泥洗顔の人気おすすめランキング【毛穴の黒ずみに効果あり】

鏡を見ると鼻の頭や小鼻に黒いポツポツが・・・。まるでイチゴのような見た目になってしまった毛穴に悩んでいる方は多いですよね。

毛穴パックやスクラブなど、毛穴専用コスメを使う毛穴ケアは、肌への負担が大きく、根本的な解決もされません。

肌に負担をかけず、毛穴の黒ずみケアにおすすめなのが泥洗顔

泥が持つ汚れを取り除く効果によって、毎日の洗顔で毛穴ケアができるんです。

今回は、泥洗顔の毛穴の黒ずみをケアするメカニズムや、おすすめの泥洗顔料をご紹介します。

泥洗顔の人気おすすめランキング

毛穴の黒ずみが原因

毛穴の黒ずみができるのはなぜ?

過剰な皮脂分泌やメイク汚れが原因

毛穴の黒ずみは2つのタイプがあります。

  • 黒ずみ部分を触るとザラザラする→角栓による黒ずみ
  • 黒ずみ部分を触ってもザラザラしない→メラニンによる黒ずみ

メラニンによる黒ずみの場合は、美白化粧品を使ってメラニンの生成を抑えるケアが必要です。

角栓による黒ずみは最も多く見られる毛穴の黒ずみで、毛穴から飛び出るほど成長した角栓が空気中の酸素によって酸化して黒くなってできます。

角栓は元々肌の表面にある古い角質が毛穴に詰まってできるものです。

さらに、毛穴の中で過剰な皮脂分泌や落としきれなかったメイク汚れが混ざると、毛穴から飛び出るほど成長してしまうのです。

無理な毛穴ケアで黒ずみが悪化する?

剥がすタイプの毛穴パックや、ピンセットで角栓を直接取り除くというような毛穴ケアはNGです。

毛穴まわりの皮膚にダメージを与え、ますます毛穴の開きが目立つようになります。

毛穴の黒ずみは一度でごっそり綺麗になるものではありません。地道なケアが必要なのです。

続けても肌に負担を与えない毛穴ケアで、黒ずみを少しずつ目立たなくさせましょう。

肌に負担をかけずに毛穴の黒ずみをケアできるのが泥洗顔です。

泥洗顔は、どのようなメカニズムで毛穴の黒ずみをケアするのでしょうか。

泥洗顔が毛穴の黒ずみに効果あり

泥洗顔が毛穴の黒ずみに効果あり

泥の微粒子が毛穴汚れを吸着する

泥の粒子とは非常に細かく、毛穴の奥深くにまで簡単に入り込めるサイズです。

また、泥の微粒子には微弱なマイナス電気が流れており、プラス電気が流れている毛穴汚れを吸着して汚れを落とします。

ゴシゴシ力強く洗わなくても、泥本来の吸着力で黒ずみの原因になる汚れを落としてくれるのです。

余分な皮脂を抑える

角栓の成長を促進させる余分な皮脂分泌ですが、泥は余分な皮脂も吸着するので、使い続けるうちに皮脂の分泌バランスが整います。

また、余分な皮脂分泌は毛穴の黒ずみだけではなく、ニキビの原因にもなるため、泥洗顔を使うことで毛穴の黒ずみとニキビを同時にケアできるでしょう。

毛穴を引き締める

毛穴の開きにも効果が期待できる泥洗顔。汚れを取り除いても、毛穴がパックリと開いた状態ではまたすぐに汚れがたまってしまいますよね。

泥に含まれるミネラルは、粒子が毛穴の汚れを吸着したあと、毛穴をキュッと引き締めてくれるのです。

毛穴が引き締まることで、余分な皮脂分泌も抑えられますし、毛穴の開きが目立ちやすいほおもツルッとなめらかに整います。

保湿力はどうなの?

泥が余分な皮脂を抑える、と聞くと乾燥肌の方の場合、洗い上がりに肌が乾燥しないか不安になると思います。

安心してください。泥洗顔はむしろ保湿力があるのです。

泥には被膜作用があり、肌のバリア機能と似た働きをして、肌の潤いを逃さず保湿力を高めます。

また、洗顔料に含まれる保湿成分や美容成分を毛穴の奥にまで届け、被膜作用でフタをするのでスキンケア効果も高まり、使い続けるうちに美肌を育てられます。

毛穴ケアに効果的な洗顔方法とは

毛穴ケアに効果的な洗顔方法とは

黒ずみを悪化させるNG洗顔方法

  • ゴシゴシ力強く肌をこするように洗う
  • 洗顔料を泡立てずに使う
  • すすぎは熱いお湯
  • タオルでゴシゴシ水気を拭く

肌に強い摩擦刺激を与えると、肌内部のメラニンを生成するメラノサイトという細胞の働きが活発になり、メラニンの量が過剰になります。

角栓が原因の黒ずみでも、ゴシゴシ洗いを続けると毛穴まわりの皮膚にメラニンが色素沈着し、黒ずみが悪化する可能性があるのです。

また、すすぎを熱いお湯にして皮脂を徹底的に洗い流すのもいけません。肌表面には、皮脂が薄い膜を張るようにして刺激から肌を守っています。

肌に必要な皮脂まで洗い流すと、乾燥して余分な皮脂分泌が増えるのです。

毛穴ケアにいい洗顔方法

  • 洗顔料はしっかり泡立てる
  • 指で洗うのではなく泡で洗うイメージで洗顔する
  • すすぎは冷たさを感じるくらいのぬるま湯でOK
  • タオルで優しく肌を押さえるように水気を吸収させる
  • 黒ずみが気になる部分は1分ほどパックする
  • 湯船に浸かって毛穴を開く

洗顔料を泡立てる理由は、泡の力を最大限活かすためです。泡は空気を踏んでクッション性があるため、肌への摩擦刺激を防ぎながら洗顔できます。

また、毛穴汚れを浮かせる働きがあるので、力を入れなくて毛穴汚れが取れやすくなるのです。指で肌をこするのではなく、泡を指の腹で細かく動かすようにして洗いましょう。

そして毛穴の黒ずみが気になる部分に泡をのせ、1分ほどそのままにしてパック状態にします。

特に鼻は皮脂分泌が多く、毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすいので、泡パックでじっくり汚れを浮かせましょう。洗顔の前には、できるだけ湯船に浸かって毛穴を開かせましょう。

肌も柔らかくなりますし、血流が良くなって毛穴ケアだけではなく、くすみ対策もできます。

まとめ

今すぐにでも消したい毛穴の黒ずみ。

気持ちはわかりますが、今日明日でごっそり毛穴の黒ずみが消えるということは、医療技術を使わない限り不可能です。

よく「毛穴の黒ずみが数日で消えた!」などという広告を見かけますが、黒ずみは地道なケアが必要な肌トラブルなので、騙されないように気をつけてください。

無理やり汚れを落とす方法で肌を傷つけずに、泥洗顔で毎日肌に負担をかけずに毛穴の黒ずみをケアしていきましょう。

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

ブティーマガジン編集部
ブティーマガジンはあなたの知りたいを追及するWEBマガジンです。クレンジング、スキンケア、基礎化粧品に関する記事を配信しています。