スキンケア

乾燥対策に注目の美容成分のまとめ

カサつきやツッパリ感が気になる乾燥肌は、赤みやかゆみといった肌トラブルのリスクも高まります。そんな乾燥肌の改善・予防には、保湿ケアでのアプローチが欠かせません。

保湿ケアに役立つアイテムにはもちろん保湿成分が配合されていますが、保湿成分とは言っても様々な種類があります。そこで今回こちらでは保湿ケアとして配合されていることの多い保湿成分の特徴についてわかりやすくご紹介します。

また、最初に肌の水分保持や潤いに関わる肌組織についても解説いたしますので、肌の仕組みを踏まえたうえで保湿成分の特徴を目的や肌に合ったアイテム選びに活用してみてはいかがでしょうか?

はじめに 肌の水分保持や潤いに関わる肌組織を知ろう

はじめに 肌の水分保持や潤いに関わる肌組織を知ろう
乾燥肌の改善・予防を目指す際にはスキンケアでの「保湿」が欠かせません。肌の状態に合った保湿ケアを目指すためにも、まずは肌組織が担っている役割について見ていきましょう。

複数の層から構成されている皮膚組織

皮膚組織は何層にも分かれています。私達が触れられる1番外側から順に、表皮・真皮・皮下組織と存在し、中でも表皮は外側から順に角質層・顆粒(かりゅう)層・有棘(ゆうきょく)層・基底層の4つの層で構成されています。

角質層をさらに細かく分類すると1番外側には皮脂膜が覆っていて、皮脂膜のカバーの下には数々の角質細胞が存在し、角質細胞間を埋めつくすようにして存在する角質細胞間脂質は角質細胞同士を繋いでいます。

肌の潤い保持に大きく関わっている3要素

健やかな肌には水分と油分がバランス良く存在し、肌のバリア機能を正常に保ちながら肌の水分蒸発を防ぎ健やかな状態をキープする働きが備わっています。

しかし、水分不足から肌のバリア機能が低下している乾燥肌では、水分が失われやすい&刺激を受けやすい状態に陥っています。水分保持による肌のバリア機能を担っているのが、上記でご紹介しました角質層と呼ばれる1番外側の層です。

特に、角質層の水分維持を支えるのは、肌表面で皮脂と汗とが混ざりあった皮脂膜、角質細胞同士を繋ぐ角質細胞間脂質、そして角質細胞内に存在するMNF(天然保湿因子)といった下記3つの要素です。

皮脂膜 水分を閉じ込めることで蒸発を防ぎ逃さない
角質層 ・角質細胞間脂質(セラミドやスフィンゴ脂質など):水分を挟み込んでキープする。
・NMF(天然保湿因子):水分をつかまえて保持する。

これら3つは肌本来が持つ「保湿成分を生成し、それによって角質層に潤いをキープする力」を成り立たせている要素だと言えます。

しかし、肌のターンオーバーの乱れから肌のバリア機能が低下し、3つの要素が不足することで肌が乾燥しがちになります。あるいは、バリア機能が低下することで肌が乾燥し、それによる肌のターンオーバーの乱れから3つの要素が少なくなりさらなる乾燥が引き起こされることも考えられます。

いずれにせよ乾燥肌の根本的な原因としては「肌のターンオーバーの乱れ」や「肌のバリア機能の低下」が挙げられます。互いに大きく関係していると言えるこれら2つの肌機能は保湿ケアから正常化を目指せられますし、「肌のターンオーバー」「肌のバリア機能」を正常に整えることで乾燥肌の根本的な改善・予防にも役立てられます。

保湿成分はアプローチの方法で4タイプに分けられる

保湿成分はアプローチの方法で4タイプに分けられる
乾燥肌の根本的な改善・予防に役立てられる保湿ケアは、健やかな肌を目指したりその状態を保ったりする際には大変有効な手段であることがわかりました。

とは言え「乾燥肌対策で役立つ保湿成分」と一言で言っても数多くの成分がありますし、「どういうアプローチから肌の潤いのキープに繋げられるか」は成分ごとに異なります。

そのため、保湿ケアに役立つ成分の特徴を知ったうえで、目的に応じたものを選ぶことが大切ですよ。「保湿ケアに役立つ」として活用されることが多い成分は、期待できる作用ごとに下記4つのタイプに分類されます。

  1. 水分を挟み込んで逃さないタイプ
  2. たくさんの水分を抱え込んで維持するタイプ
  3. 吸湿力を持つタイプ
  4. 油分で蒸発を防ぐ際に役立つタイプ

より効率的に乾燥肌の改善・予防を目指す際には、それぞれの保湿成分が持つ特徴を知ったうえでスキンケアアイテムを選びたいですね。

乾燥肌対策としてスキンケア用品を探す際には、「乾燥肌用」「敏感肌用」そして「低刺激」とパッケージに記載されたものをなんとなく選ぶ方が多いかもしれません。加えて、下記で具体的にご紹介します保湿成分それぞれから期待できるアプローチや特徴を踏まえ、アイテムに記載されている配合成分の表示を確認して選ぶようにしてみいてはいかがでしょうか?

こうした保湿成分に着目した選び方からは肌により合った製品選びへと役立てられ、健やかな肌を維持しやすくなりますよ。以下では保湿ケアを目的として使用されている成分の特徴や選ぶ際のポイントについて、4タイプごとにわかりやすくご紹介します。

水分を挟み込んで逃さないタイプの保湿成分一覧

水分を挟み込んで逃さないタイプの保湿成分一覧
はじめに「水分を挟み込んで逃さないタイプ」という優れた水分保持力が期待できる成分3つについて見ていきましょう。

セラミド

角質細胞間脂質の一種で、肌に存在する角質細胞間脂質の約40%を構成する成分です。脂質でありながら水をサンドイッチの挟み込むようにして水と結合する性質があるため、「水分を挟み込む+水分の蒸発を防ぐ」という優れた保水力から肌に潤いをキープする作用が期待できます。

ただし、角質細胞間「脂質」の一種に分類されるように、セラミドは水溶性ではありませんから水に溶けにくい成分だと言えます。したがって、セラミド配合のアイテムを選ぶ際には、化粧水よりも美容液や乳液そしてクリームといった油分を含むものがベターですよ。

セラミドの選び方のポイント

セラミドにも様々な種類がありますが、特に高い保湿効果が期待できるのは「ヒト型セラミド」と呼ばれるものです。ヒト型セラミドは価格が高いというデメリットがあるものの、高い安全性とともに優れた肌馴染みから最大限の保湿効果が望めますよ。

ヒト型セラミドかどうかを見分けるポイントは、「セラミド1」「セラミド2」「セラミド3」とセラミドの文字の後に数字が続いているかどうかです。こちらのセラミド1~3の数字のものがヒト型セラミドの中でも特に高い保湿力が期待できるものですから、商品の記載を確認するようにしたいですね。

加えて、肌馴染みの向上から効率的なアプローチを目指す際には、肌への浸透性を高めるためにナノサイズ化されたものがおすすめですよ。

また、たとえセラミドの文字の後に1~3の数字があったとしても、商品の価格が安すぎると配合量が少ない恐れが考えられます。そのため、ヒト型セラミド配合の商品の場合には、価格は3,000円以上を目安に探すようにしてくださいね。

セラミド配合美容液おすすめランキング|人気の高保湿アイテム11選セラミド配合美容液で乾燥知らずのモチモチ肌に♪ セラミド配合美容液は、乾燥しきった肌に素早くうるおいを与えたり、肌のバリア機能をアップ...

スフィンゴ脂質

上記のセラミドは角質細胞間脂質の40%を占める成分とご紹介しましたが、こちらのスフィンゴ脂質はセラミド以外の角質細胞間脂質を指します。

セラミドとよく似た成分ですから肌への浸透性では良い成分だと考えられていますが、保湿力ではセラミドのほうが優れていると考えられています。

レシチン

大豆から抽出された成分であるレシチン(大豆レシチン)は、セラミドと同様に水をサンドイッチのように挟み込む性質を持つ成分です。しかしながら期待できる保湿力はセラミドより劣っていると考えられています。

水分を吸着して抱え込むタイプ

水分を吸着して抱え込むタイプ
次にご紹介する「水分を吸着して抱え込むタイプ」に分類される保湿成分は、もともと肌組織内では真皮層に存在するものです。水分をたくさん抱え込み維持する性質から、真皮層でクッション性や弾力性を担っています。

真皮層に存在する成分ではありますが、保湿ケアとして肌の外から補う際には真皮層には届かず、角質層でそれぞれから期待できる効果を発揮します。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸はゼリー状の物質として真皮層に存在し、約200~600倍量の水分を抱え込んでキープします。これは10mlのヒアルロン酸は約2000~6000mlの水を含むことができるほどの保水力!

さらに、優れた保湿力から空気中が乾燥していても水を逃さない性質から保湿力に優れていると言える成分ではありますが、粘着性の高さや分子の大きさからセラミドほど肌への浸透性はありません。しかし、セラミドよりも価格が安く、高い保水力や吸水性が期待できることからコストパフォーマンスが良い成分だと言えますね。

低分子と高分子で特徴が異なる?

肌への浸透性を考えると「低分子であるほうが肌に良い」と考えられることが多いですが、ヒアルロン酸の場合には一概にそうは言えません。というのも、ヒアルロン酸は高分子(ヒアルロン酸Na)と低分子(加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸)とで少し特徴が異なってくるからです。

まず、高分子のヒアルロン酸はより長く水分を保持することができる反面、角質層の表面に留まるので「浸透性は無いものの、持続的な保湿効果が期待できる」という特徴があるからです。

対して低分子のヒアルロン酸は浸透性では高分子よりも優れているものの、水分を保持できる時間では高分子には及びません。

決して「低分子のほうが良く、高分子は良くない」ということではありませんから、使用目的や何を優先するかを踏まえたうえでヒアルロン酸の種類をチョイスしましょう。

コラーゲン

もともと真皮層に存在するコラーゲンは、ヒアルロン酸と同様に弾力や潤いの保持に関わっている成分です。スキンケアとして肌に使用した場合には、繊維状の成分で分子が非常に大きいため真皮までは浸透せずに表皮での潤いキープに作用します。

真皮層のコラーゲンを増やすには?

スキンケアから真皮層にコラーゲンを届けることは難しいものの、「もともと真皮層に存在するコラーゲンを増やす」といったアプローチを目指せられます。中でも、真皮層におけるコラーゲン生成の促進が期待できるのは下記の3つです。

  1. ピーリング
  2. ビタミンC誘導体が配合されているスキンケアアイテム
  3. レチノールが配合されているスキンケアアイテム

確かにスキンケアに配合されているコラーゲンは、表皮での保湿に役立ちます。しかし「真皮層のコラーゲンを増やしたい」と考える方にとってはコラーゲン配合のアイテムを選ぶよりも、上記3つに着目したアプローチを心掛けるほうがおすすめですよ。

顔のピーリングきちんと知識がないとNG!美肌効果をアップさせるために知っておきたい4ポイント顔のピーリングで美肌をGET!知識のベースを見直す 肌ケアについてはピーリングがおすすめです。これも有名なものの一つです。 洗う...

エラスチン

エラスチンはコラーゲンと同様にもともと真皮層に存在する繊維状の成分で、コラーゲンをつなぐ接着剤のような役割を担っています。

保湿成分としてのエラスチンもまたコラーゲンと同じく真皮層までは届きませんが、表皮での保湿力向上に役立てられます。

ヘパリン類似物質

乾燥肌から皮膚科を受診した際に処方されることが多いヒルロイドクリーム・ローションの主成分として用いられているのがこのヘパリン類似物質です。

「ヘパリン」とはもともと血液中に存在し、水分を保持する作用があると判明した成分です。これを受けてヘパリンに似た成分を保湿成分として活用するようになったのがヘパリン類似物質です。

水分を抱きかかえて逃さない作用が期待できるほか、刺激が少ないのも特徴です。乾燥肌やそれによって肌が敏感になっている方におすすめの成分です。

少しの水分を含んでいるタイプ

少しの水分を含んでいるタイプ
次の「少しの水分を含んでいるタイプ」には、水分を吸収して結びつく性質を持つものの、湿度の低下とともに保湿力が低下するという弱点がある成分が分類されます。

天然保湿因子(NMF)

もともと角質細胞内に存在する保湿成分ではありますが、保湿成分として他のものと比較すると保湿力に劣ってしまします。肌馴染みの良さから化粧水に使用されることが多い成分です。

PG(プロピレングリコール)、BG(ブチレングリコール)

PG(プロピレングリコール)とBG(ブチレングリコール)は分子量が大きく揮発しない「多価アルコール」というアルコールの一種に分類されます。吸湿力があるので様々なアイテムに使用されていますが、保湿力自体はあまり期待できません。

むしろ、PGとBGの両方はアルコールの一種ですから、アルコールが肌に合わず赤みが生じる人は避けるべき成分ですから注意してくださいね。

油分で蒸発を防ぐ際に役立つタイプ

油分で蒸発を防ぐ際に役立つタイプ
最後の「油分で蒸発を防ぐ際に役立つタイプ」とは、肌の潤いが空気中に蒸発するのを防ぐ役割を担っている皮脂膜に似た作用がある成分です。

皮脂分泌量が少なく油分を補いたい場合や、化粧水をはじめとしたスキンケアの最後に水分の蒸発を防ぎたいときに使用することが多いです。

鉱物油(ミネラルオイル)

石油を精製して不純物を取り除いて作る鉱物油(ミネラルオイル)は、乳液やクリームなどスキンケアアイテムのベースとして使用されていることが多い成分です。

石油と聞くと肌に悪影響がありそうなイメージですが、現在では精製度が高く安全なものだけが使用されています。乾燥肌対策として用いられることが多いワセリンは鉱物油の代表的な成分の1つです。

植物油

オリーブオイル、ホホバオイル、椿油、アボカドオイルなど植物から抽出したオイルのことです。抽出する植物ごとに特徴が異なります。

効率的な保湿ケアに役立てるには

以上の保湿成分はどれも「乾燥肌用」「保湿用」として採用されていることも多いものです。中でも乾燥肌対策として1番おすすめしたいのは、やはり「水分を挟み込んで逃さない」という表皮での優れた保湿力が期待できるセラミドです。

しかし、セラミドだけで完璧な保湿ケアになるかと言えばそうではありません。できることならセラミドだけでなく、優れた保水力が期待できるヒアルロン酸などが配合されたアイテムを選ぶことで効率的な保湿ケアを期待したいですね。

また、乾燥肌対策を目指した保湿ケアでは、何と言っても続けることが大切です。もちろん配合成分はチェックすべきポイントではありますが、習慣としての使用を踏まえて「無理なく続けられる価格かどうか」「肌に合っているかどうか」といった点にも注意してくださいね。

乾燥肌が気になる季節だけでなく、オールシーズンで健やかな肌を保つためのスキンケアや基礎化粧品選びの際には、今回ご紹介しました内容を参考にしていただければ嬉しい限りです。

チェック

資生堂の運営する美容成分時点ではこちらで紹介してない成分についても紹介させれています。【「乾燥」に効果的な美容成分】気になる方はご覧ください。