スキンケア

今すぐできる乾燥肌対策としての正しいスキンケアの方法

メイクのノリが悪かったり肌がカサカサしたり……乾燥肌に悩んでいる方は少なくはありません。乾燥肌の中でも顔が乾燥している場合には、毎日のクレンジングや洗顔などのスキンケアに原因があるのかもしれません。

今回こちらでは乾燥肌対策の中でも「スキンケアの見直し&改善」に着目し、正しいスキンケアの方法や乾燥肌対策のために気をつけておきたいポイントをわかりやすく解説いたします。

はじめに 乾燥肌って?どんな症状?

まず乾燥肌とは、その名の通り肌の水分、そして肌の水分蒸発を防ぎ保湿の働きを担っている皮脂も足りていない状態のことを指します。

洗顔後やお風呂上がりといったタイミングで肌がカサつく・肌がつっぱるなどの症状が見られやすいほか、下記のような症状が顔の乾燥肌の特徴として挙げられます。

  • 肌のカサつく
  • 洗顔後やお風呂上がりに肌のツッパリ感がある
  • カサつきだけでなく、肌表面に粉を吹くことがある
  • メイクのノリが悪くなる
  • 肌のハリやツヤがない
  • 肌がくすんで暗い印象になる
  • 肌が痒くなったり赤みが出たりする

特に顔の中でも乾燥しやすい部位は、口や目の周り・頬と皮脂分泌量がもともと少ないところです。

乾燥肌が生じるメカニズムは?原因は?

乾燥肌が生じるメカニズムは?原因は?
では、乾燥肌が引き起こされる原因やメカニズムは一体どのようなものでしょうか?

肌の潤いと大きく関係する「肌のバリア機能」

そもそも健やかな状態の肌は、肌組織の中でも表面である角質層が担う「肌のバリア機能」によって紫外線や細菌をはじめとした肌の外からの刺激から肌組織が守られています。

肌のバリア機能が正常な状態にあれば、肌内部の水分をキープ&蒸発を防ぎながら潤いのある肌を保つと同時に、外的刺激から肌の状態を正常に保つことが可能です。

しかし、肌のバリア機能が低下すると、肌内部の水分が外へと逃げていきやすくなり乾燥肌が引き起こされやすくなります。加えて乾燥肌では、本来の健やかな状態では悪影響を受けにくい少しの刺激からも赤みを伴う痒みやピリピリ感といった肌トラブルのリスクも高まります。

そのため、乾燥肌の改善・予防には、「肌のバリア機能を正常な状態に保つことで、肌内部の水分を逃さずにキープする」という肌バリア機能を守るアプローチが必要不可欠となります。

肌のバリア機能が低下する原因

乾燥肌の根本的原因とも言える「肌のバリア機能の低下」が引き起こされるのは、主に下記のような6つの原因が挙げられます。

  1. 肌のターンオーバーの乱れ
  2. 季節の変化やエアコンの長時間使用による空気の乾燥
  3. 紫外線から受けるダメージ
  4. 合っていないアイテムの使用や間違った入浴法・スキンケア
  5. 肌を健やかな状態に保つために必要な栄養素の不足
  6. 加齢に伴う肌内部の潤い保持成分の減少や皮脂分泌量の低下

乾燥肌は水分や皮脂が不足している状態ではありますが、ただ単に保湿ケアを行ったからと言ってすぐに解決されないのは……根本的な原因である「肌のバリア機能の低下」は、上記のような毎日の習慣や生活環境など様々な要因に大きく左右されるからだと考えられます。

特に顔での乾燥肌に関しては、毎日のスキンケアが原因であることも考えられます。スキンケアを間違った状態で続けていたり、合っていないにも関わらず我流の方法を行っていたり……毎日のスキンケアを見直し正しい方法で行うだけでも、顔の乾燥肌対策・改善に役立てられますよ。

乾燥肌対策としての正しいスキンケア方法は?

乾燥肌対策としての正しいスキンケア方法は?
顔の乾燥肌対策としては、やはり毎日の洗顔やスキンケアを正しく行ったり使用するアイテムに気をつけたりすることが基本であり最も大切なことです。

そこで、正しいスキンケアの順番や方法、乾燥肌対策として使用するアイテムの中で注目したい配合成分について着目していきます。

まずは正しいスキンケアの方法について、正しい順番である「クレンジング→洗顔→化粧水&美容液→乳液&クリーム」のステップごとに順に見ていきましょう。

ステップ1:クレンジング

肌に合っていて負担が少ないクレンジング剤で、できる限りこすらずにすばやくメイクオフを行いましょう。こうすることで「保湿に必要な皮脂を過剰に落としすぎる」といった乾燥肌の原因を避けられるようになります。

また、肌馴染みの良いアイテムを使えば必要以上に擦らずに済み、肌への負担を抑えられますからお勧めですよ。

乾燥肌で敏感になっている場合には、コットンの使用も肌への刺激になり得ます。そのため、コットンを用いたメイクオフ、あるいはクレンジングシートの使用は極力避けましょう。

その点、乾燥肌の方には「保湿に必要な皮脂は残しつつ汚れをスッキリと落とせられるオイルタイプ」がお勧めですし、後の洗顔で洗い落とせられるタイプであればトータルでの肌への負担も少なく済みますよ。

クレンジングおすすめランキング【まっさらな肌に戻してくれる人気アイテム30選】あなたにおすすめのクレンジングが必ず見つかります!クレンジングは主に水と油分、界面活性剤で作られています。そして、その配合バランスによって・クリームタイプ・ミルクタイプ・ ジェル、リキッドタイプ・オイルタイプ・ローション(シート)タイプと、何種類かのタイプに分かれ、それぞれ洗浄力や向いている肌質が異なります。...

ステップ2:洗顔

「洗顔料の泡立てを甘くし、顔の表面で泡立てる」というのは肌に最も負担を与えるNG洗顔です。

まずは、キメが細かくモッチリとした泡になるよう、洗顔料をしっかりと泡立てましょう。泡が細ければ細かいほど肌の汚れを吸着し、短時間で汚れを落としやすくなります。

加えて、たっぷりと作った泡で顔を洗う際には、手でこすらないように!「手と肌の間のたっぷりある泡で綺麗にするイメージ」で、優しく撫でるように洗いましょう。すすぎ残しがないよう、ぬるま湯でしっかりと洗い流してくださいね。

すすぐ際の水温は高くても32℃~34℃と人肌程度のぬるま湯にしておきましょう。それ以上の高い水温になると水分保持に必要な皮脂まで洗い落としてしまうことになり、肌のツッパリ感やカサつき感が引き起こされやすくなります。

洗い上がりには、タオルで擦らずにポンポンと肌表面に優しく押し付けるようにしてタオルドライを忘れずに。肌に残った水分をそのままにしておくと、水分が蒸発する際に肌に存在する水分も一緒に逃してしまうことに……結果ツッパリ感に繋がりやすくなりますよ。

また、クレンジングでも言えることではありますが、洗顔でも「肌の潤いに必要な水分や皮脂を残しつつ、余計な汚れを残すこと」が乾燥肌の改善・予防の基本です。したがって、洗浄力が強すぎるものは避け、マイルドなタイプのものを使用するようにしましょう。

ステップ3:化粧水&美容液

洗顔後のタオルドライが終われば、できるだけ早く化粧水や美容液での保湿を行いましょう。

手のひらにとってしばらく肌で温め、手のひらの柔らかい部分で押し込むようにして化粧水や美容液を肌に染み込ませてくださいね。このときも肌への負担を最小限に抑えるためにも、擦っての塗布はNGです。

また、化粧水や美容液の水分は蒸発しにくいものですから、目の周りや口の周りそして頬など特に乾燥が気になるパーツには重ね付けしても良いですね。

あとの項目で詳しくご紹介しますが、使用する化粧水や美容液は肌に潤いを与える成分が配合されている「保湿タイプ」を用いるようにしたいですね。

ステップ4:乳液&クリーム

化粧水や美容液のあとのスキンケアの仕上げとして、油分を多く含む乳液やクリームを使用します。これは、潤い成分をしっかりと染み込ませた肌から水分が逃げないように、乳液やクリームの油分で蓋をするためです。

「水分が逃げないように油分で肌に蓋をしなくちゃ!」と行う乳液やクリームでの保湿ケアは確かに水分の蒸発を防ぐことはできます。しかし、あくまでも「蒸発を防ぐ」だけで、潤いを肌内部にキープしておくことはできません。

むしろ、保湿成分を含む化粧水や美容液での保湿ケアを抜きにして乳液やクリームでのケアばかりを行えば、皮膚表面に脂分が吸い寄せられてしまって「肌表面は潤っているものの、肌内部は乾燥した状態」に陥るリスクが高まってしまいます。

そのため、乳液やクリームは、化粧水や美容液で肌に潤い自体を与えたり潤い保持が期待できる成分を染み込ませたりといったケアのあとのタイミングで使いましょう。「化粧水や美容液のあとには乳液やクリームをセットで使う」という意識を持ちたいですね。

乳液やクリームの使用時も、擦らずに手のひら全体を使って優しく肌に押し込みようにした塗布を心掛けてくださいね。

スキンケアアイテムではこの保湿成分に注目しよう

スキンケアアイテムではこの保湿成分に注目しよう
化粧水や美容液などのスキンケアアイテムから、肌に潤いを与えたり肌本来が持つ保湿機能を高めたりする際にチェックしておきたい配合成分としては下記が挙げられます。

セラミド

角質層に多く存在する成分。水分を挟み込んで閉じ込め、水分を蒸発させないといった優れた水分保持効果が期待できる。

ヒアルロン酸

ゼリーのように水分を抱きかかえ、その場に留まることで保湿効果を発揮する成分。肌のハリにも大きく関わる。

コラーゲン、エラスチン

ヒアルロン酸と同様に水分を抱きかかえることで保湿効果が望める成分。

アミノ酸

上記セラミドやヒアルロン酸ほどの保湿力はないものの、水分を吸い込むほか水に溶けやすく肌に浸透しやすいという性質がある。

ビタミンC誘導体、レチノール

コラーゲンの生成を促進する効果が期待できる成分。

上記成分はスキンケアとして外から肌に与えた場合には、肌組織の中でも外側に存在する「角質層」で保湿効果が期待できます。

特にセラミドは角質層を構成し水分の蒸発を防ぐ「角質細胞脂質」の約40%を占める成分ですから、外から補うことで水分保持力の向上や外的刺激から肌を守る効果のアップも目指せるように!

また、セラミドには様々な種類があり、中でも肌馴染みが良く優れた保湿効果を誇るのが「ヒト型セラミド」です。

ヒト型セラミドかどうかを見分けるには、「セラミドの後に数字がつくか文字がつくか」をチェックしてください。

「セラミド1」のようにセラミドの文字の後に数字がつくものがヒト型セラミドで、中でも「セラミド1」「セラミド2」「セラミド3」がヒト型セラミドの中でも優れていますので参考にしてみてくださいね。

セラミド以外のヒアルロン酸、コラーゲンそしてエラスチンといった成分もまたセラミド同様に肌内部あり、セラミドが存在する角質層よりもさらに内部に位置する「真皮層」に存在します。ビタミンC誘導体やレチノールは、肌の潤いだけでなくハリにも大きく関わっている真皮層のコラーゲン生成を促進するアプローチが期待できますよ。

最も保湿効果に優れている成分としてはセラミドが挙げられます。しかし、セラミドだけでなく「水分を抱きかかえて維持する」といった働きが強いヒアルロン酸やコラーゲンと組み合わせられた製品を選ぶことで、「セラミド+ヒアルロン酸やコラーゲン」による相乗効果が期待できます。

セラミド配合美容液おすすめランキング|人気の高保湿アイテム11選セラミド配合美容液で乾燥知らずのモチモチ肌に♪ セラミド配合美容液は、乾燥しきった肌に素早くうるおいを与えたり、肌のバリア機能をアップ...

乾燥肌対策のスキンケアでは擦らず素早くオフ+丁寧な保湿が基本!

乾燥肌対策のスキンケアでは、「肌への負担を減らすためにゴシゴシと擦らない&使用するアイテムからの刺激も極力抑えるために素早く済ませる」が基本です。

そのほか、洗顔料をたっぷりきめ細かく泡立てたり水温に気をつけたりといった工夫も肌への影響を大きく左右しますから、少しのことではありますが気をつけたいですね。

対して、保湿ケアでは焦らずに肌の奥まで保湿成分を染み込ませるイメージで、ゆっくりと丁寧に行いましょう。

スキンケアは毎日行う習慣ですから、少しの違いであったとしても続けていく中で肌に与える影響は大きく異なってきます。

使用するスキンケアアイテムも保湿成分配合のものを使用したり、これまでに行っていたスキンケアの方法を見直したりすることから乾燥肌対策へと繋げていきたいですね。