ボディケア

ボディオイルの選び方で肌は変えれる!保湿&癒しのオイル厳選10種紹介

肌のケアで肝心なのが保湿です。自分では保湿をしているつもりでも、肌は知らずのうちに乾燥しています。

肌の乾燥は肌トラブルを招く厄介者。肌老化を進めてしまう事もあるので、日ごろから保湿効果を持続できるケアをしておきましょう。

保湿ケアで優秀な力を発揮するのが「ボディオイル」です。ボディオイルは、乳液やミルクとは少し役割が違います。また、正しい使い方によって、更に肌がしっとりすべすべになるのですよ。

ここでは、そんなボディオイルについてじっくり迫っていきましょう。ボディオイルについて知っていれば肌の美しさにおいて、周囲と遥かに差が付きますよ。

  • ボディオイルの働き
  • ボディオイルの正しい選び方
  • 人気のあるオススメボディオイル

・・・などが分かればもう安心です。

更にボディオイルを使いこなす為の注意点や正しい使い方についても、是非チェックして頂きたいと思います。

まずは先にオススメのボディオイルを知っておきたい方は、「人気のあるオススメボディオイルTOP3」からチェックしても良いですよ。

※本記事に出てくる「むくみケア」とは、マッサージでリンパの流れを良くするケアの事です。また「エイジングケア」は年齢肌を生き生きとさせるケアの事であります。

この記事の目次

ボディオイルとは?ボディオイルの働きをチェック

ボディオイルをまだ手に取った事のない方は、ボディオイルとは一体何・・・?と思っていますよね。

このボディオイル、実はボディケア(全身)に使う美容用のオイルの事なのです。

ボディオイルのほとんどは天然由来で出来ているので、肌にも安心。敏感肌の方までに使えるオイルなのですよ。

全身に使えるボディオイルですが、髪や顔にもOK。様々な使い方が出来るので、乳液やクリームよりも便利に使えます。

ボディオイルの主な働きは下記の通りです。

  • 肌のむくみを解消させる(マッサージで老廃物除去が可能)
  • 肌の乾燥をブロックして、保湿をキープする
  • 肌に柔軟性を出す(妊娠線の予防にも◎)

ボディオイルを使う事で、このような効果が出ますので、肌を労わりたい・・・もっと健やかな肌を作り上げたいと思う方にもベストです。

また、ボディオイルは何よりも低刺激。肌滑りも抜群なので、肌を傷つけずに毎日のお手入れが完了します。

ボディオイルとよく比較されるのが、ボディミルクやボディクリームです。ボディオイルとボディミルク・ディクリームがどのように違っているのかもチェックしておきましょうね。

ボディオイルとボディミルク・ディクリームはここが違う!

ボディオイルの場合

水1:油9の割合で、ほとんどが天然の植物油。乾燥肌を保湿力の高い肌に変える力が抜群

ボディミルクの場合

水7:油3の割合で、オイルよりも水分が多め。さらっとしたテクスチャーで肌を保湿する

ボディクリームの場合

水3:油7の割合で、主な成分がワセリンやオイル。オイルの次に保湿効果に優れている

このように比較してみても、ボディオイルは断トツで保湿力が高い事が分かりますね。続いて、ボディオイルの正しい選び方を探っていきましょう。

ボディオイルの正しい選び方

ボディオイルの正しい選び方
ボディオイルの種類はとても豊富です。ボディオイル選びに失敗しないよう、以下のポイントに重点を置いてみましょう。自身の肌に合ったボディオイルが見つかりますよ。

  • 植物由来のボディオイルを見極める
  • なりたい肌(使用目的)を明確にする

ボディオイルの選び方を詳細にチェックしていきましょう。

植物由来成分のボディオイルとは?

ボディオイルの中でも植物由来成分で出来ているものは、肌に優しく使い心地も非常に良いです。保湿力がいつまでも続くので、美肌キープも可能ですよ。

以下のオイルをチェックして、オススメ植物由来オイルの種類をマスターしておきましょう。

オススメ植物由来オイルはコチラ

  • オリーブオイル
  • アボカドオイル
  • ホホバオイル
  • 椿オイル
  • セサミオイル
  • 椿オイル

こうした種類のオイルの中でも、「オーガニック認証獲得済み」まやは「100%天然成分」と表記されたボディオイルを選ぶと◎オイルの種類や純度が非常に大切です。

用途に合わせて使い分ける

ボディオイルがいくら肌に良いからと言って、使用用途が不明なまま購入すると実際の目的から外れてしまいます。

女性の口コミ
女性の口コミ
どんな肌になりたいか・・?

こうした自身の使用用途を明確にしておきましょう。

ここでは、下記の用途に合わせたボディオイルの選び方を掘り下げていきます。

  • むくみ解消・マッサージで老廃物を除去する為に選ぶ場合
  • 妊娠線を予防する為に選ぶ場合

保湿を万全に行いたい方は「2-1.植物由来成分のボディオイルとは?」でチェックしたオイルの中で、気に入ったものを選ぶと良いですよ。

むくみ解消・マッサージで老廃物を除去する為に選ぶ場合

肌をマッサージする際、気になるのが肌の摩擦です。ダイエットやむくみ予防で肌にマッサージを施す方は多いのですが、肌に摩擦が起こると肌ダメージが進行します。

乾燥肌を招く事はもちろん、肌の乾燥から痒みやかぶれを伴う事もあるのです。

ボディオイルを使ってマッサージをすれば、肌にかかる摩擦が軽減。滑らかなテクスチャーで、納得の行くマッサージが出来ますよ。

また、下記のようなむくみケアが出来るので、肌を引き締めたい方にもベストです。

  • リンパの流れがスムーズになる
  • 肌の血行がUPして血液循環も◎になる

ボディオイルの中には、肌の引き締めに特化した物もあります。たるみやむくみを解消したい方は、むくみケアに適したボディオイルを選ぶ事がポイントですよ。

妊娠線を予防する為に選ぶ場合

妊娠中の方は、妊娠線が気になりませんか?
また妊娠線対策を行いたくても、匂いが気になってなかなかケアに踏み切れない方も多いはずです。

さらに、肌がデリケートな妊娠中は刺激を避ける事がポイント。
刺激をカットした肌に優しいボディオイルを選ぶようにしましょう。

ボディオイルの選び方について、おさらいしておきましょう。

ボディオイルの選び方のまとめ

  • 植物由来配合の安心オイルが◎
  • 保湿力が高く、美肌効果が長持ちする
  • 肌に優しいから敏感肌の方にもオススメ
  • 使用用途を明確にすると◎
マッサージしたい方は
  • むくみ解消や肌の引き締めを狙う
妊娠線のケアをしたい方は
  • 微香料や無香料などの表記をチェック、肌を労わるものをチョイス

ボディオイルは、使用用途や肌への安全面から確実な物を選ぶようにしましょう。
次に、人気のあるオススメボディオイルを紹介していきますよ。

人気のあるオススメボディオイルTOP3

人気のあるオススメボディオイルTOP3
保湿力が高く、長時間肌の潤いをキープ出来るものに限定して、人気のあるオススメボディオイルを紹介していきます。

ランキング形式でお伝えしますので、どんな種類のボディオイルが人気なのかも一目瞭然です。

オーガニックホホバオイル(ナチュラルオーケストラ)

「オーガニックホホバオイル」は、オーガニックブランドであるナチュラルオーケストラから発売しているボディオイルです。

オーガニックホホバオイルの特徴は、何と言っても高品質の天然オイルである事。100%オーガニック認定されているので、ビタミンやミネラル、アミノ酸も豊富で肌にも安心出来ますよ。肌に高い保湿を促すと共にくすみやシワ、たるみまでを予防します。

オーガニックホホバオイルは酸化しにくい点も評価されているのです。酸化防止剤や防腐剤なしでも、非常に低刺激。肌の弱い方、肌への負担が気になる方にもオススメですよ。

選べる3種類の容量なので、自身に合ったサイズを選んでお気に入りにしましょう。実際に、オーガニックホホバオイルを使っている方の口コミもチェックしていきます。

オーガニックホホバオイルの口コミ

肌の弱い方にも安心のオイル

敏感肌なので、肌に直接つけるものにはこだわっています。少しの摩擦や刺激でも敏感に読み取ってしまうので、ボディオイル選びが大変でした。オーガニックホホバオイルはお風呂上りに使用していますが、全く肌に違和感がありません。保湿力も抜群で肌の調子も上向きに。私の場合、一番小さいサイズのオーガニックホホバオイルを購入していますが、1ヶ月くらいはもちます。使いやすくコスパも抜群だと思っています。

オイルだけで乾燥対策が万全

どんな化粧品も、敏感肌の為に断念していました。ですが、今までいろいろやり過ぎていた感じがあり、ボディオイル一本に絞る事にしたのです。オーガニックホホバオイルを選んで使い始めてからは、肌のコンディションが以前より良くなりました。敏感肌特有のピリつきもありませんし、洗顔後にオイルだけを塗っている状態です。肌のツッパリも感じませんし、常に保湿されている感覚があり肌が喜んでいます。肌の水分と油分のバランスも良くなったと感じていますよ。もっと多くの方にオーガニックホホバオイルを知って欲しいですね。

オーガニックホホバオイルは、100%オーガニック認定されているから、どんな肌にも安心。身体はもちろん顔にもたっぷり使えるので、とても人気があります。
オイルでありながらさらっとしたテクスチャーなので、使いやすさを感じる方が多いのです。

商品詳細

商品名 オーガニックホホバオイル
ブランド名 ナチュラルオーケストラ
価格 ・2,778円(税抜)/34ml
・4,352円(税抜)/55ml
・9,260円(税抜)/210ml
特徴 高保湿、100%オーガニック認定、全身(顔含む)に使える

公式ページ

アンティ オー(クラランス)

スキンケアブランドで有名なクラランスからは、「アンティ オー」に人気が集まっています。クラランスをご存じの方も多いと思いますが、フランス生まれのブランドです。

このアンティ オーは、植物由来成分がばっちり配合されているので、保湿力も抜群。さらに血行促進効果が高いので、むくみのケアにも適しています。

水分が溜まりがちな脚のケアも出来るので、むくみが気になる方から絶大な人気を誇っているのです。肌を引き締めたい方、むくみケアをしながら肌保湿も完璧にしたい方はアンティ オーを選びましょう。

アンティ オーは、入浴後少し湿った肌に使用するのがベスト。エッセンシャルオイルの香りが、肌全体を包みます。丁寧にお肌をマッサージしましょう。

アンティ オーの口コミ

むくみが酷い足が快適になりました

足のむくみに長い間悩まされていました。アンティ オーを使ってからは足が非常に軽くなり、保湿も出来て肌のコンディションまで良くなりましたよ。オイルですが全然べたつかずに肌に馴染んでいきます。香りにも癒されながら、毎日のケアを欠かしていません。足のむくみが気になる方に是非、オススメしたいです(30代後半/乾燥肌)

肌のくすみが変わった

テクスチャーが非常に気に入っています。べたつかずに肌に馴染むので、ケアも楽しめていますよ。むくみが酷かったのですが、アンティ オーを使ってからは血行が良くなりむくみが改善。血流が改善されて肌のくすみまでキレイになりました。保湿効果とアロマの香りが病みつきになっています。今までに出会った事のない優秀なオイルだと思いますよ。(20代後半/乾燥肌)

オイルでべたつくものは、使いにくいですがアンティ オーなら大丈夫。足のむくみケアまで出来てしまうので、肌の引き締め効果を狙う方にも◎ですよ。香りに癒されると言う声も多いです。

商品詳細

商品名 アンティ オー
ブランド名 CRALINS/クラランス
価格 7,400円(税抜)/100ml
特徴 マッサージ、むくみケア、引き締め、セルライトケア

公式ページ

天使の聖油(キャメロン&ガブリエル)

キャメロン&ガブリエルからは、高機能美容オイルである「天使の聖油」に注目が集まっています。

天使の聖油にはアーモンドオイルや椿オイル、スクワランなどの保湿成分が集結。年齢肌による乾燥や、肌刺激から起こる乾燥にも対応しています。オイルが馴染む度に肌に潤い、ツヤ、ハリが漲るのです。

天使の聖油には、酸化しにくい天然美容オイルが使用されています。日焼けや油焼けを心配する方にも使いやすいオイルですよ。グレープフルーツの香りが特徴的で、使うたびにリフレッシュ出来ます。

商品詳細

商品名 天使の聖油
ブランド名 キャメロン&ガブリエル
価格 4,320円(税込)/40ml
特徴 油焼けや日焼けの心配なしで様々な用途に使える、エイジングケア~保湿、グレープフルーツの香りでリフレッシュ

公式ページ

ここまでは、ボディオイルの中でも保湿力に優れているものをご紹介しました。

続いては香りやマッサージ向きなど、用途に合わせて細かく選べるものを厳選しましたよ。それぞれの特徴別に、オススメのボディオイルをまとめています。

オススメボディオイルはコチラ(種類別)

オススメボディオイルはコチラ(種類別)
ここでは、用途に合わせて細かく選べるボディオイルを厳選しています。

  • 香りが良く、使い心地抜群
  • マッサージに適したテクスチャー
  • 微香料、無香料で肌に安全

このような3つの特徴で用途に合わせたボディオイルをチョイスしていますので、チェックしてみましょう。

マッサージに大活躍のボディオイル

ボディオイルを使って肌をマッサージしたいと言う方は、多いです。肌馴染みが良くマッサージに適しているボディオイルを紹介しますね。

ホワイトバーチボディオイル(ヴェルダ)

WELEDA(ヴェルダ)から登場の「ホワイトバーチボディオイル」は、ナチュラル思考の方から非常に支持されています。

ホワイトバーチは、白樺の意味があるのですが、ホホバ種子油やアンズ核油をベース作られたリッチなオイルです。
特に肌の引き締め、ハリ作りやキメを整える白樺の葉エキスが大活躍するので、肌全体を美肌に変えたい方にオススメですよ。

マッサージ用に作られたオイルで、肌を滑らかにする効果もあります。ザラついた肌がスムーズに流れるような滑らかさに変わるのが実感出来ますよ。

商品詳細
商品名 ホワイトバーチボディオイル
ブランド名 WELEDA/ヴェルダ
価格 4,104円(税込)/100ml
特徴 引き締め効果のあるマッサージ用オイル、肌を滑らかにさせる、グレープフルーツの香りで癒される

公式ページ

ホホバオイル(無印良品)

無印良品からは「ホホバオイル」が人気です。実はこのオイル、口コミサイトでも堂々の1位に選ばれているのですよ。

植物由来のオイルであり、ホホバの趣旨から得たオイルを精製しています。オイルでありながら、さらっとして使い心地も抜群。高保湿で、身体全体に使える事はもちろん、クレンジングやヘアケアにも使えます。

香りやテクスチャーにクセはなく、自然で使いやすいと言う声が続出していますよ。選べる3種類の容量や、価格が安い点でも支持されています。

商品詳細
商品名 ホホバオイル
ブランド名 無印良品
価格 ・900円(税込)/50ml・1,600円(税込)/100ml・2,500円(税込)/200ml
特徴 低価格で様々な用途に使える、無香料&無着色、高保湿

公式ページ

マッサージオイルアンセンテッド(アロマベラ)

アロマベラからは、「マッサージオイルアンセンテッド」が注目されています。このアロマベラ、カリフォルニア生まれのアロマブランドで、非常に人気が高いのです。

マッサージオイルアンセンテッドは、100%植物由来のオイルである所が特徴。香りが気になる方にも嬉しい無香料タイプになっています。

種類も「フォースポーツ」「リラクゼーション」と、シーンによって使い分けが出来るので、お好みのものをセレクトしましょう。

ホホバオイルやオリーブオイル、カノラオイル(アブラナ種子油)などの高保湿成分が、肌の角質層にまでしっかり浸透。うっとりするような保湿肌が出来上がります。

商品詳細
商品名 マッサージオイルアンセンテッド
ブランド名 アロマベラ
価格 1,500円(税抜)/200ml
特徴 マッサージしながら保湿、無香料で様々な用途に使える

公式ページ

続いて香りが特徴的なボディオイルを紹介しますね。良い香りに癒されたい方、必見ですよ。

香りに癒されるボディオイル

全身のケアタイムは良い香りに包まれて・・・そんなケアをイメージする方は多いです。素敵な香りでケア出来れば、ケアタイムも変わります。

ここでは、良い香りに包まれながらケア出来るボディオイルを紹介しましょう。

プロディジューオイル(ニュクス)

NUXE(ニュクス)はフランスのナチュラルコスメブランドです。そんなニュクスからはプロディジューオイルが人気。

プロディジューオイルには、アーモンドオイル、マカダミアオイル、ヘーゼルナッツオイルの他に厳選した6種類の植物オイルが配合されています。
ボディケアだけでなく、ネイルケアやヘアケア、顔のケアまでが1本で完了しますよ。

気になる香りは、オレンジブロッサムやマグノリア(木蓮)と言った爽やかな香りです。バスオイルとしてお風呂に数滴入れれば、上品な香りに癒されます。
様々な用途で使えるのも嬉しいですよね。

商品詳細
商品名 プロディジューオイル
ブランド名 NUXE/ニュクス
価格 ・3,240円(税込)/50ml
・5,508円(税込)/100ml
特徴 オレンジブロッサム&マグノリアの香り、バスオイルにも◎、高保湿

公式ページ

ボディオイル(サボン)

サボン(SABON)はイスラエル生まれのボディオイルです。このサボンからは、「ボディオイル」が人気。

アサイーやアーモンドから抽出した天然オイルが特徴的です。高保湿でべたつかず、気持ちよく使う事が出来ます。スプレータイプなので、ベタつきが気になる方にもオススメ。

気になる香りですが、ムスク、パリョリラベンダーバニラ、ラベンダー、バニラの中からチョイス可能。
自分に合った香りを選んでみましょう。

商品詳細
商品名 プロディジューオイル
ブランド名 サボン/SABON
価格 3,000円/100ml
特徴 ムスク、パリョリラベンダーバニラ、ラベンダー、バニラの香り、スプレータイプ、高保湿

公式ページ

ローズアロマオイルRX(ばら園)

化粧品で有名な資生堂からは、ばら園の「ローズアロマオイルRX」に人気が集中しています。資生堂のヘアケア・ボディケアブランドなので、安心して購入出来ると言う方が続出。

ローズヒップオイルやティーローズ、ホホバオイルなどの保湿に優れたオイルを厳選。エッセンスとオイルが2層になっているので、保湿効果や肌にツヤを出す効果を最大限に発揮します。

香りはばらの香り。みずみずしいばらの香りが、肌に癒しを与えます。お花の香りで癒されたいと思う方にはベストですよ。

商品詳細
商品名 ローズアロマオイルRX
ブランド名 サボン/SABON
価格 1,944円(税込)/75ml
特徴 みずみずしいばらの香り・高保湿・ローズヒップオイルで潤い

公式ページ

匂いが気になる方には、微香料&無香料のボディオイルをオススメします。次項にて早速チェックしましょう。

微香料・無香料で人気のあるボディオイル

ボディオイルに香りを求める方がいる一方、香りは一切排除したいと考える方もいます。無香料&微香料を求める方には、以下のボディオイルをオススメしますよ。

ソンバーユ無香料(尊馬油)

「ソンバーユ無香料」は、薬師堂、尊馬油から発売しているボディオイルです。馬油100%の上、無香料&無添加で肌に安心ですよ。

ソンバーユ無香料は植物由来ならぬ、馬油ですが使い心地は抜群。馬油とは、人間の皮脂に最も近い油なので、肌馴染みに優れています。

ボディケアはもちろん、日焼けで出来やすいシミやそばかすもブロックするのです。

馬油は頭皮にも◎老けや枝毛を防いで、健康的で艶やかな髪作りが出来ますよ。

商品詳細
商品名 ソンバーユ無香料
ブランド名 尊馬油
価格 2,000円(税込)/75ml
特徴 馬油で高保湿、無添加&無香料、シミやニキビ、シワ予防も可

公式ページ

プライムボディボディオイル(ビオレ)

洗顔料などのスキンケアアイテムで有名なビオレからは、大人の女性に向けたボディオイル、「プライムボディボディオイル」をオススメします。

このプライムボディボディオイルは、ラベンダーやホホバ、月見草などから抽出した100%天然由来のオイルで作られているのです。肌馴染みが抜群で、肌の潤いがいつまでも持続しますよ。

ベタっと重すぎないテクスチャーで、上からミルクを重ねても◎気になる香りは、積み立て小花のすがすがしい香りです。どこまでも自然な花の香りと、すっと馴染む感覚に病みつきになる方が続出していますよ。

商品詳細
商品名 プライムボディボディオイル
ブランド名 ビオレ
価格 972円(税込)/80ml
特徴 プチプラ、べたつかずに伸びる、自然な花の香り

公式ページ

ここまで、オススメボディオイルを紹介してきました。自身に合ったボディオイルに出会いましたか?

続いてはボディオイルの正しい使い方や注意点をまとめてみました。正しく使って、ボディオイルの効果がUPするようにしたいですね。

ボディオイルの注意点や正しい使用方法をチェック!

ボディオイルの注意点や正しい使用方法をチェック!
ボディオイルの特徴として、以下の事を知っておきましょう。

  • 酸化しやすい
  • 濡れた肌にも使用可能

こうした特徴を踏まえた上で、効果的なボディオイル使い方を覚えると良いですね。厳選したボディオイルを正しく使って、美肌により磨きをかけましょう。

ボディオイルを使う際の注意点

ボディオイルを使い始める前に、使用や保管についての注意点を把握しておきましょう。

ボディオイル使用の注意点をチェック

  1. 肌の炎症(ニキビなど)がある箇所は避けて使う
  2. 朝や日中は控えよう
  3. 保管場所に要注意
①肌の炎症(ニキビなど)がある箇所は避けて使う

身体に出来たニキビは、極力避けて使う事が◎です。皮脂腺の多い箇所にボディオイルがつかないように注意すると良いですよ。

②朝や日中は控えよう

ボディオイルで最も気を付けたいのが日焼けや油焼けです。酸化の心配がありますので、朝や日中を避けて使用しましょう。就寝前などに使うとバッチリです。

③保管場所に要注意

繰り返し伝えますが、ボディオイルは非常に酸化しやすいものです。直接日光が当たらないような冷暗所や冷蔵庫での保管がマスト。また使用期限を守って使い方をしましょう。

※使用期限については製品ごとに違います。1ヶ月~3ヶ月を目安に使い切りましょう

ボディオイルは酸化しやすいオイルです。ですので、大容量のものより小容量で対応すると良いですよ。使い切っては買い替えるなどの工夫で、肌にベストな状態を保ちましょう。

ボディオイルの正しい使い方

ボディオイルを使うタイミングを知っていきましょう。以下のタイミングで使えば、ボディオイル本来の効果をより発揮しますよ。

  • お風呂から出る前
  • お風呂上り(直後)

お風呂から出た肌は、乾燥しやすいもの。出来ればボディオイルは、乾燥していない状態(お風呂上りすぐ)に使う方がより、効果を発揮します。

ボディオイルで丁寧にマッサージしながら、肌にツヤと潤いを与えてください。肌が喜ぶ瞬間を、肌が乾燥する前に作ってあげましょう。

ボディオイルを使う際の手順を、以下にまとめています。

ボディオイルの使用手順

  1. 500円玉大のオイルを手のひらに出す
  2. 手のひらの体温で少し温める
  3. ゆっくり丁寧にマッサージするように、肌に馴染ませる

ボディオイルは、基本的にたっぷり使う事が良いです。肌への摩擦が起こるのは、少量で伸びが悪いパターンなのですよ。

さらに、ボディオイルとボディクリームを組み合わせる場合には、以下の事に注意しましょう。

  • ボディクリームにボディオイル(1~2滴を加える)・・テクスチャーの伸びが良くなる
  • クリーム→オイルの順番で塗って、肌の保湿を完璧にする

こうした使い方をすると、クリームとオイルの相乗効果を得られますよ。

ボディ以外に使う場合

ボディオイルは、ボディ以外にも使える万能なオイルです。使い道を以下にまとめてみました。主な使い方はコチラです。

  • クレンジングとして(毛穴汚れを絡め取る)
  • 化粧水の導入液にも可能
  • 入浴剤にも◎
  • ヘアケア(ドライヤー使用前のトリートメントとして)

ボディオイルには、こうした用途もあるのですが、アイテムによって使える範囲は変わってきます。ボディオイルの説明書を良く読んで、使い道をチェックしておきましょう。

まとめ

ここまで、ボディオイルについてオススメや使い方などをまとめてきました。

自身に合ったボディオイルは見つかりましたか?正しい使い方や用途は把握出来ましたか?

ボディオイルでオススメのものは以下の3つです。おさらいしておきましょう。

高保湿!おすすめボディオイルTOP3

  • ホホバオイル(無印良品)
  • オーガニックホホバオイル(ナチュラルオーケストラ)
  • 天使の聖油(キャメロン&ガブリエル)

ボディオイルでの全身ケアは、美肌を持続させます。自身のニーズに合ったボディオイルを選んで、快適な肌を保ちましょう。