ドライヤーおすすめ10選!効果、性能別に人気モデルを紹介

最近は大手家電メーカーに限らず、海外製のプチプラなドライヤーが増え、ますます商品の選択肢が増えています。

安いものでも、速乾性やヘアケア効果に優れているものも多くなり、一体どのドライヤーを選べばいいのかわかりにくくなっているんですよね。

有名なドライヤーといえば、パナソニックのナノイーですが、最近はサロンで使われている業務用ドライヤーを使っているこだわり派の人も増えています。

意外と奥が深いドライヤーですが、今回は重視したいポイント別にご紹介します。

  • ヘアケア効果の高いドライヤー
  • ヘアセットしやすいドライヤー
  • 大風量で速乾性に優れているドライヤー
  • 静音製で音がうるさくないドライヤー
  • 節電できるドライヤー

5つのポイントごとにおすすめのドライヤーを厳選しました!

後悔しないドライヤーの選び方

⑴ヘアケア効果をチェックする

マイナスイオン

髪の表面に付着してサラサラなめらかに整える

ナノイー(パナソニック)

弱酸性、髪に水分を与える効果とキューティクルが引き締まる効果がある

イオン効果がないと、キューティクルが閉じないため、髪からうるおいが失われやすく、ぱさつきや広がりの原因になります。

髪のダメージがひどい人には、うるおい効果の高いナノイーがおすすめです。

髪の指通りが悪くなりやすい人は、マイナスイオンドライヤーでも良いでしょう。

値段的には、ナノイーの方が高いものが多いので、コストを抑えつつヘアケア効果もほしいいなら、マイナスイオンドライヤーに絞ると選びやすくなりますよ。

⑵使いやすさとヘアケア効果を左右する「温度調節機能」

せっかく購入したドライヤーが、温度調節できず熱すぎると、使いづらいですよね。

逆に温度が低すぎて風量も少ないと、乾かしにくくなります。

頭皮に近い部分は低温に調節すると、頭皮の乾燥を防ぎ、頭皮環境のケアにもつながります。

また、夏場は低温に、冬場は高温にと季節に合わせて温度調節をすると、髪のコンディションが整いやすくなるのです。

⑶風量は1.3㎥/分以上を目安に

風量はショートヘア、ボブ、ミディアムなら1.3㎥/分あれば十分、ロングヘアや毛量が特に多いなら1.6㎥/分〜1.8㎥/分以上がおすすめです。

風量は大きくなるほど音も大きくなりやすいので、集合住宅に住んでいて音が気になる人は、口コミで音に関する意見をしっかりチェックしましょう。

ちなみに、電力の大きさは風量とはほとんど関係ありません。

⑷ドライヤーの重さをチェックする

ヘアセットで毎朝ドライヤーを使う人や、ロングヘアでブローする時間が比較的長くなる人は、軽量ボディのドライヤーを選びましょう。

目安としては500g前後が重さを感じずに使いやすいです。

ただし、速乾性に優れた大風量タイプは重いものが多いので、軽さを選ぶか速乾性を選ぶか、自分で譲れない方を選んでくださいね。

価格が高くなりますが、最近は大風量でも軽量設計にこだわったものもあります。

価格にこだわらなければ、大風量かつ軽量設計という2つのキーワードで探してみましょう。

ヘアケアにおすすめのドライヤー2選

カラーやパーマをかけることが多い人は、ヘアケア機能付きのドライヤーを選びましょう。

ちょっと前までは、イオン機能のあるドライヤーは割高でしたが、最近は1万円以内でも、マイナスイオン機能に優れたドライヤーが出ています。

価格問わないのであれば、ヘアケア効果に定評のあるパナソニックのナノケアがおすすめですよ。

1. パナソニック ヘアードライヤー ナノケア EH-CNA9B

まとまりの良さ、なめらかさなど、髪の変化を実感する声が多いパナソニックのドライヤーです。

パナソニックといえば、独自開発したうるおい効果の高い「ナノイー」をドライヤーにも搭載し、髪を乾かしながらうるおいを浸透させ、パサつきを抑えます。

頭皮にやさしい弱酸性で、頭皮の乾燥によるかゆみ防止にも効果的です。

ドライヤーにはヘアケアモードが搭載されていて、毛先のパサつき、髪のツヤ出しも簡単操作で実現します。

2. 日立 ヘアードライヤー HairCRiePlus+(ヘアクリエプラス+)

日立 HITACHI HD-NS810 ヘアードライヤー HairCRiePlus+(ヘアクリエ プラス+) パールホワイト [国内専用][HDNS810]
隠れた名品、日立のヘアクリエプラス+は、キューティクルを整えながらブローできるので、仕上がりはパサつきがまとまり、静電気の予防にも効果的です。

温度調節は4段階もあり、自分好みの温度が見つかりやすく、風量も細かく調整できます。

最大風量も大きいのですが、本体が重すぎないので、ロングヘアをブローしても腕が疲れません。

ナノイオン効果もあり、使い続けるほどに髪のツヤが引き立ちます。

ヘアセットにおすすめのドライヤー3選

ヘアセットにおすすめのドライヤー3選

ヘアセットにドライヤーを使うことが多いなら、セット力に優れたサロンでも使われている業務用ドライヤーがおすすめです。

業務用は大風量で乾きが早いだけではなく、持ちやすいように設計されているので、ヘアセットに時間をかけても疲れにくいという特徴があります。

1. クレイツイオン スタイリスト1400

サロンスタイリストにも人気が高い、クレイツのドライヤーです。

本体の軽量設計と、風が効率よく当たる細くなっているヘッドで、簡単にヘアセットができます。

スタイリングしやすいだけではなく、ヘアケア効果もあるのが魅力です。

高密度の独自イオンが放出され、髪はシルクのようになめらか、地肌は遠赤外線がケアして頭皮から健やかにケアしてくれます。

ハイパワーな風量、温度調節機能つきで機能性も抜群です。

2. リュミエリーナ レプロナイザー3D-Plus

サロン御用たちのプレミアムドライヤー、リュミエリーナです。

髪質改善効果が期待できるドライヤーなので、使い続けることで徐々にヘアセットしやすい髪に整えることができます。

髪のタンパク質構造をキープするバイオプログラミング効果で、ブローしても髪にダメージを与えません。

バイオプログラミングは、髪のツヤとなめらかさを引き出す効果もあるので、ブロー後の髪は指通りなめらかでサラツヤに仕上がります。

3. Nobby ヘアドライヤー TNB1903

(ポイント5倍ママ割エントリーで)Nobby ヘアードライヤー TNB1903 ブラック
サロンでも使われているのに、価格が1万円以下というコスパの良いドライヤーです。

業務用なので大風量なので、毛量の多い人や髪の長い人でもヘアセットしやすくなります。

業務用というと重量があるイメージが強いかもしれませんが、こちらは家庭でも使いやすい軽量ボディなので安心です。

また、ブラシや水洗いでフィルターの埃や毛髪を取り除けるので、お手入れもしやすく長持ちします。

即冷スイッチを仕上げに使えば、セットを瞬時に固めてヘアスタイルのキープ力がアップします。

速乾性バッチリのおすすめドライヤー2選

速乾性バッチリのおすすめドライヤー2選

早く乾くかどうか、速乾性を重視するなら、風量のスペックを確認しましょう。

風量は「㎥/分」と表記されており、数字が大きいほど風量も大きくなるのですが、音も大きくなるので、音が気になる方は大風量でもできるだけ静音になるよう設計されているものを選んでみてください。

今回は、1.3㎥/分以上の風量のドライヤーからおすすめをご紹介します。

風量と合わせてご参考にしてみてください。

1. コイズミ ヘアドライヤー モンスター

風量

2.0㎥/分

大風量のドライヤーといえば、ダイソンのドライヤーが取り上げられることが多いですが、ダイソンのドライヤーより安くて、風量もしっかりあるのがコイズミのドライヤーです。

風量は2.0㎥/分もあり、1万円以内で購入できるのに速乾性に優れています。

ただし、安くて風量が大きいと、どうしても音がうるさくなるのと、壊れやすいというデメリットがついてくるので、定期的に買い換える前提で買った方が良いかもしれません。

2. サロニア スピーディーイオンドライヤー

SALONIA サロニア スピーディーイオンドライヤー ホワイト
SALONIA(サロニア)
風量

2.3㎥/分

風量が大きく、素早く乾く速乾性に優れたサロニアのドライヤーです。

音は静かではありませんが、とにかく早く乾くので、あまり気にならないでしょう。

速乾性だけではなく、マイナスイオンを2000万個/cm以上たっぷり放出し、手触りなめらかな仕上がりになります。

リーズナブルながら、シンプルでおしゃれなデザインもおすすめポイントの一つです。

3. 日立 ヘアードライヤー HairCRiePlus+(ヘアクリエプラス+)

日立 HITACHI HD-NS810 ヘアードライヤー HairCRiePlus+(ヘアクリエ プラス+) パールホワイト [国内専用][HDNS810]
風量

1.6㎥/分

ヘアケア力の高いドライヤーでも紹介しましたが、日立のヘアクリエプラスは、実は速乾性にも優れたドライヤーなんです。

速乾性だけではなく、音も63dBと比較的小さく設計されているから、乾きやすいのにうるさくない、非常にバランスの良い作りになっています。

ショート〜ミディアム程度なら、十分早く乾きますし、ロングヘアでも音が大きくないので、長めに使っても気にならないでしょう。

静音性にこだわりのあるおすすめドライヤー2選

静音性にこだわりのあるおすすめドライヤー2選

夜中に使用する、集合住宅でご近所に迷惑がかかっていないか気になる、赤ちゃんがいる、というご家庭なら、できるだけ音が小さいドライヤーを使いたいですよね。

静音設計がされているドライヤーや、音が60dB程度のものを選びましょう。

今回は、ノイズリダクション設計がされているプチプラドライヤーと、音が60dB以下のパナソニック製のドライヤーをご紹介します。

1. SKEY サーモスタットヘアドライヤー

口コミで「大風量なのにうるさくない」と評判のドライヤーです。

重ささは賛否両論ありますが、素早く乾く上に音がうるさくないので、周りを気にせず素早くブローできます。

音はノイズリダクション設計によって抑えられており、大風量、さらに高濃度のマイナスイオンと、5,000円以下とは思えないハイクオリティなドライヤーです。

ノズルはスタイリング様を含めて3種類あるので、ヘアセットも簡単にできます。

テールカバーを取り出して掃除もできるので、衛生的に長持ちするのもポイントです。

2. パナソニック ヘアドライヤー イオニティ

音は60dBと小さめですが、風を強風と弱風同時に出すことで、風力をアップさせて素早く乾かせます。

速乾ノズルを使えば、毛束をほぐしてスピーディーに乾かすから、音にも乾きの早さにもストレスを感じず、楽々ブロー。

パナソニックのナノイー機能は付いていませんが、マイナスイオン効果で髪表面を守り、キューティクルを整えます。

他のパナソニック製のドライヤーよりもリーズナブルなので、気軽に購入できるのも嬉しいですね。

節電目的の人におすすめのドライヤー

節電目的の人におすすめのドライヤー
家族が多いと、ドライヤーだけで電気代が1ヶ月に1,000円近く増えることがあります。

ドライヤーを使う家族が多いなら、電気代ができるだけ安く済むエコドライヤーを選択してみてはいかがでしょうか。

ドライヤーで節電するポイントは、1200Wの消費電力かつ大風量で速乾性のあるドライヤーを選ぶことがポイントになります。

ほとんどの家庭用ドライヤーは、消費電力が1200Wなので、できるだけ早く乾くドライヤーの方が、使用時間が短く済むからです。

コイズミ ヘアドライヤーモンスター

大風量ドライヤーでもおすすめしていますが、コイズミのモンスターは消費電力1200Wで風量は2.0㎥/分もあり、短時間で髪を乾かせます。

素早く髪を乾かせば、使う人数が多くても電気代を節約できますよ。

ちなみにマイナスイオン機能もついているので、髪のパサつき防止にも効果的です。

こだわりドライヤーでヘアケア、セットをもっと手軽に

ドライヤーはあまり買い換えない人が多いかもしれませんが、風量の少ない、熱が足りない、音が大きすぎるようなドライヤーを使っているなら、壊れていなくても思い切って買い換えちゃいましょう!

ドライヤーを変えるだけでも、ブローがしやすくなって髪への負担が減り、髪のパサつきやごわつきが解消されます。

今回ご紹介したドライヤーは、それぞれ優れた点があるので、どの点を重視したいのかまずイメージすると、商品を絞りやすくなりますよ。

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

佐々木りな
美容ライター
アラサーの美容ライターです。最近3ヶ月で10キロの減量に成功しました!愛猫と一緒に暮らしていますが、婚期からどんどん遠ざかっている気がする今日この頃。