スキンケア

今あるシミは消せるの?シミケアに本当に必要なこととは

できてしまったシミを消したいけど、美白化粧品を使っても効果がない・・・。
日焼け止めを使っているのにシミが増えた・・・。

対策はしているのにシミが消えない、増えるのはその対策が間違っているからかもしれません。

シミケアは、まずシミができる原因を知って、原因を排除することから始めましょう。

そして、美白化粧品の本来の意味を知り、シミ消しに本当に必要なケアを継続することが大切です。

今回は、自宅で自分でできるシミケアについて解説します。

一般的な美白化粧品でシミが消えないのは当然?

一般的な美白化粧品でシミが消えないのは当然?

美白化粧品はあくまで予防のために使うもの

美白化粧品の口コミをチェックすると、「シミが消えない」「シミに効果がなかった」という声がいくつかあります。

一般的な美白化粧品でシミが消えないからといって、その化粧品に美白効果がないという訳ではありません。

むしろ、シミが消えないのは当然なのです。

使っている美白化粧品があれば、商品パッケージや公式サイトをチェックしてみてください。

「美白効果」という部分に米印がついていて、「美白とはメラニンの生成を抑制してシミ・そばかすを防ぐこと」と書いているはずです。

つまり、一般的な美白化粧品の多くは、予防スキンケアが目的で、すでにできてしまったシミを消すことが目的ではありません。

シミを消すためには、シミ消し効果のある美白有効成分が配合された化粧品や、シミ消しに必要な肌の生まれ変わりをサポートする地道なケアが必要です。

ネット広告で宣伝されている美白化粧品の中には、「シミが剥がれる!」などという表現で、いかにもシミがすぐに消えることを期待させるような商品があります。

シミに悩んでいる方の中には、つい広告をクリックして商品を購入しようか悩んだことがあるかもしれません。

しかし、シミは数日はおろか数週間かけてもすぐに消えません。

シミを今すぐにでも消したいなら、美容皮膚科でレーザー治療を受けるしかないでしょう。

お金をかけずにシミを消すためには、最低でも6ヶ月以上の期間が必要ということは覚悟して、諦めずにコツコツとケアを続けてください。

セルフケアで消えるシミと消えないシミ

シミは同じように見えて実は色々なタイプがあり、できる原因もそれぞれ違います。

  1. 老人性色素班
  2. ソバカス
  3. 肝斑
  4. 炎症後色素沈着

まずは自分のシミがどのタイプなのか、チェックしてみてください。自分では見極められない場合は、皮膚科で診断してもらいましょう。

①老人性色素斑

年齢が重なるにつれて新陳代謝が低下し、本来ターンオーバーで排出されるメラニンが排出されず肌に残ってできる色素沈着です。

②ソバカス

遺伝が主な原因でできる小さな点が広範囲に広がります。

③肝斑

目の下やほおに左右対称に現われるシミで、点ではなく面になった状態が多いです。主な原因は女性ホルモンのバランスの変化。

④炎症後色素沈着

ニキビなど肌に起きた炎症の影響でメラニン生成が過剰に行われ、ニキビが消えたあと、肌の代謝が低下しているとメラニンが色素沈着してできます。傷跡や虫さされなどでも起こることがあります。

①〜④の中で、セルフケアを続けて消せる可能性があるのが①、③、④です。ソバカスはセルフケアではなく、レーザー治療など美容皮膚科での手術が必要になります。

シミを消すために必要なこと

シミを消すために必要なこと

シミの原因を排除する

まずシミを消すためには、なぜシミができるのか原因を知って排除しましょう。

シミの主な原因は、

  • 紫外線や摩擦刺激によるメラニンの過剰生成
  • 生活習慣の乱れや食生活の偏り、ストレス、加齢によるターンオーバーの乱れ

紫外線は日焼け止め、または日焼け止め作用のあるベースメイクコスメを使って徹底的に対策しましょう。

摩擦刺激は洗顔や化粧品を肌につけるとき、マッサージの際に肌を強くこすらないようにして防いでください。

肌のターンオーバーを正常にキープする

ターンオーバーは10代の健康的な肌で28日周期です。年齢を重ねるごとに周期は長くなり、40代になると48日かかります。

目安としては、現在の年齢に1.2倍をかけてみてください。かけて出た日数が理想的なターンオーバーの目安になるのです。

ターンオーバーが正常な周期で働き、繰り返されると、シミ消し効果が少しずつ現われるようになります。

それでもシミによっては、消えるまでにかなりの時間が必要になるものもあるので、諦めずにターンオーバーを乱さないことが大切です。

ターンオーバーを正常に働かせるために、基本的な保湿ケアを丁寧に行うことと、生活習慣や食習慣を整えましょう。

ターンオーバの活性化に効果的な栄養成分として、アスタキサンチンやアルガトリウムがあります。これらの成分は主に魚介類に含まれており、なかなか気軽に摂取することが難しい成分です。気軽に摂取することができるアストリムがおすすめです。

生活習慣で一番大事なのは、睡眠です。

ただたっぷり寝るのではなく、睡眠の質をアップさせることで、ターンオーバーに必要な成長ホルモンの分泌が促進します。

睡眠の質をアップさせるためには、

  • 寝る時間と起きる時間を一定にする
  • 寝る1時間前からスマホやPCを使わない
  • できれば毎日湯船に浸かる

これだけでも睡眠の質がアップし、肌のターンオーバーが正常に働いてシミ消しスキンケアが効きやすくなります。

シミ消し効果が期待できる成分で部分ケア

美白化粧品には美白有効成分が配合されています。

美白有効成分は厚生労働省が美白に効果があると認めた成分で、メラニン生成を抑えてシミを防ぐ成分と、メラニンを排出する成分やメラニン色素を還元する成分があります。

シミ消し効果が期待できるのは、メラニンを排出する成分やメラニン色素を還元する成分です。

メラニンを排出するのは、

メラニン色素を還元するのは、

  • ハイドロキノン

消したいシミに部分的に使える美容液を使って部分ケアをしましょう。

さらに、新しいシミを増やさないために、顔全体に使える美白美容液を使って予防ケアも並行して行ってください。部分ケアと予防ケアを両方続けることで、今あるシミも未来のシミもケアできます。

ドラッグストアでは手に入らない!ハイドロキノン配合のシミケアアイテム

ビーグレン Qusomeホワイトクリーム1.9

画像引用:Amazon

独自の浸透技術で、肌の奥深くにハイドロキノンとビタミンC誘導体を浸透させ、今あるシミケアと未来のシミ予防ができます。

ハイドロキノンの濃度は配合率1.9%と規定量内に収めているので、肌刺激の心配なく使えるでしょう。

ビーグレンは低価格でトライアルセットを用意しているので、興味のある方はまずトライアルセットからお試しください!

詳しくはこちらの記事で解説しています。

ビーグレン初回限定トライアルキットがお得!

ビーグレン初回限定トライアルキットがお得!
価格 1800円
セット内容 ・クレイウォッシュ(15g)
・QuSomeローション(20mL)
・Cセラム(5mL)
・QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)
・QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

公式ページ

アンプルール ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110

画像引用:ampleur.jp

美白化粧品で有名なアンプルールのハイドロキノン配合部分シミ専用美容液です。

ハイドロキノンをマイクロカプセル化して、成分を安定状態で肌に浸透させ、美白作用を働かせます。
ゲル状の美容液で、シミ部分にピタッと密着して寝ている間にシミに浸透し、シミ部分で続いているメラニンの過剰生成を抑えるのです。

AMPLEUR(アンプルール)初回限定トライアルキットがお得!

AMPLEUR(アンプルール)初回限定トライアルキット
価格 1500円
セット内容 ・スポット集中美容液(3g)
・化粧水(20ml)
・薬用美白美容液(8ml)
・美容乳液(10g)
・クレンジング(パウチ2包)
・洗顔(パウチ2包)

公式ページ

サンソリット ホワイトHQクリーム

画像引用:sunsorit.co.jp

美白効果が高いハイドロキノンですが、刺激が強く安定しにくい成分なので、一般の化粧品では配合率を上限4%までと定められています。

サンソリットのクリームは、上限4%の高濃度のハイドロキノンを配合し、セルフケアでも高いシミ消し効果が期待できるクリームです。
高濃度だと刺激が心配になりますが、美容成分を16種類配合し、さらに防腐剤や石油系界面活性剤不使用、無香料、無着色、無鉱物油と無添加処方で肌への優しさも考えられています。

公式ページ
Amazonで詳細を見る

シミ消しスキンケアは6ヶ月以上の地道なケアが必要!

今回は自宅でできるシミ消しスキンケアをご紹介しましたが、効果が出るまでは6ヶ月以上かかります。
シミは表面上のものではなく、肌の奥深くにまで及んでいる肌トラブルなので、長期間のケアが必要なのです。

即効性を求めず、じっくりケアしてシミと向き合いましょう。
年齢を重ねるとターンオーバー周期が長くなり、シミ消し効果が出るまでさらに時間がかかるので、できるだけ早いうちから本格的なケアをして、透明感のある素肌を取り戻してくださいね。