オリーブオイルの効果4つ!うるツヤ美肌が手に入るオイル美容法

オリーブオイルといえば、美容オイルの中では一番手軽にゲットでき、食卓にもなじみ深いオイルですよね。

他の美容オイルに比べるとなじみ深いオイルですが、「ヘルシーなのは知っているけど、具体的な効果は知らない」「肌や髪に使っても本当に大丈夫?」と疑問に思う人もいるかもしれません。

古代エジプトでは、クレオパトラも愛用していたとされるオリーブオイルは、世界最古の植物油で、古くから美と健康に良いオイルとして重宝されていました。

なぜオリーブオイルが美と健康に良いのか、具体的な効果を調査してみましたよ!

  • 飲む黄金?オリーブオイルを愛用している美女たち
  • オリーブオイルの効果
  • オリーブオイルの効果がアップする食べ方
  • オリーブオイルを使うおすすめのスキンケア方法
  • オリーブオイルの偽物に要注意!?
  • 食用と美容用オリーブオイルの違い

今回は、この6つを深掘りしてオリーブオイルについて解説します。

飲む黄金?オリーブオイルを愛用している美女たち

調理油としてはもちろん、生のまま摂れるオリーブオイルですが、スキンケアやヘアケアに使っているというセレブや女優、モデルさんが多いんです!

オリーブオイル美容を実践している美女たち

  • グウィネスパルトロウ
  • ソフィアローレン
  • ナオミキャンベル
  • 菜々緒
  • 小雪

古代に遡ると、古代エジプトの女王・クレオパトラもオリーブオイルを使っていたという記述が残されています。

特にオリーブオイル美容にこだわっているのが、映画『アイアンマン』などで知られるグウィネスパルトロウです。

『GOOP』という美容、健康をテーマにしたブログが人気のグウィネスは、オリーブオイルをヘアトリートメントにしたり、寝る前にティースプーン1杯分飲んでデトックスに使ったりと、オリーブオイルをフル活用しています。

日本では、菜々緒さんがクレンジングにオリーブオイルを、小雪さんは自家製のヨーグルトパックの材料に使っていると公言しているんです。

彼女たちの美しさを見れば、オリーブオイルにすごい美容効果があると期待してしまいますよね!

美肌も健康もゲット!オリーブオイル4つの効果


「オリーブオイルはヘルシー」「オリーブオイルは肌にも髪にも良い」というイメージはありますが、実際のところ本当に美容、ダイエット効果はあるのでしょうか?

調べてみると、「やっぱりオリーブオイルってすごい……!」と、改めてオリーブオイルの優秀さを感じました。

それでは、オリーブオイルの4つの効果を一つずつ解説していきます!

1. 抗酸化作用でエイジングケア

オリーブオイルには、ポリフェノールやビタミンE、フラボノイドなど、エイジングケアに良い抗酸化作用を持つ栄養が豊富に含まれています。

肌のエイジングトラブルを進行させる活性酸素は、紫外線やストレス、乱れた生活習慣が原因で増える美の大敵です。

30歳を過ぎて、「そろそろエイジングケアが必要かな?」という人や、40代で「最近シワやシミ、たるみが目立ってきた」と悩んでいる人は、日頃のお手入れに活性酸素対策を取り入れましょう。

オリーブオイルなら、食事とスキンケアで身体の中と外から抗酸化パワーでエイジングケアができます。また、活性酸素は細胞にダメージを与え、ガンや生活習慣病の原因にもなるため、オリーブオイルを摂ることは健康にも効果的です。

抗酸化物質は、がんなどの病気や老化を予防し、遺伝子を守るためには、ヒドロキシラジカルを無毒化することです。

抗酸化物質の効果としては以下があります。

  • がん抑制
  • 動脈硬化予防
  • アンチエイジング対策

出典:健康長寿ネット

2. スルッとお通じ!腸内環境を整える

「便が固くて出にくい」「便秘で肌荒れがする」という人には、オリーブオイルの腸内環境を整える効果が発揮されます!

オリーブオイルには、オレイン酸という脂肪酸が含まれるのですが、オレイン酸が腸を刺激して、便通を促してくれるのです。

また、油分で便が柔らかくなるため、力まなくてもスルッとお通じが出るようになり、快適なトイレタイムを過ごせます。便秘が長く続くと、体内の老廃物はどこに向かうと思いますか?

便秘で腸の中で腐敗した老廃物は、腸壁から毛細血管へ、毛細血管の中の血液を通って全身に、最終的には毛穴を通して排出されるのです。

老廃物が排出されるときに皮脂と混ざり合うと、吹き出物ができたり、肌のターンオーバーが乱れたりと肌トラブルが発生します。

美肌のためには、腸内環境を整えることが必要不可欠ですが、オリーブオイルならお通じをスムーズにして、腸の中から美肌を育ててくれるんですね。

3. ドカ食い防止効果でダイエットサポート

  • ダイエット中なのに食欲が抑えられない!
  • いつも食事制限に挫折してダイエットが続かない

そんな人にもオリーブオイルが効果的です。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸には、脳にある満腹中枢を刺激し、食欲を抑える働きがあります。

オレイン酸は脳の視床下部にある満腹中枢を刺激し、食欲を抑える作用があると注目されています。

オリーブオイルをとると、小腸で主成分であるオレイン酸が吸収され、オレオイルエタノールアミド(Oleoylethanolamide:OEA)という物質に変化します。そして副交感神経系を介して1時間後くらいに脳(視床下部)の満腹中枢を刺激します。

また、オレオイルエタノールアミドは、肝臓での脂質代謝と脂肪細胞での脂肪分解を活発化するので、悪玉(LDL)コレステロールや中性脂肪を減らしたり、体脂肪を減ら役割もあります。

出典:オリーブオイルライフ

実際に、オリーブオイルの食欲抑制効果を利用した「シャングリラダイエット」というダイエットがあります。

アメリカの心理学者が考案したダイエットで、食事の1時間前と1時間後にオリーブオイルを大さじ1〜2、または砂糖水を大さじ1〜3飲むだけです。

食欲を抑える効果が高く期待でき、アメリカで一時期ブームになりました。

ただし、オリーブオイルも砂糖水も高カロリー、糖質量が気になるので、興味のある方は専門書を読んで正しい方法で試してみてくださいね。

4. ぷるんとハリツヤ!美肌効果

オリーブオイルには、美肌に良い成分が豊富に含まれています。

  • オレイン酸:保湿、バリア機能サポート
  • ビタミンE:抗酸化作用、肌の保護
  • ビタミンA:肌のハリと弾力をキープする
  • スクワレン:保湿、浸透効果
  • リノール酸:水分キープ
  • ポリフェノール:抗酸化作用

特にオレイン酸は、人が持つ皮脂と成分が似ているため、肌なじみに優れています。

オリーブオイルベースのクレンジングオイルなどが多いのは、皮脂となじみやすく、皮脂よごれを落としやすいからなんですね。

年齢を重ねるにつれ、肌がごわついたり固くなったりしても、オリーブオイルを使えばモチッと柔らかな若々しい肌を取り戻せるでしょう。

抗酸化作用のある成分や肌のハリ、弾力に良い成分も含まれているので、特に30代後半の大人のスキンケアにおすすめです。

オリーブオイルの効果がアップする食べ方


洋食に限らず、和食にも使えるオリーブオイルですが、オリーブオイルの栄養が吸収されやすい食べ方があるんです。

栄養を無駄なく摂って美肌、美ボディを目指すなら、調理法にもこだわってみましょう!

オリーブオイルは熱に強いので加熱してもOK

まず、オリーブオイルは熱を加えても問題ないので、普段お使いのサラダ油をオリーブオイルに置き換えるとヘルシーです。炒め油に揚げ油、グリルに使う油と大活躍します。

オリーブオイルは、脂質や糖質の代謝を促す良い油なので、サラダ油やバターなどを控え、オリーブオイルを使うことで普段の食事がグッとヘルシーになりますよ!

オリーブオイルは野菜のおかずと合わせよう

オリーブオイルは、緑黄色野菜のおかずと合わせると、栄養を無駄なく摂取できます。

緑黄色野菜に含まれる栄養(βカロテンやビタミン類)が吸収されやすくなり、さらにオリーブオイルが持つ栄養の吸収率もアップするんです。

おすすめは、緑黄色野菜のサラダや温野菜、焼き野菜にオリーブオイルをドレッシングのようにトッピングする食べ方です。

オリーブオイルそのものをかけても良いですし、味が欲しいならオリーブオイルと醤油を2:1で混ぜてかけても美味しいですよ!

佐々木りな
佐々木りな
私はオリーブオイルと醤油を混ぜたものに、レモン汁を加えて食べています。質の良いオリーブオイルは、油臭くなくてフレッシュで食べやすいんです!

オリーブオイルを使うおすすめのスキンケア方法


オリーブオイルは、美容オイルの中では特にスキンケアと相性が良いオイルです。ヘアケアにも使えますが、オリーブオイルはテクスチャーが重ためなので、量に気をつけないと髪を乾かしてからもベタベタとした質感になることもあるんです。

ブティーマガジン的には、オリーブオイル美容はスキンケアに特化させることをおすすめします!

それでは、オリーブオイルの効果を最大限に発揮させる、おすすめのスキンケア方法をご紹介します。

オリーブオイルスキンケアが向いている

  • 乾燥肌
  • 40代以上で肌にハリツヤがない
  • 毛穴の黒ずみ、詰まりが気になる

毛穴汚れスッキリ!オリーブオイルクレンジング

美容用のオリーブオイルで毛穴クレンジングしてみませんか?

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、人間のお肌にある皮脂にも含まれているため、肌なじみが良く、毛穴の汚れにもなじんで落としやすくしてくれます。

毛穴汚れに限らず、落ちにくいメイクでなければ、メイク汚れも落とせるので、普段はナチュラルメイクという人は、顔全体のクレンジングに美容用オリーブオイルを使っても良いでしょう。

毛穴クレンジングは、湯船に入浴した状態で行うと汚れが落ちやすくなるのでおすすめです。

  1. 湯船に10分以上浸かって毛穴が開いたら、オリーブオイルを小鼻になじませて5分ほどそのまま放置
  2. 指の腹で小鼻をマッサージしたら、泡立てた洗顔料で洗って完了

もっちり度アップ!ミルフィーユ保湿法

乾燥がひどい人や、乾燥小じわ、乾燥による毛穴の開きが目立つ人におすすめなのが、化粧水と美容用オリーブオイルを使ったミルフィーユ保湿法です。

美容用オリーブオイルは、保湿だけではなく、栄養も肌に与えられる美容液としても使えるので、化粧水とオリーブオイルだけでスキンケアが完了します。

  1. 洗顔後に化粧水をつけたら、オリーブオイルを1、2滴なじませる
  2. 肌がモチッとするまでなじませたら、再び化粧水を重ねる
  3. 化粧水がなじんだら、再びオリーブオイルを重ねて完了

化粧水の水分をオリーブオイルでキャッチ、うるおいをしっかり肌に閉じ込め、人工的な皮脂膜のような役割を果たします。

特に乾燥がひどい日のスペシャルケアとしてもおすすめです。

オリーブオイルの偽物に要注意!?


オリーブオイルなら安物でもなんでも良いというわけではありません。安いオリーブオイルは、精製されて栄養が失われたただのオイルです。

オリーブオイルに含まれる栄養を無駄なく摂るためには、未精製のエクストラヴァージンオリーブオイルを使いましょう。

必ずラベルを確認して、未精製かどうかチェックしてください。エクストラヴァージンオリーブオイルは、フレッシュな風味と鮮やかなイエローグリーンに近い色をしています。

質の良いオリーブオイルは、そのまま飲んでも美味しいです。
初めて未精製のちょっとお高めなオリーブオイルを口にしたときは、あまりのフレッシュな美味しさに感動しました!

美容用と食用オリーブオイルは別にしよう


「食用オリーブオイルでもお肌に使える」と勧めている情報もありますが、食用と美容用のオリーブオイルは使い分けた方が安全です。食用と美容用は、そもそも目的が違います。

食用は、美容用と違って肌トラブルがないように作られているわけではありません。
また、不純物がお肌に悪影響を与える可能性があります。

美容用オリーブオイルは、肌に浸透しやすいよう作られていますが、食用はそうではありません。

食用オリーブオイルは肌に浸透しにくく、肌表面に残ったオイルが酸化し、皮脂と混じって肌トラブルを起こすこともあります。

食用、美容用と兼用できればコスパ的には良いですが、オリーブオイルの美容効果をしっかり発揮させたいなら、食用と美容用は使い分けましょう。

オリーブオイルの効果でお肌も体もイキイキ!

食卓になじみ深いオリーブオイルですが、美容と健康効果を得るために、食用は安いオリーブオイルではなく、栄養豊富なエキストラヴァージンオリーブオイル、スキンケアには美容用のオリーブオイルを使ってくださいね。

食用として使えばヘルシー、スキンケアに使えば乾燥知らずのもっちり肌になれるオリーブオイルで、美肌も美ボディもゲットしましょう!

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

佐々木りな
美容ライター
アラサーの美容ライターです。最近3ヶ月で10キロの減量に成功しました!愛猫と一緒に暮らしていますが、婚期からどんどん遠ざかっている気がする今日この頃。