乳液→クリームを重ねてホットタオルを当てます。

ホットタオルを外したら、もう一度化粧水からクリームまで重ねてW保湿をしましょう。美容成分がしっかり浸透したモチモチの肌に仕上がります。

特別な日の前日のスペシャルケアにもおすすめです。

ホットタオルと合わせて使いたいスペシャルな美容液

オージオ ビューティーオープナー

画像引用:Amazon

ほおの毛穴の開きやたるみが気になる方におすすめなのが、卵殻膜エキスが高濃度に配合されたオージオの美容液です。

卵殻膜エキスには、18種類のアミノ酸やヒアルロン酸、コラーゲンなど、栄養がたっぷり含まれています。

卵殻膜エキスを使った美容液は、他にもたくさんありますが、オージオの美容液は成分がとてもシンプルなので、卵殻膜エキスが高濃度で肌に働きかけるのです。

キメの整ったぷるっとハリのある素肌を目指したい方は、ぜひ卵殻膜美容液+ホットタオルの集中ケアを定期的に行ってみてください。

ちなみオージオの美容液は筆者も愛用していますが、肌へグングン浸透する使い心地は病みつきになりますよ!

Amazondで購入する

ホットタオルは簡易スチーマーとして使える!

蒸気の力でスキンケアをするスチーマーは、あれば便利ですが高価で中々手に入りませんよね。

ホットタオルなら、タオルとお湯、電子レンジがあればお金をかけずにスチーマーがわりに使えます。

自分の肌の状態に合わせた作り方、使い方で、スペシャルケアとしてホットタオルを活用しましょう。

スキンケアにお金をかけたくない、という方でもホットタオル美容法ならほぼ0円でスキンケア効果がアップしますよ!