ライフスタイル

驚き!バランスボールの効果でじっくり痩せ体質を育てよう!

ボールに乗ってゆらゆら動くだけ、というイメージのバランスボールですが、ただ座っているだけでボディメンテナンスできる便利なダイエットグッズです。

動きを加えるとさらにシェイプアップ効果が高まり、ジムに行かなくても自宅で本格的に体を絞れます。

でも、ボールを使って運動するだけで、なぜダイエット効果が期待できるのでしょうか?

バランスボールの効果を知り、バランスボールを使ったストレッチやトレーニングで、全身をバランスよく引き締めましょう。

今回は、バランスボールの効果から初心者でもできる簡単なストレッチ、トレーニング方法をご紹介します。

痩せやすくなる!?ダイエットはバランスボールから始めよう

痩せやすくなる!?ダイエットはバランスボールから始めよう
ただ家でゴロゴロするだけで、痩せやすくなる。
なんて、信じられないことですが、バランスボールを使えばそれが実現できるのです。
バランスボールは、好きな場所に置いてボールの上に座るだけで、姿勢が整ったり、バランスを取るために普段使わない筋肉が刺激されたりと、難しい動きなしでボディメンテナンスができます。

観たいテレビ番組がある時、バランスボールをテレビの前に置けば、テレビを観ながら楽に筋肉を鍛えられるのです。
姿勢を整えることと筋肉を鍛えることで、代謝がアップして体が痩せやすくなります。

ダイエットは、挫折せず長く続けるために、まずは続けやすい手軽な方法から始めることが大事です。
バランスボールは手軽で無理なく続けられる上に、姿勢を整えながら筋肉を鍛えることで痩せ体質を育てられるので、本格的なダイエットを行う前の準備にぴったりなのです。

バランスボールのダイエット効果とは

バランスボールのダイエット効果とは

ゆがみを整えて姿勢を改善する

毎日スマホを長時間眺めたり、座りっぱなしでパソコンを使ったりと、デジタルアイテムを頻繁に使う人の中には、体がゆがんで姿勢が悪くなりがちな人が多いです。

姿勢が悪いこととダイエットには、実は深い関係があります。

正しい姿勢を意識して続けると、

  • 内臓の位置が正しい位置に戻る
  • 骨盤のズレが改善される
  • 猫背が改善され、お腹の筋肉が鍛えられる

体の中のゆがみも解消し、姿勢を正しくすることで姿勢をキープする筋肉が鍛えられ、代謝が促進します。

バランスボールを使うと、体幹と普段使いにくい筋肉を鍛えることで、体のゆがみを少しずつ矯正し、姿勢も整うようになるのです。

全身の筋肉をバランスよく鍛えられる

ダイエット成功の近道は、筋肉を鍛えることです。

ハードな筋トレじゃなくて軽めの筋トレでも良いのですが、全身の筋肉を鍛えるためには、部位別にトレーニングを行わなければいけませんよね。

バランスボールを使ったトレーニングは、一つのポーズで全身の筋肉を鍛えられます。

さらに、普段使いにくいインナーマッスルも鍛えられるので、筋肉による消費エネルギーが増加して痩せやすくなるのです。

背中、お腹の贅肉がスッキリ!腰痛改善も

バランスボールを使うと、バランスを取るために主に上半身の筋肉に力が入り、背中やお腹の筋肉が鍛えられます。

背中、お腹についているポヨポヨのお肉が燃焼し、筋肉が鍛えられると、腰にかかる負担が減って腰痛も改善できます。

冷え性の緩和

バランスボールで姿勢が整うようになると、全身の血流がスムーズになります。

姿勢が悪いと、身体のあちこちで血液の流れが滞り、手足に温かい血液が流れにくくなり、冷えが悪化するのです。

冷えは代謝を下げて消費エネルギーを減らす、ダイエットの大敵なので、ダイエット中は体を冷やさないように温めることが必要です。
バランスボールで姿勢を正し、血流がスムーズになることで、冷えにくく代謝の良い体を作り上げることができます。

便秘解消

バランスボールで姿勢を整えることは、便秘にも良い影響を与えます。

姿勢が悪いと内臓が下がり、腸の動きが鈍くなりますが、姿勢を整えて内臓の位置が戻ると、腸の動きが活発になってお通じがスムーズになるのです。

便秘が解消すると、腸の代謝がアップして老廃物が溜まりにくくなり、肌荒れを防いで美肌効果も期待できます。

始める前に気になる!バランスボールダイエットの口コミ

始める前に気になる!バランスボールダイエットの口コミ

短時間でも続ければシェイプアップできる!

毎日、朝5分間、夜5分間とテレビを見ながらやっていました。ボディラインが、すごく綺麗に!!!ボールに乗って、ゆらゆらするだけなのでとても楽につづけられます。

引用:club.panasonic.jp

5分間だけ、と思えばズボラさんでも重い腰を上げやすいですよね。

朝なら寝ている間にこり固まった筋肉をほぐし、代謝が促進されて日中の消費エネルギーアップが期待できます。

夜寝る前にバランスボールを使ったストレッチをすれば、日中の筋肉の疲れがとれ、ぐっすり眠れるようになるでしょう。

イスのかわりに使うと便利

バランスボールは特別な運動としてだけではなく、テレビを見るときの椅子として使ったり、パソコンをしているときも座ったりしています。

65cm~75cmの直径の割と大きなボールを部屋に置いています。ボールの上に寝転がって伸びをしたり、ボールの上に腹ばいになってだらーんとしたりすると、簡単にストレッチできます。お勧めです。

引用:club.panasonic.jp

自宅でパソコンを長時間使うことが多いなら、イスのかわりにバランスボールを使うと効果的です。

パソコン作業をしながら筋肉を鍛えられるなんて一石二鳥ですよね。

いつもの習慣にダイエット方法を取り入れる、というのはダイエットを続ける鍵にもなります。

座るだけでも意外ときつい!?

パソコンのいす代わりにバランスボールを購入しました。 一日の目標カロリー消費の為に、日々頑張っています。

今はまだバウンドぐらいしかできないけど、30秒キープ出来るように日々努力です(^^;)

引用:sportsclub.nifty.com

口コミの中には、最初は座ってキープするのが難しい、という声も多くありました。

運動不足だと筋肉をうまく使えず、バランスを取るのが難しいですが、短時間でも続けることで少しずつ無意識に筋肉を使いこなせるようになります。

大事なのは続けることですね!

初心者でも大丈夫!効果的なバランスボールの使い方とコツ

初心者でも大丈夫!効果的なバランスボールの使い方とコツ

まずは正しい姿勢で座る方法をマスター

最初から難しいポーズ、トレーニングはする必要はありません。

どのポーズでも、大事なのは正しい姿勢で座ることです。

座るだけでもバランスを取るために筋肉が鍛えられるので、バランスよく座れるようになるまでは、正しく座ることに集中しましょう。

  1. ボールの中央に座り、背筋は伸ばして顔は真正面を向く。両手は自然に横におろし、両足は肩幅に開く。
  2. 足の裏を床につけ、ひざは90度をキープする。
  3. ①、②の状態でバランスを取りながら座る。まずはできる範囲で、1回5分程度でもOK。無理なく座れるようになったら、少しずつ時間を長くする。

朝や寝る前の5分、食前に5分など、自分が取り組みやすい時間にバランスボールを使ってみてください。
食後に行うのは消化に良くないので、食後2時間は空けてから行いましょう。

集中的に筋トレするなら生理前が効果的

女性はダイエットをするときに、ホルモンバランスに合わせて行うとよりダイエット効果が出やすくなります。

女性のホルモンは、生理前と生理期間で分泌されるホルモンが変化します。

生理前は女性ホルモンのエストロゲン、生理期間はプロゲステロンが分泌されるのですが、ダイエット効果が出やすいのは生理前です。

エストロゲンは、排卵と妊娠への準備を促すために心とからだを整える役割を持ち、分泌量が上昇すると、別名「美人ホルモン」とも呼ばれることもあるように、肌や髪に潤いを与えるため女性としての美しさが増します。

この時期は女性を惹きつける魅力にあふれた時期とも言われています。排卵前まではエストロゲンの分泌が続くので、この期間がダイエットに適した「ダイエットチャンス期」になります。

月経までのイライラやむくみがとれて、からだが軽くなり、気持ちも前向きになりますから、エクササイズやダイエットを集中的に頑張るには絶好の時期なのです。

引用:www.tanita.co.jp

バランスボールは座るだけではなく、ボールを使って本格的なエクササイズもできます。

バランスボールで本格的なエクササイズをするなら、生理前に集中的に行うと、効率よく筋肉が鍛えられるでしょう。

生理期間に合わせてエクササイズを行うために、生理が始まった日と終わった日をカレンダーに記録しておき、リズムを把握してください。

生理中はホルモンの影響でイライラが起こりやすいので、バランスボールに座るだけやリラックス効果のあるストレッチを行い、無理なく続けるようにしましょう。

メリハリを作ることで、挫折しにくくダイエットが続けやすくなります。

簡単!下半身引き締めバランスボールエクササイズ

下半身にはお尻や太ももに大きな筋肉がついているので、下半身の筋肉を集中的に鍛えると、筋肉による消費エネルギーの増加が期待できます。

2ステップで簡単!内もも引き締めエクササイズ

  1. バランスボールを両足で挟むように座る
  2. 両足でゆっくりボールを挟みながら、上に引き上げられるように腹筋を引き上げる

お腹引き締めにも!レッグカール

  1. 足元にバランスボールを置き、仰向けになって足をバランスボールに置く。両手は横に自然に下ろす
  2. お尻をゆっくり浮かせ、かかとから肩まで一直線になるようにして、ゆっくりとボールをお尻に近づける(目標は10〜20回、できる範囲で続ける)

バランスボールの選び方

バランスボールの選び方
自分の体型に合うバランスボールを選びましょう。目安ですが、身長を参考にすると選びやすいです。

  • 身長150センチ:ボールの直径45センチ
  • 身長150〜170センチ:ボールの直径55センチ
  • 身長165〜185センチ:ボールの直径65〜80センチ

ボールがどれくらいの重さまで耐えられるかは、自分の体重を2倍した数値を目安にします。

ハードな運動は不要、じっくり痩せ体質を育てよう

バランスボールは短期間で劇的に痩せる、という効果はありませんが、じっくりと確実に見えないところから痩せやすい体を育てられます。

まずは簡単にできるバランスボールに座るポーズから始め、少しずつできるポーズを増やしていきましょう。

バランスボールは、ダイエットはもちろんですが、姿勢が整うことで便秘、冷え解消効果も期待できるので、続ければ続けるほど綺麗になれますよ!