脱毛器は本当に効果がある?後悔しない選び方と効果的な使い方を解説!

脱毛ケアを考える際にはエステサロンで施術を受ける「エステ脱毛」と、自宅でセルフケアとして行う「家庭用脱毛器の使用」とで悩む方が多いのではないでしょうか?

しかしながら、どうしても「家庭用脱毛器は本当に脱毛効果が期待できるの?」と気になりますよね。家庭用脱毛器として販売されている機器も決して安い価格ではありませんから、なおさら購入には躊躇してしまいます。

今回こちらでは家庭用脱毛器に関して「本当に効果があるの?」といった疑問から、後悔しないために知っておきたい家庭用脱毛器の選び方のポイントまでわかりやすく解説いたします。

また、最後には家庭用脱毛器を用いたケアを行う際に、期待できる効果を損なわない&さらに効果を高められる使い方での秘訣もご紹介します。

エステ脱毛と家庭用脱毛器とのどちらにしようかとお悩みの方だけでなく、家庭用脱毛器の購入を検討されている方やより効果的な使い方をお探しの方も是非参考にしてくださいね。

家庭用脱毛器の効果はある?ない?

家庭用脱毛器の効果はある?ない?

「家庭用脱毛器で脱毛効果が得られるのか?」と疑問に感じている方は少なくはないはずです。

はじめに、家庭用脱毛器から脱毛効果が期待できるのかどうかについて詳しく見ていきましょう。

脱毛効果が期待できるケアは大きく分けて3タイプ存在する

結論から言えば、家庭用脱毛器からはきちんと脱毛ケアに役立てられる効果は期待できます。しかし、脱毛効果が望めるケアを比較した際には、どうしても得られる結果には差が生まれます。

そもそも脱毛効果が得られるものとしては、大きく分けて「医療脱毛」と「脱毛サロン」そして「家庭用脱毛器」の3つが挙げられます。

医療脱毛

照射パワーが強いマシンを用いた「レーザー脱毛」によって毛根を破壊することで「永久脱毛」を目指す。

脱毛サロン

照射パワーが強いマシンを用いた「IPL脱毛」によって、一時的にムダ毛を減らしたり生えてくるスピードを緩やかにしたりといった「制毛処理」が期待できる。

家庭用脱毛器

機器によってフラッシュ脱毛やIPL脱毛そしてレーザー脱毛などの形式は異なるものの、それぞれから望める脱毛効果から「制毛処理」を目指せられる。

上記3つの中では、やはり「永久脱毛」を目指せられる医療脱毛が最も効果的だと言えます。しかし、脱毛サロンと家庭用脱毛器とを比較すると、どちらも期待できる効果では「制毛処理」と共通しています。

以上を踏まえると「医療脱毛」と「家庭用脱毛器」とを比較した際には、やはり期待できる効果は「医療脱毛」のほうに軍配が上がります。

しかし、同じ「制毛処理」を目的とした「エステ脱毛」と「家庭用脱毛器」とを比べた場合には、どちらも最終的に期待できる結果としてはあまり差が無いとも言えます。

エステ脱毛と家庭用脱毛器から選ぶ際にはどちらが良い?

確かにエステで脱毛を目指す際には、専門機関で専門家であるエステティシャンの方による、専門的なマシンを用いた施術を受けられます。エステティシャンの方による施術ですから、セルフケアでは難しい部位も難なく脱毛ケアを受けられるのも魅力として挙げられるでしょう。

しかし、人気のサロンでは予約がなかなか取れずスムーズに脱毛ケアを進めることができなかったり、施術を受けたい部位ごとに料金がかかり高く付いたりと、時間や費用の面でのデメリットも確かに存在します。

対して、家庭用脱毛器を用いた脱毛ケアでは機器の購入時に初期投資がかかるものの、一度買ってしまえば自宅で好きなタイミングで気になる箇所の脱毛ケアを自由に行うことができます。家庭用脱毛器がエステ脱毛に劣る点として挙げるならば、エステサロンで使用されるマシンよりもパワーが弱いという点です。

ただし、これは「いつでも自宅で好きなタイミングでケアできる」というメリットから、エステサロンでの施術よりも速いペース(2週間に1度、10日に1度など)で行えることでパワーの弱さをカバーできます。エステサロンのマシンよりもパワーが少ない分、エステサロンの施術よりも速いペースで補っていくのですね。

また、「エステ脱毛」と「家庭用脱毛器との両方に言えることですが、期待できる脱毛効果はすぐに得られるものではありません。ムダ毛を薄くしたり少なくしたり、生えてくるスピードを遅くして手入れを楽にしたりといった変化は、エステでの施術や家庭脱毛器を用いたケアを続けて初めて得られるものです。

これらを踏まえると、エステ脱毛を考えてはいるものの「スケジュールが合わない」「希望のタイミングで予約が取れない」そして「そもそもエステに通う時間がない」といったお悩みを抱いている方には「家庭用脱毛器」でのセルフケアがおすすめです。

また、「エステ脱毛を受けたいけれど、予算が合わない」「施術部位を見られるのが恥ずかしい」とお考えの方にも家庭用脱毛器を用いたケアが適していると言えますよ。

ただし、脱毛サロンと家庭用脱毛器とでは期待できる結果がほとんど同じだとは言っても、家庭用脱毛器の種類によっては効率的にケアができなかったり思うような結果が得られなかったりするのも事実です。

そこで以下では「エステ脱毛の代わりとして家庭用脱毛器を購入する際に、後悔しないためにチェックしておきたいポイント」について解説いたします。大きく分けて「家庭用脱毛器の種類やその特徴」、より効果的な脱毛ケアを目指す際にチェックしておきたい「家庭用脱毛器の機能」との2つのポイントに着目していきましょう。

家庭用脱毛器の種類とそれぞれの特徴を解説!

家庭用脱毛器の種類とそれぞれの特徴を解説!

脱毛ケアから制毛処理を目指せられる家庭用脱毛器では、機器によって採用されている技術が異なります。

ただ、数多くある家庭用脱毛器の中で人気を集めていたり種類が多く展開されていたりする機器では、大きく「フラッシュ式」と「レーザー式」の2タイプの技術に分けられます。

したがって、家庭用脱毛器を購入する際にはだいたい「フラッシュ式」と「レーザー式」とのどちらを選ぶかが焦点になってきます。

そこで、こちらの項目では「フラッシュ式」と「レーザー式」それぞれの特徴を解説するほか、使用目的やお好みに応じておすすめできるタイプを最後にご紹介します。

比較的少ない痛みと効率的な処理が目指せられる「フラッシュ式」

まず、フラッシュ式(光脱毛器とも呼ばれる)では、「毛のメラニン色素に反応する光を照射して毛根にダメージを与える」といった作用から脱毛ケアを目指すタイプです。このフラッシュ式は、エステサロンでの施術でも主流となっている方法でもあります。

フラッシュ式の特徴としてはレーザー脱毛よりも痛みが少なく無理なく続けられること、そして照射面積の広さから効率的でスピーディーなケアを目指せられることとの2つが挙げられます。

また、照射回数に限りがある家庭用脱毛器に限って言えば、一度の照射でより多くのムダ毛へとアプローチできるので照射回数の削減からコストカットにも役立てられるという長所も持ち合わせています。

ピンポイントでの優れた効果が期待できる「レーザー式」

対して、レーザー式は「メラニン色素に反応するレーザーで毛根にダメージを与える」といった作用から脱毛効果を目指すタイプです。

レーザーですから照射可能部位はどうしてもピンポイントと狭くなってしまうものの、フラッシュ式よりも結果へと繋げられやすいとも言われています。

ただ、フラッシュ式よりも痛みが強く、骨に近い部分や脇そしてデリケートゾーンといった部位への使用では特に大きな痛みを伴うというデメリットが存在します。

脱毛ケアでの痛みに慣れている方であれば我慢できる痛みかもしれません。しかし、初心者で痛みに慣れていない方やデリケートゾーンや脇への使用を検討している方、そして脱毛ケアの時間を早く済ませたい方にはおすすめできないと考えられます。

フラッシュ式とレーザー式おすすめなのはどっち?

「フラッシュ式」と「レーザー式」それぞれから期待できる効果で言えば「レーザー式」のほうが優れているとは言えます。しかしながら自宅でのセルフケアとして用いる場合には、「フラッシュ式」のほうがより多くの方におすすめできると言えます。

というのもやはり、フラッシュ式の「痛みが少ない」「広い照射範囲から効率的&時短ケアが実現」というメリットは、嬉しい変化へと繋げる際に欠かせない「無理のない継続的な使用」に大きく関わっているからです。脱毛ケアで毎回痛い思いをしたり時間がかかったりするとどうしても続けられにくいですからね。

また、多くの方がムダ毛処理で悩んでいるスネをはじめとした骨に近い部分、脇やデリケートゾーンなどの部位への脱毛ケアを考慮すると、どうしても痛みが強くなってしまうレーザー式は好ましくないというのが実際問題として挙げられます。

繰り返しになりますが、家庭用脱毛器でエステ脱毛よりも少ないパワーを補うには速いペースで行う必要があります。そうしたこまめなケアを実現するには、「時短&効率的なケアと照射回数ごとのコストカット」から手軽に脱毛ケアを続けられる「フラッシュ式」のタイプを選んだほうが賢明ですよ。

使い勝手や期待できる脱毛効果を左右する機能をチェック!

上記の項目では家庭用脱毛器では、レーザー式よりもフラッシュ式がおすすめだとご紹介しました。ただし「フラッシュ式の家庭用脱毛器」と一言で言っても、セールスポイントとして機器それぞれが持つ特徴が異なり、その種類は多岐にわたります。

今度は「フラッシュ式の家庭用脱毛器」の中でも、特に納得できる結果に繋げられやすいアイテム探しの際にチェックしておきたいポイントをご紹介します。

中でも、使い勝手の良さ、「これがあるとより良い脱毛ケアに活かせられる!」といった期待できる脱毛効果さえも左右する機能について解説いたします。

時短ケアにつながる!照射範囲が広いものを

「フラッシュ式は照射範囲の広さから、スピーディーかつ効率的に脱毛ケアができる」とご紹介しましたように、家庭用脱毛器での照射口の広さ・大きさは日々のケアに大きく関わってきます。

その点、レーザー式よりもフラッシュ式のほうが優れているというのは前述の通りです。

加えて、フラッシュ式が採用されている数々の機器の中からより良いものを選ぶ際には、「できる限り照射口の面積が広いものを選ぶ」といった意識を持っておくようにしてくださいね。

もちろんこれは照射口の面積が広ければ広いほど、少ない回数で広い範囲を照射できることも関係しています。ただ、この時に注意しておきたいのが、照射範囲が狭いものを選ぶと時間がかかるだけでなく、腕や脚といった広い部位では照射した部位でムラができやすくなるということです。

販売メーカー側でも「家庭用脱毛器における照射面積の広さの大切さ」を熟知していますから、大抵の製品には照射面積についても言及されています。細かいようではありますが、それぞれの機器での数字を照らし合わせながら取捨選択することも大切ですよ。

レベル調整と使用可能部位を必ずチェック

「照射レベル・パワー調整が可能かどうか」「使用できる部位はどこか」の2点は必ずチェックしておきましょう。

  • 使用箇所に応じたレベルでの照射から、肌への負担を最小限に抑えられる
  • 肌質に合ったレベルでの照射によって、無理無駄なく脱毛ケアを続けられる

まず、照射レベルや出力パワーを調整できるかどうかを確認する目的としては上記2つが挙げられます。確かにパワーが大きいほど期待できる効果が高くなりますが、肌に負担を与えてしまっては美肌から遠ざかってしまいます。

そのため、レベル調整ができるものを選ぶことで、無理無駄のない照射レベルでの脱毛ケアを続けるようにしましょう。

できる限り調整段階が細かく設定されているものや、肌への負担を抑える様々な照射方法が採用されているものを選ぶようにすると、照射方法のバリエーションが増えるのでおすすめですよ。

「肌質に不安があるから弱いレベルから始めて肌への相性を確認したい」とお考えの方にはなおさらレベル調整機能に関してこだわりを持って選ぶようにしたいですね。

次に、「使用できる部位はどこか」に関してですが、家庭用脱毛器の中には使用可能部位が限られているものがあるので気をつけておきたいポイントとなります。せっかく家庭用脱毛器を購入したとしても、脱毛ケアを考えている部位に対応していなければ台無しになってしまいますよ。

カートリッジ式かどうか、またその種類の豊富さを確認

家庭用脱毛器では、照射口がカートリッジになっていて交換できるものと、コンパクトな本体と一体化していて交換できないものとの2タイプがあります。商品価格で言えば後者の交換できないものが比較的安く、カートリッジ式のほうが高い傾向にあります。

一見交換できないもののほうが安く済むように思えますが、実は長期的な使用を考えると交換可能なカートリッジ式のほうがコストパフォーマンスに優れているのです。

照射口が交換できず本体と一体になっているものは、照射回数が上限に達してしまえば本体自体を買い換えなければなりません。

対して、カートリッジ式では照射回数の上限を打ちきってしまったとしても、カートリッジのみを交換するだけで再び使えるようになります。

本体自体を買い換えるよりも、カートリッジのみを買い換えるほうが安く済むことがほとんどです。長いスパンでの使用を考えるとカートリッジ式の家庭用脱毛器のほうがずっと経済的ですよ。

また、カートリッジ式の家庭用脱毛器では様々な種類のカートリッジが展開されていることが多くあります。そこで別売りあるいはセット購入で手に入れられるカートリッジの種類やラインナップもチェックしておきましょう。

これは使用部位に応じたカートリッジの交換から、ムダ毛へ効率的にアプローチできるようになるからです。商品によっては家庭用脱毛器を美顔器としても使用できる「美顔カートリッジ」のようなアイテムも展開されていますから要チェックですよ。

安全性やメーカーの信頼性の確認も忘れずに

家庭用脱毛器は肌に直接使用するものですから、安全性や信頼性には十分気をつけておかなければなりません。たとえどれだけ価格が安いアイテムだとしても安全性が保証されていなければ、肌に異常が生じる恐れが否定できなくなってしまいます。

家庭用脱毛器を選ぶ際には本体価格の安さやコストパフォーマンスよりも、安全性やメーカーの信頼性を何よりも重要視してください。メーカーが信頼できる会社かどうか、国産で品質性に優れているものかどうか、これまでの販売実績はどうであるか……それに口コミや評判も必ずチェックしておきたいですね。

もちろん家庭用脱毛器それぞれで設定されている使用方法を正しく守って使うことも大切です。それと同時に、思いもよらない危険を回避するには、商品選びの段階から注意しておかなければなりませんよ。

家庭用脱毛器から期待できる脱毛効果をより高めるポイント

より効率的なムダ毛ケアに役立てられる家庭用脱毛器の選び方、チェックすべきポイントは以上の通りです。

しかしながら、どれだけより良い家庭用脱毛器を選んだとしても、使い方次第では期待できる効果を最大限に活かせないままになっていますことも十分あり得る話です。

最後に、家庭脱毛器を実際に使用する際に役立つ「期待できる脱毛効果をより高められるポイント」をご紹介します。

もちろん家庭用脱毛器の説明書に書かれている使用方法を守ることは絶対条件です。そうした家庭用脱毛器の使用方法ではなく、脱毛ケアの前後や最中に行っておきたい準備に注目していきましょう。

処理前にムダ毛を剃っておく

まず、脱毛ケアを行う前にはムダ毛を剃っておきましょう。冒頭でご紹介しましたように、家庭用脱毛器では「毛に含まれるメラニン色素に反応する光やレーザーを当てて毛根にダメージを与える」といったアプローチから脱毛ケアを目指すものです。

こうした性質上、あらかじめムダ毛を剃っておかなければ皮膚表面に出ている毛にまでも反応してしまい、本当にダメージを与えたい毛根へのアプローチ効率が下がってしまうのです。

脱毛ケア前後に使用箇所を冷やしておく

脱毛ケア前後には照射部位を保冷剤などで冷やしておきましょう。しっかり肌を冷やしておくことで、照射による痛みを和らげられますよ。

出力パワーや照射レベルを調整できる家庭用脱毛器であったとしても、出力が大きければ大きいほどより早くより効率的にケアを進められます。パワーを高めながら痛みを少しでも抑えるためにも、脱毛ケア前後での肌の冷却はきちんと行いましょう。

保湿を欠かさずに!アフターケアまでが脱毛ケア

家庭用脱毛器での脱毛ケアは肌トラブルがあるとできませんし、脱毛ケア後の肌は普段よりも敏感な状態にあります。そこで、脱毛ケアとセットでアフターケアとしての保湿を欠かさずに行いましょう。

ただし、「脱毛ケア後の保湿ケア」として好ましい保湿アイテムは「低刺激かつ保湿力に優れた化粧水」です。化粧水の使用時には刺激をできるだけ避けるためにも下記のような使い方を意識しておきたいですね。

敏感肌ではコットンの繊維によってかゆくなったり、パッティングをすることで赤くなってしまうことがあります。保湿化粧品(保湿剤)は手でつけることをおすすめします。つけるときは保湿化粧品(保湿剤)を手のひらにとり手でなじませるようにやさしくつけましょう。

引用元:noevirgroup.jp

保湿アイテムというとクリームやオイルもありますが、実はクリームやオイルからは保湿効果自体はあまり期待できません。

さらにクリームやオイルの使用では、脱毛効果を下げてしまいかねない「毛穴詰まり」に繋がりやすいのでアフターケアの保湿ではおすすめできません。

むしろ、クリームやオイルなどの毛穴詰まりに繋がるアイテムは、脱毛ケアを行う当日・脱毛ケアを行う前後では使用を避けるべきだと言えますよ。

その他 湯船への入浴を避けたり日焼け対策を行ったり様々な注意も

また、脱毛ケアを行う際に気をつけておきたいポイントとして下記が挙げられます。

  • 湯船に浸からない
  • 運動やお酒も避ける
  • 日焼け対策を万全に
  • 生理前・生理中の使用は避ける

湯船に浸からない

毛穴から雑菌が侵入するのを予防するほか、脱毛ケアのあとに肌の温度が上昇すると赤みやかゆみが強くなる恐れもあるので湯船には浸からないでくださいね。照射後のお風呂はぬるめのお湯でのシャワーを軽く程度にとどめておきましょう。

万が一、家庭用脱毛器の使用から赤みやかゆみが生じた際には、入浴自体を控えること。

運動やお酒を避ける

上記項目「湯船に浸からない」と同様に運動や飲酒では肌の温度が上昇し、赤みやかゆみが強くなる恐れがあるので避けるようにしましょう。

日焼け対策を万全に

日焼けから肌のメラニン色素が増えると、メラニン色素に反応するライトやレーザーによってやけどが引き起こされるリスクが伴いますから、日焼け対策は万全に!

ほんのりと日焼けしてしまった時には、1~2週間肌を落ち着かせた後に脱毛ケアを行うようにしましょう。目で変化がはっきりとわかるほど日焼けをした際には脱毛ケア自体は絶対に行わないでください。

脱毛ケアは生理後のタイミングで

月経開始の週~排卵前の週は、肌が比較的安定している時期。にきびもできにくく、肌の調子がよいときです。

一方、排卵後の週~月経前の週は、肌が比較的不安定な時期。脂っぽくなって、にきび・吹き出物ができやすかったり、肌あれしやすいとき。ほてりを感じることもあるようです。

引用元:www.shiseidogroup.jp

特に生理前では普段よりも肌が敏感になっていて赤みやかゆみが生じやすい状態と言えますから、脱毛ケアに適さないタイミングとなります。

せっかく脱毛ケアを行うのですから、できることなら生理が終わり肌の状態が絶好調のタイミングで行ってくださいね。

まとめ

家庭用脱毛器はエステ脱毛で使用されるマシンよりもパワー面では劣ってしまうものの、自宅での好きなタイミング&エステ通いよりも速いペースでケアを続けることで確かな実感へと繋げられます。

「エステサロンの人とは言え、他人に見られるのは恥ずかしい……」とサロン脱毛に抵抗を抱く方やエステ通いが難しい方にとって、家庭用脱毛器を用いた自宅でのセルフケアはとても有効的な手段となります。

また、家庭用脱毛器を選ぶ際にはこちらでご紹介しました内容を参考に、使用目的に合っていたり品質性や安全性を優先したりといったアイテム選びをしてくださいね。自分自身に合っている家庭用脱毛器を選ぶことこそが、スベスベ肌を目指す際の第一歩ですよ。

また、下記の記事では今回ご紹介しましたポイントをクリアし、様々な商品の中でも特に注目を集めている家庭用脱毛器についてより詳しく解説しています。家庭用脱毛器選びでお悩みの方、家庭用脱毛器の購入を検討している方はこちらも是非参考にしてみてくださいね。

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。