スキンケア

化粧水の付け方それで大丈夫?基本テクと肌悩み別テク

いつも何気なく付けている化粧水ですが、「本当にこの付け方でいいのかな?」と不安に思うことはありませんか?

せっかくいい化粧水や話題の化粧水を使っているのに、肌の潤いがイマイチ、という人は化粧水の付け方に問題があるのかもしれません。

正しい化粧水の付けかをマスターすれば、肌の潤いだけではなく透明感もアップしますよ!

今回は、化粧水の正しい付け方について解説します。

コットンと手、化粧水の付け方で正しいのはどっち?

コットンと手、化粧水の付け方で正しいのはどっち?

コットンと手、肌の状態に合わせて使おう

どちらの付け方が正しい、悪いということはありません。
どちらにもメリットはあります。
コットンで化粧水をつけると、顔全体にムラなくつけることができますし、手でつけると肌の状態を化粧水をつけるたびに確認できます。

しかし、どちらも付け方を間違えると肌に負担をかけるので、正しい付け方をマスターすることが大切です。

コットンで化粧水を付けるときの注意点

  • 肌をコットンでこすらない
  • パタパタパッティングしない

コットンはたっぷりの化粧水で肌をやさしく撫でるように付けます。ゴシゴシこすると、肌表面の健康的な角質が剥がれやすくなり、乾燥が悪化する原因になるので要注意です。

また、コットンで肌をパタパタ叩くように付けると、肌に赤みができてしまいます。

手で化粧水を付けるときの注意点

  • 表情が変わるくらい肌をひっぱらない
  • パタパタパッティングしない

手で化粧水を付けるときも、コットンの注意点と同じでパッティングはしないようにしましょう。肌は私たちが思っている以上にデリケートです。

肌を叩くように化粧水を付ける習慣は、肌内部の毛細血管を傷つけるため、肌に赤みができるようになります。

また、化粧水を付けるときにリフトアップを期待して肌をひっぱるのも、肌に負担をかけるNGテクニックです。リフトアップどころか、逆にシワができやすくなります。

手で化粧水を付ける基本テクニックは、全体に手を内側から外側にやさしくスライドさせ、細かい部分は指先で化粧水を馴染ませ、最後にハンドプレス、というふうに行いましょう。

コットンも化粧水も、肌の状態によって付け方を変えるのが効果的です。

記事の後半では、ニキビ、毛穴、乾燥、肌トラブル別におすすめの化粧水の付け方を解説しているので、そちらもご確認ください!

時間帯によって変える!朝と夜の化粧水の付け方

時間帯によって変える!朝と夜の化粧水の付け方

朝はプレ保湿とじっくり保湿でW化粧水使い

朝は、洗顔後のプレ化粧水ととろみ化粧水でじっくり保湿をして、日中の乾燥に備えます。

プレ保湿は、コットンを使った付け方とミスト化粧水を使った付け方の二つのタイプがありますが、自分のやりやすい方法を選んでOKです。

プレ化粧水は、バシャバシャとした水のようなテクスチャーの化粧水で、肌をふやかすために使います。洗顔後は1秒でも早く化粧水をつけるために、洗顔スペースに化粧水を常備しておきましょう。

コットンを使ったプレ化粧水の付け方

  1. 洗顔後すぐにコットンに化粧水をたっぷり含ませます。
  2. コットンで肌を軽く押さえるようにして、やさしく化粧水を馴染ませてください。
  3. 顔を保湿したら、そのまま首筋、耳の裏まで拭き取ると、古い角質や汚れが取れてスッキリします。

ミスト化粧水を使ったプレ化粧水の付け方

  1. 洗顔後すぐにミスト化粧水を顔全体に吹きかけます。
  2. ボトルをくるくると回しながらミストを吹きかけます。
  3. 5〜6回吹きかけて、顔全体がビシャビシャになるまで保湿し、手で軽く馴染ませます。しっかり馴染ませると逆に水分が奪われるので、あえて放置してください。

とろみ化粧水は、3回に分けて付けるのがポイントです。

化粧水の量は、最初は500円玉サイズ、次は100円玉サイズ、最後は1円玉サイズ、と少しずつ量を調整します。

とろみ化粧水の付け方

  1. 手のひら全体に化粧水を馴染ませて、顔全体を包みこむようにしてハンドプレスします。
  2. 化粧水を追加して、乾燥しやすいほおに重ねます。左右の手のひらを交互に下から上に向かって動かすと、毛穴の開きに効果的です。
  3. さらに化粧水を追加し、指先に化粧水を馴染ませ、目元、口元、小鼻など細かい部分に指で叩き込むようにして付けます。

疲れた肌をリセット!夜の化粧水の付け方

夜は一日中受けた紫外線や乾燥、有害物質など、肌が受けたダメージを修復する時間帯です。化粧水はじっくり保湿できるように、コットンパックやシートマスクを使います。

パックをすると水分がじっくり肌に浸透し、角質層が水分で満たされて自然なツヤが生まれますよ!

また、化粧水の浸透をよくするために、ブースターを使用するとより肌が潤ってダメージが修復されやすくなります。

ブースターには、フェイシャルオイルを使うのがおすすめです。オイルは保湿力が高く、肌を柔らかくする働きがあるので、乾燥でこわばった肌をほぐし、水分が浸透しやすくなります。また、油分を先に浸透させると、あとから浸透する水分を抱え込んで保湿力もアップします。

コットンパックの方法

  1. お風呂上がりや洗顔のあとにオイルを1、2滴顔に馴染ませます。
  2. 大きいコットンに化粧水をたっぷり浸し、1枚のコットンを2枚→4枚に裂きます。
  3. 両頬、鼻、おでこ、あごにそれぞれコットンを貼り付けてください。できるだけ隙間ができないようにコットンを軽く引っ張りながら貼ります。
  4. パック時間は5分、毎日行うと乾燥知らずのみずみずしい肌が育ちます。

肌悩み別の化粧水の付け方

肌悩み別の化粧水の付け方

ニキビ

ニキビができているときは、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2KやビタミンC誘導体配合の化粧水がおすすめです。

化粧水の付け方は、とにかくニキビを刺激しないように、肌を摩擦せず付けましょう。ニキビができているときは肌が敏感な状態なので、コットンより手を使った付け方で化粧水を付けてください。

化粧水は両手でハンドプレス→目元や口元など、細かい部分は指先で馴染ませます。夜は化粧水を全体に付けたあと、専用のニキビ薬を塗って眠りましょう。

毛穴

毛穴の開きにはコットンパックがおすすめです。

コットンでじっくりと水分を与えると、角質層が柔らかくなり、毛穴の開きが目立ちにくいふっくらとした肌に育ちます。

コットンパックに使うコットンですが、できれば質のいい化粧品メーカーから発売されているものを使いましょう。安いコットンはコットンを裂いたときに毛羽立ちやすいのがデメリットです。

大判で毛羽立たない上質なコットンで、肌刺激を与えずにパックしてください。資生堂の「お手入れコットン」は400円で80枚入り、とハイクオリティなのにプチプラでおすすめです。

乾燥

肌が乾燥していると、角質層が潤い不足で顔色がどんよりくすんだ色になります。化粧水の付け方を工夫すれば、潤いで透明感のある肌に仕上げられます。

肌の乾燥、くすみが気になるときは、化粧水を合計3回重ねましょう。

乾燥が気になるときの化粧水の付け方

  1. 手のひらをくぼませ、くぼませた部分に化粧水をためます。
  2. 化粧水を両手に広げて、顔全体に馴染ませます。内側→外側に向かって広げてください。
  3. おでことあごは手のひらで、目元や口元は指先で化粧水をつけます。
  4. 1〜3を2セット繰り返し、化粧水を重ねましょう。
  5. 3セット目は、特に乾燥しやすいほお、目元、口元を中心に化粧水をつけます。

プチプラ派もこだわり派も!肌質別おすすめ化粧水6選

プチプラ2,000円以内のおすすめ化粧水

DHC アセロラローション

<無香料、無着色、パラベンフリー、天然成分配合、弱酸性>

「保湿もしたいけど、シミやソバカスも予防したい」と、保湿と美白のWケアがしたい方におすすめなのが、ビタミンCたっぷりのアセロラローションです。

レモンの34倍のビタミンCを含むアセロラエキスは、紫外線ダメージはもちろん、毛穴を引き締めて余分な皮脂分泌を抑える効果も期待できます。アセロラエキスの他には、ビタミンC誘導体やプラセンタも配合されているので、年齢肌のケアにもぴったりです。保水力の高いアロエベラエキスの力で、肝心の保湿力もバッチリ。

詳細はこちら

ミノン モイストチャージローションⅠ(しっとり)

<無香料、無着色、アルコールフリー、弱酸性>

保湿力が高いのにべたつかない、べたつかないのにつけたあとの肌はしっとりするミノンの化粧水です。

アミノ酸をチャージして、キメの整ったふっくらみずみずしい肌に育てます。乾燥している肌の角質層を柔らかくして、美容液、乳液が浸透しやすくなり、スキンケア効果もアップ!

詳細はこちら

2,000円以上のこだわりおすすめ化粧水

オルビスユー ローション

<ノンオイル、無香料、無着色>

とろみ系テクスチャーなのに、肌にのせるとパシャッと弾けるように浸透する使い心地が新鮮な、オルビスの保湿化粧水です。

肌細胞の隅々にまで水分を巡らせ、内側からツヤっと輝く肌を育てます。年齢を重ねるにつれて、肌のくすみや毛穴の開き、化粧品の浸透の悪さが気になっている方におすすめです。

オルビスは、年齢肌の不調の原因を細胞の水分不足としています。オルビスユーのローションは、細胞レベルの保湿を叶えて、肌本来の保湿力をサポートして肌ツヤのいい素肌を目指せます。

現在筆者も愛用している化粧水です。肌にのせた瞬間の「トロッパシャッ」というテクスチャーは、一度使うとやみつきになりますよ!

詳細はこちら

チャントアチャーム ローションR

<石油系界面活性剤、鉱物油、パラベン、合成香料、シリコン不使用>

「できるだけ肌には負担をかけたくない」「化粧品の成分が気になる」という方にオススメです。

主成分は、北アルプスの温泉水、天然ハーブや天然由来アミノ酸など、天然成分にこだわって作られています。とろみ系テクスチャーと、リラックスできるやさしいハーブの香りで、使い心地もいい化粧水です。

ニキビ予防にいいダイコン発酵エキスが多く含まれているので、大人ニキビや生理前のニキビにお悩みの方にもぴったり!

詳細はこちら

エトヴォス モイスチャライジングローション

<シリコン、パラベン、界面活性剤、鉱物油、合成香料、タール系色素>

「何を使っても乾燥しちゃう!」という方は、セラミド配合の化粧水を使ってみてください。

セラミドは、肌に元々存在する成分なので、肌馴染みがいいんですよ。セラミド配合の基礎化粧品なら、肌に負担をかける成分を使わないエトヴォスがおすすめです。

肌の水分蒸発を防ぐタイトジャンクションという肌の機能をサポートし、肌本来の保湿力を底上げします。

詳細はこちら

ビオデルマ イドラビオ モイスチャライジングローション

<無着色、アルコールフリー、オイルフリー、パラベンフリー、弱酸性>

与えても与えてもパサついてしまう肌を、プルプルの水分に満ちた肌に育てるビオデルマの化粧水です。他の化粧水にはない、「水分の通り道」に着目して作られているから、極度の乾燥肌でも水分がグングン浸透します。

素肌に潤いを与えるアップルシードエキスや、肌を整える皮膚コンディショニング成分を配合。テクスチャーはべたつかずサラサラだから、急いでいるときも素早く保湿、ベースメイクに移れます。

詳細はこちら

コットンパックにおすすめの化粧水

無印良品 化粧水敏感肌用 しっとりタイプ

<無香料、無着色、無鉱物油、弱酸性、パラベンフリー、アルコールフリー>

「とにかく安くコスパがいい化粧水が欲しい!」そんな方にぴったりなのが、無印良品の敏感肌シリーズの化粧水です。1,000円以内で購入できるプチプラですが、肌に負担をかける成分がフリーなので、刺激の心配なく使えます。また、400mlと大容量なので、贅沢にバシャバシャ使えるのも魅力です。

乾燥がひどいときは、コットンパックでたっぷり使えます。筆者は、お風呂上がりや洗顔後のプレ化粧水として使っていますが、体にも使えるのでコスパも抜群。できるだけ出費は抑えたい、けど肌にやさしい化粧水を探している方にはベストでしょう。

詳細はこちら

菊正宗 日本酒の化粧水 高保湿

<無着色、無鉱物油、弱酸性>

しっとりするのにベタつかない、日本酒ベースの化粧水です。保湿力が高く、アミノ酸豊富な日本酒は、スキンケア効果が高く期待されています。

日本酒成分を贅沢にたっぷり配合し、さらにプラセンタエキスとアルブチンを配合して保湿力を高め、しっとりぷるぷるの肌に仕上げます。ポンプ式で使いやすいパッケージもポイントです。無印良品の化粧水と同じで、体にも使えてコスパがいいので、プチプラ派には使いやすいでしょう。

詳細はこちら

イミュ ハトムギ化粧水

コットンパック向けの化粧水、といえばハトムギ化粧水をイメージする人は多いはず。ご存知プチプラ大容量化粧水のベストセラーです。他の化粧水と比べると、成分フリーがないのが欠点ですが、配合成分はシンプルなので、刺激の心配はないでしょう。

抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kが配合されているので、ニキビや肌荒れの予防が期待できます。そして、ハトムギエキスが角質層に潤いを与え、みずみずしい素肌を育てます。大容量500mlで、お財布の心配なく、惜しみなくたっぷり使えるのが魅力ですね。

詳細はこちら

化粧水の付け方をマスターして素肌のうるおいアップ!

化粧水は丁寧に、じっくりと付けることで保湿力がアップします。

化粧水の付け方は、コットンでも手でも、「こすらない、叩かない」2点を守ることが大切です。肌の調子がイマイチ、乾燥が気になる、という方はまず化粧水の付け方を見直してみましょう。