登録商品数
10

LED美顔器の人気おすすめランキング

年齢を重ねて深刻化する肌のエイジングトラブルには、細胞レベルのスキンケアが効果的です。

とは言っても、化粧品でケアできるのは肌表面の角層までで、細胞に届くようなケアはできません。

細胞レベルの本格スキンケアを叶えるのが、LED美顔器です。光の効果で肌の細部にアプローチするLEDで、あらゆる肌悩みをケアできるんですよ。

今回は、LED美顔器の効果や特徴、おすすめ製品をご紹介します。

自宅で光エステができる!美顔器のLED機能

光=肌に悪い?

紫外線によって起こる肌の老化を、「光老化」といいます。

光老化は、年齢を重ねて起こる老化よりもタチが悪く、エイジングトラブルを進行させる原因の一つです。

線に対する防御反応として、皮膚は厚くゴワゴワになり、色も濃くなります。それがシミ、しわとなって現れます。

光老化で特徴的なことは真皮にあって皮膚の張りを保つ弾性線維が破壊され、お団子状態になる光線性弾性線維症という変化が起こることです。

引用:www.dermatol.or.jp

美肌をキープするために、紫外線対策をしっかり行う、というのは光老化を防ぐため何ですね。

このような「紫外線=肌に悪いもの」ということから、光全般が肌に悪いというイメージを持つ人は多いかもしれません。

しかし、実は光は紫外線のように有害なものもあれば、無害なものもあるのです。

肌に有害、無害な光について

肌に悪い光で私たちの身近にあるものは、紫外線です。では、肌に無害な光とは何でしょうか?

肌に無害な光で美容や医療にも使われているのが、LEDです。

エステやクリニックでは、光照射施術にLEDを使用しています。

「LEDって電球やライトに使われているあれ!?」と驚くかもしれませんね。LEDは家電を中心に多く使われている光で、発光ダイオードと言います。

赤色、緑色、と色によって開発時期が違い、2014年には青色LEDの開発で日本人3名がノーベル賞を受賞しているんです。

LEDは紫外線を含まず、肌に当てても光老化を起こさず、血流を促進させる効果があります。

エステで行われる光照射施術とは?

光照射施術では、肌に無害な光を照射して肌の奥深くに働きかけます。

光は皮膚や筋肉に直接作用するのではなく、光の持つエネルギーによって細胞を活性化させるのです。

光照射施術は、

  • ニキビやニキビ跡
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

など、化粧品で行うセルフケアでは難しい肌トラブルがケアできます。

レーザー施術や注射を使うボトックス施術と違い、痛みはなく薬剤の使用もないため、肌質問わずに受けられる施術です。

価格も1万円以内で受けられるため、他の施術に比べると手軽に受けられます。

LEDに限らず、光照射エステの効果は施術される人によって差があるとされていますが、人体に有害な波長の光を含まないLEDは、安全性の面からも美容の分野でその活用の幅を広げています。

引用:www.otsuka-shokai.co.jp

自宅で光エステができるLED美顔器

LED美顔器は、自宅で安全に光照射ができるように作られた美顔器です。

美顔器は、エステやクリニックで使われる機器よりも出力が低く作られているため、本格的な施術で期待できる効果は得られません。

しかし、使い続けることで少しずつ効果が現れるため、デイリーケアに取り入れればセルフケアの質がグッとアップします。

LED機能付き美顔器を選ぶときのポイント

LED機能付き美顔器を選ぶときのポイント

肌悩みに合うLEDの色を選ぶ

LEDは色によって肌に与える効果が違うので、自分の肌悩みに合う色を選ぶことが大切です。

赤色LED

赤色LED

ケアできる肌悩み

しわ、たるみ、ニキビ、ニキビ跡

ミトコンドリアに作用して細胞を活性化させ、肌の弾力、ハリを高めてプリッとした肌へと導きます。

真皮にある弾力成分、コラーゲンやエラスチンが生まれやすくなるため、年齢とともに弾力成分が減少して起こるたるみの進行を食い止めます。

真皮のケアは化粧品だけでは難しいですが、赤色LED機能がついた美顔器を取り入れると、真皮に働きかけるセルフケアが可能になるため、エイジングケアにぴったりです。

炎症を抑える働きもあり、ニキビやニキビ跡のケアもできます。

青色LED

青色LED

ケアできる肌悩み

ニキビ

ニキビの原因になるアクネ菌を殺菌してニキビを予防、ケアします。

青色LEDをアクネ菌に照射すると、アクネ菌内で活性酸素が発生し、菌を酸化させるのです。

また、皮脂分泌のバランスを整える作用もあるため、テカリを抑えたり、皮脂が詰まってニキビが発生したりと、皮脂トラブルも予防します。

緑色LED

緑色LED

シミの原因になるメラニンの働きを抑え、メラニンの色素沈着を防ぎます。

シミは美白化粧品でケアすることもできますが、化粧品は角層より深くまで浸透しません。

メラニンが生まれるのは、角層より深くにある基底層の細胞で生まれるため、美白化粧品の成分が効きにくいのです。

LEDは、細胞に直接働きかけるため、美白化粧品よりも効果的なシミケアが期待できます。

黄色LED

黄色LED

皮膚のリンパの流れを促進させます。

皮膚のリンパ管は、真皮の乳頭層にあり、毛細血管とともに表皮の基底層の細胞に栄養を送り込み、皮膚の新しい細胞を生み出すサポート的存在です。

表皮の基底層の細胞は、ターンオーバーによって少しずつ角層まで押し上げられます。

リンパや血管の流れがスムーズになると、ターンオーバーが正常に行われ、日頃のお手入れの効果が実感しやすくなります。

エイジングケアには他の機能を組み合わせた多機能美顔器を選ぶ

美顔器はエステ施術と違い、家庭で安全に使えることを前提に作られているため、どうしても効き目はエステ施術より劣ってしまいます。

しかし、機能が複数ついているものを選べば、他の機能の効果と相乗するのでより高い効果が期待できるのです。

特に、年齢を重ねると肌トラブルが増えるため、今はないトラブルもいつか現れるかもしれません。

多機能美顔器があれば、年齢を重ねた時に現れる肌トラブルの対策も可能です。

LED機能は、多機能美顔器の機能の一つについていることが多く、他の機能と合わせてトータルケアをすると良いでしょう。

使いやすいデザインのものを選ぶ

女性が美顔器を選ぶ上で重視しているのは、使いやすさという調査結果があります。

どんなに良い機能がついていても、使いにくい美顔器だと使うのが面倒になってしまい、ケアが続きません。

  • 美顔器のヘッド部分が肌に当てやすいように設計されている
  • 片手で持ったままでも手が疲れない
  • 充電式コードレス

この三つのポイントをクリアしている美顔器は、使いやすいので無理なく手軽にケアを続けられます。

できれば三つのポイントを叶える美顔器を選びましょう。

おすすめLED美顔器のランキング

第1位
ヤーマン
フォトプラス EX
 5.0 1件

ラジオ波にイオン導入&導出、EMS、マイクロカレント、そしてLED光エステ機能まで、贅沢機能の多機能美顔器です。

ラジオ波とEMSにより、肌のシワやたるみを集中的にケアしながら、イオン導入&導出による美容成分の高浸透とディープクレンジングもできます。

目元のシワやたるみをケアできるアイケアモードが搭載されているため、目元トラブルにも使えるのがポイントです。

内容量・参考価格参考価格:49500円
特徴・乾燥ケア
・毛穴の黒ずみケア
・ほうれい線やたるみのケア
第2位
美ルル
美ルル プレミアム
 0.0 0件

振動エステから高浸透ポレーション機能、光エステ機能まで搭載したエステ級のフェイシャルケアができる美顔器です。

コラーゲンやヒアルロン酸、美白有効成分のプラセンタエキスまで、あらゆる美容成分を高浸透させ、乾燥から美白ケアまでトータルケアできます。

口コミではEMSの刺激が少々強め、という声が多いですが、出力を調整できるため、自分好みの強さでリフトアップできます。

お値段が手頃で機能も豊富についているので、初美顔器として人気が高いです。

内容量・参考価格参考価格:18,700円
特徴・シワやたるみのケア
・ほうれい線対策
・エレクトロポーション搭載機種
第3位
リベラータ
ララルーチュRF
 0.0 0件

杉本彩さんプロデュースの多機能美顔器です。

コラーゲンのような分子が大きい成分まで浸透させるコアパルス機能から、刺激の弱さを調整できるEMS、肌の気になる部分を集中ケアできるLED光エステ機能など、贅沢な機能を1回5分の使用で肌に働きかけます。

肌の細かい部分にまでフィットするコンパクトなヘッドになっており、テレビを観ながら、音楽を聴きながらと、ながら作業でも本格的にフェイシャルケアができる美顔器です。

内容量・参考価格参考価格:33000円
特徴・乾燥肌対策
・たるみやほうれい線のケア
・ニキビ跡のケア
第4位
美ルル
美ルル クラッシィ
 0.0 0件

デイリースキンケアからエイジングケアまでできる、多機能美顔器です。

超音波機能、イオン導入&導出、さらにLEDによる光エステまでできます。美顔器本体にはボタンが二つ、液晶パネルをチェックしながら操作するシンプルな構造です。

充電式なのでコンセントが近くにない場所でも使えます。

内容量・参考価格参考価格:11340円
特徴・シミやくすみのケア
・毛穴の黒ずみ対策
・むくみのケア
第5位
ヤーマン
フォトプラス プレステージ SS
 0.0 0件

『フォトプラスプレステージ』はヤーマン最上位モデルの業務機器レベルのハイスペックモデルです。

他のモデルと比べると価格は高く設定されていますがその効果は本物です。年齢肌やエイジングケアを始める方に試していただきたいおすすめの美顔器です。

デリケートな目もとに優しく密着するアイケア専用ヘッドを新搭載。10機能を4つのモードに最適プログラミングして効率的なケアをを実現してくれます。

内容量・参考価格参考価格:165,000円
特徴・シリーズ最大出力のRF
・アイケア専用電極×回転式ヘッドを搭載
・イオン導出、イオン導入とEMSの同時出力が可能
第6位
美ルル
美ルル リバース
 0.0 0件

高浸透機能や振動エステ、光エステ機能と搭載機能は美ルルプレミアムと同じですが、大きな違いはより使いやすくなったデザインです。

顔に当てるヘッド部分がU字型になっており、目元や口元のキワ、輪郭にしっかりフィットします。顔の形状にフィットするU字型ヘッドは口コミでも好評です。

使いやすいと三日坊主にならずに使い続けられますね。EMSの刺激もしっかり伝わり、リフトアップ効果も高く期待できるという声が寄せられていました。

目元や口元のシワやたるみもしっかりケアしたい、という方にはぴったりの使いやすいデザインです。

内容量・参考価格参考価格:22080円
特徴・美容成分を壊さずにそのまま届ける!
・顔筋に作用しゆるみケア
・じゅんわり肌温度を上昇して美肌パワーを引き出す!
第7位
美ルル
hikari
 0.0 0件

お手軽美顔器で人気の美ルルから、本格的なスタンド型LED美顔器が販売されています。

おすすめポイントは、三面鏡スタンドパネルで顔全体に満遍なくLEDが当たるところと、色を組み合わせて使えるところです。

例えば、赤と黄色のLEDを組み合わせて使えば、赤色LEDによるリフトアップ効果と黄色LEDによる代謝促進でより美肌に近づけます。

内容量・参考価格参考価格:43,800円
特徴・LEDの色は赤、青、黄色
・エステサロンでも使われている業務用仕様
・三面鏡の作りで顔の横にまでしっかりとLEDが当たる
・色を組み合わせて使用できる
第8位
ヤーマン
フォトプラス
 0.0 0件

フォトプラスは、1台5役のオールインワン美顔器です。

乾燥や毛穴、たるみ、シミなど、エイジングトラブルをトータルでケアできます。

毛穴ケアに保湿、リフトアップ、温熱ケアと合計5つのモードが用意されており、自分の肌悩みに合わせて集中的なトリートメントが可能です。

それぞれの機能にラジオ波を組み合わせ、効果を高めるという特徴は、フォトプラスシリーズ全てに共通しています。

ヤーマンの多機能美顔器の中では、比較的お求めやすい価格です。

内容量・参考価格参考価格:40,700円
第9位
ヤーマン
フォトプラス シャイニー
 0.0 0件

1回のケアがわずか3分で手軽に使えるのがヤーマンフォトプラス シャイニーの最大の特徴です。

多機能でクレンジングや美容液の浸透、リフトアップ、表情筋ケア等幅広いケアを実現します。

シリーズ初の毎日利用できる「デイリーケア」(1回3分)スペシャルケアに「ウィークリーケア」(1回13分)の本格ケアが行えます。

3分のデイリーケアで、肌の水分量が46%upしたという臨床試験結果あり。4週間のデイリー&スペシャルケアで、ハリが12%upとうい臨床試験結果あり。

クレンジング機能もコットンなしでケアできるのでズボラなら人でも気軽に取り入れる事が出来ます。

内容量・参考価格参考価格:58,300円
特徴・1日3分でケア完了
・乾燥・目元・フェイスラインまでケア1台でOK
・「WEEKLYモード」でスペシャルケアも可能
第10位
ヤーマン
フォトプラス smart
 0.0 0件

フォトプラスsmartは、ヤーマン美顔器の中で唯一肌の状態を詳しくチェックできる機能がついています。

スマートレンズをスマホに装着し、専用アプリを使って肌測定ができるのです。

測定できるのは、キメ、シミ、角栓、毛穴、美白、水分の6項目で、測定結果を元にアプリが肌に合うトリートメントを提案します。

日によって違う肌状態に合わせたケアを行えるため、肌コンディションが変わりやすいゆらぎ肌タイプの人にぴったりの美顔器です。

自分の肌タイプがよくわからない、という方も、肌測定を続けることで肌タイプがわかるようになり、化粧品選びが楽になるでしょう。

肌測定ができる点以外は、フォトプラスEXと機能が同じなので、肌測定をしたいかどうかが選ぶときに重視するポイントになります。

内容量・参考価格参考価格:110,000円
第1位
美ルル
美ルル プレミアム
 0.0 0件

振動エステから高浸透ポレーション機能、光エステ機能まで搭載したエステ級のフェイシャルケアができる美顔器です。

コラーゲンやヒアルロン酸、美白有効成分のプラセンタエキスまで、あらゆる美容成分を高浸透させ、乾燥から美白ケアまでトータルケアできます。

口コミではEMSの刺激が少々強め、という声が多いですが、出力を調整できるため、自分好みの強さでリフトアップできます。

お値段が手頃で機能も豊富についているので、初美顔器として人気が高いです。

内容量・参考価格参考価格:18,700円
特徴・シワやたるみのケア
・ほうれい線対策
・エレクトロポーション搭載機種
第2位
美ルル
美ルル クラッシィ
 0.0 0件

デイリースキンケアからエイジングケアまでできる、多機能美顔器です。

超音波機能、イオン導入&導出、さらにLEDによる光エステまでできます。美顔器本体にはボタンが二つ、液晶パネルをチェックしながら操作するシンプルな構造です。

充電式なのでコンセントが近くにない場所でも使えます。

内容量・参考価格参考価格:11340円
特徴・シミやくすみのケア
・毛穴の黒ずみ対策
・むくみのケア

登録されてる商品がありません。

LED機能に特化したスタンド型LED美顔器

顔全体にLEDを当てて本格光フェイシャルエステ

エステで行われる光照射エステのように、パネルから発生するLEDで顔全体をケアできるのが、スタンド型LED美顔器です。

ハンドサイズの美顔器と比べて効果は高く期待できますが、デメリットもあるので人によって向き、不向きがあります。

スタンド型LED美顔器のメリット

  • 手ぶらで顔全体をムラなくLEDでケアできる
  • LEDライト数が多く、光をたっぷり浴びれる
  • 肩やデコルテ、背中など広範囲のケアも可能
  • エステの光照射施術に近い効果が期待できる

大きなパネル全面からLEDを発生させるため、多機能美顔器についているLED機能よりもハイパワーで、光をたっぷり浴びれるので、スキンケア効果は比較的高いです。

また、広い範囲のケアが可能なので、肩やデコルテ、背中のケアもできます。使うときは、目に光が当たらないように専用のサングラスのようなものをつけて使います。

スタンド型LED美顔器のデメリット

  • ケアに時間がかかる
  • ケアの間はパネルの前から動けないので、じっとしていなければいけない
  • 目を保護するアイテムを使うため、ながらケアができない

時間は10分〜15分と多機能美顔器よりもケアにかかる時間は長め。

また、目に光が当たらないように目を専用アイテムで保護するので、ケアの間はテレビを見たり雑誌を読んだりできないので退屈です。(音楽やラジオを聴くなどはできます)

じっとしているのが苦痛、という人や時短を望む人には不向きかもしれません。

美顔器のLED機能の注意点

目に光を当てない

美顔器のLED機能を使うときは、目に直接光を当てないようにしてください。

特に青色LEDを目に当てると、目の細胞がダメージを受け、眼病の原因になる可能性があります。

LEDの光が目に入らないように、目元に近い部分に美顔器を使うときは必ず目を閉じるようにしましょう。

毎日使わない

いくら肌に良いから、と言っても毎日美顔器でLED機能を使うのはNGです。

肌本来の回復力や機能が乱れる可能性があります。

これはLED機能に限らず、超音波やラジオ波、EMS機能でも同じことです。

美顔器を使うケアは、いわば攻めのようなもので、電気刺激や熱、光の刺激で肌トラブルと戦います。

攻めばかり続いていると、肌は休んで機能を回復する時間がありません。

適度に休みを与えながらケアを続けることが大事です。

美顔器のメーカーによって違いはありますが、まずは週に1回のペースで緩やかなケアから始めて、肌の調子を見ながら少しずつケアの回数を増やすと良いでしょう。

まとめ

LED美顔器を使えば、肌の奥深くに潜んでいるエイジングトラブルの原因を抑えて、先回りしたエイジングケアができます。

他の機能も使える多機能美顔器と、エステでも使われているパネル式のLEDに特化した美顔器の二種類がありますが、手軽に使い続けることを考えると多機能美顔器がおすすめです。

手持ちの美顔器がすでにあり、時間をかけてじっくりケアしたい人には、本格的なケアができるパネル式LED美顔器を選ぶと良いでしょう。