スキンケア

30代乾燥肌を完全保湿!意識したい4つのポイント

「お肌の曲がり角」と言われる30代では、それ以前に気にならなかった肌トラブルに悩まされがちになります。最たる例として挙げられるのが、乾燥肌ではないでしょうか。

「特に意識してスキンケアをしなくてもツヤのある肌だったのに、最近はケアをしても全然保湿されない……」そうした悩みを抱いている女性は少なくはありません。

多くの女性が気になる「30代からの乾燥肌」の原因は30代ならではの変化が考えられますし、乾燥肌の改善・予防でも「30代のお肌に合ったケア」が何よりも大切になります。

こちらでは30代から乾燥肌が気になり始める原因とともに、美しく健やかな肌を目指す・維持する際に行っておきたいスキンケアについてご紹介します。

加齢だけじゃない!30代から乾燥が気になり始める原因とは

「お肌の曲がり角」とも言われる30代では、若い頃には悩まされなかった肌トラブルに見舞われることが多くなりますよね。中でも多くの女性が悩んでいる症状は「乾燥肌」ではないでしょうか。

「毎日きちんとスキンケアを続けているのに乾燥するのはどうして?」と感じているかもしれませんが、30代のお肌は20代よりも乾燥しやすい状態にあると考えられています。ということを聞くと「加齢が乾燥の原因?」と思われるかもしれません。

  • 肌本来が持つ潤い保持成分の生成量&保湿機能の低下
  • 乾燥しやすい部位では、肌の潤いを守るための皮脂分泌量がさらに減少
  • 体力や新陳代謝の低下
  • ストレスの蓄積、生活習慣の変化
  • ホルモンバランスの変化
  • 肌のターンオーバー(新陳代謝)の遅れ

確かに30代のお肌が乾燥しやすい理由としては、上記のような加齢に伴う様々な変化が原因の1つとして挙げられます。しかし、決して乾燥肌の原因は加齢に伴う肌の変化だけではありません。

現在のお肌の状態に合っていないにも関わらず20代の頃と同じスキンケアを続けていたり、毎日のスキンケアが知らず知らずのうちに乾燥を深刻化させる原因になっていたり……そうしたスキンケアにおける要因も大きく関係しています。

では、30代からの乾燥肌対策としてどのようなスキンケアを行っていけば良いのでしょうか?

30代のスキンケアでは保湿ケアを最優先で

30代のスキンケアでは保湿ケアを最優先で
30代から乾燥しがちになるお肌では、小じわやたるみそして毛穴やくすみも気になり始めます。こうしたお肌の変化を受けるとどうしても「エイジングケアを始めないと!」と思ってしまいますが、30代からスキンケアとしては「保湿ケア」を最優先してください。

というのも、30代での小じわやたるみをはじめとした「見た目年齢に大きく関わるお肌の変化」は乾燥によって引き起こされていることが多いからです。中でも、目元や口元などの小じわができやすい部位は、皮脂の分泌量が少なく乾燥しやすい部位とも言えます。

そもそも私達が触れる肌表面の角層には角層細胞が、角層細胞と角層細胞との間を埋めるようにして角質細胞間脂質がそれぞれ存在しています。これらの角質層に存在する組織は、肌表面の水分をキープしたり肌の外に水分が逃げないようにガードしたりといった働きを担っています。

しかし、先述のような加齢に伴う肌の変化、特に肌のターンオーバーの低下によって細胞間脂質も減少し、肌の水分が逃げやすいスカスカの状態に。加えて乾燥によって外的刺激から肌を守る機能も低下し、見た目年齢に大きく関わる変化のみならず赤みやかゆみなどの肌トラブルリスクも高まるのです。

こうした乾燥肌に伴うお肌の変化に加えて、乾燥肌によって引き起こされる肌の悪循環を断つためにもスキンケアでは保湿ケアを最優先してくださいね。

30代からの乾燥肌対策で意識したい4つのポイント

30代からの乾燥肌対策で意識したい4つのポイント
30代からのスキンケアでは何よりも優先すべきなのは保湿ケアです。保湿ケアの第一歩は、やはり「保湿成分」が配合された基礎化粧品を選ぶことです。

しかしそれだけではなく、20代からの癖を見直して30代ならではの肌に合ったスキンケアへとシフトすることも大切ですよ。以下では30代からの乾燥肌へのスキンケアで意識したい4つのポイントを解説いたします。

落とし過ぎ注意!洗顔では回数と洗浄力を見直して

肌のターンオーバーが行われたり皮脂が分泌されたりしていますから、朝の洗顔で汚れや皮脂をきちんと洗顔料を用いて落とすのは正しいと言えます。放置された皮脂や汚れは酸化から毛穴汚れやくすみの原因となりうるからです。

ただし、これはあくまでも朝の洗顔がスキンケアとして有効なのは「皮脂が分泌されている場合」に限られます。

朝と夜2回の洗顔が乾燥の原因になることも

皮脂分泌量の低下が乾燥肌の原因の1つとして挙げられる場合、寝起きの朝とメイクを落とす夜の2回のタイミングで洗顔料を用いて顔を洗うと、カサつきやツッパリ感が強くなってしまうからです。

乾燥状態にある肌でこうした2回の洗顔を行えば、保湿ケアを朝にきちんとしても午後から乾燥が気になる原因にもなります。

そもそも皮脂の分泌量が少ない乾燥肌の場合には、その分泌量の少なさから顔はそれほど汚れていません。それにも関わらず洗顔料を用いて顔を洗うと、肌の潤い維持に必要な皮脂までも洗い流してしまうことになります。結果、ますます肌に潤いをキープできなくなる状態に陥ってしまいかねません。

乾燥肌が気になる場合には朝の洗顔料を用いた洗顔習慣を中止し、前の晩のスキンケアをオフするために化粧水で軽く拭き取る程度に留めておくだけでも乾燥の改善に役立てられますよ。

洗顔力の見直しも必要な場合も

また、「若い頃はオイリー肌だったから」と昔の名残で洗浄力が強めの洗顔料を使い続けている方も少なくはないはずです。しかし肌が乾燥している場合には、洗顔料でも「洗浄力が強いもの」は避けたほうが良いと言えますよ。

先述の通り、乾燥しやすい30代のお肌へのケアは何よりも「保湿ケア」が大切ではありますが、肌の水分維持に必要な皮脂までもオフすることによって肌がどんどん水分が逃げていく状態にあればせっかくの保湿ケアも役に立ちません。

毎日使用する洗顔料ですから、洗浄力が肌に与える影響はおのずと大きくなります。昔からの習慣の延長線上で洗顔料を選ぶのではなく、「乾燥しやすい30代の肌に合った洗浄力」に着目して現在の肌に応じた選び方をしましょう。

乾燥肌へのスキンケアでは保湿ケアと同じくらい「皮脂などを落としすぎない」「洗いすぎない」といった心構えが必要ですよ。

30代の乾燥肌では「ブースター」をプラスしたスキンケアを

年齢を重ねるごとに様々な変化がありますよね。例えば毎日のメイクや生活スタイル・生活習慣、それに仕事や家事によるストレスといった変化もまた、それぞれが複雑に絡み合ってお肌の状態を左右します。

30代からの乾燥肌では何よりも保湿ケアを大切にしながら、お肌の変化に合った悩み・症状に応じたアイテムを選ぶことが大切です。

しかし時には「肌に合っている化粧水なのに肌に入っていかず、効果を最大限に活かせられない」ということも。そんなときに役立つのが「ブースター(導入液)」という美容液です。

ブースターの名前の由来は、「押し上げる、高める」の意味を持つ「boost(ブースト)」。使用方法は、洗顔後すぐ&化粧水前のタイミングの素肌に乗せるだけと至って簡単!すると、その名前の由来の通り、化粧水をはじめとした基礎化粧品の浸透性を高める効果が期待できますよ。「導入美容液」「ブースターセラム」そして「プレ化粧水」とも呼ばれています。

ブースターは「化粧水の入りが悪い気がする」「乾燥がなかなか解消されない」とお悩みの方にはピッタリのアイテムです。最近では使用目的が細分化されて期待できる効果がわかりやすかったり、多くの会社から様々な価格帯で展開されていたりと……より合ったものをチョイスできるほどに数多くの製品が出揃っています。

保湿ケアに繋げるにあたってブースターは実に有効な手段ですから、今までのスキンケアのステップに新たにプラスしてみてはいかがでしょうか?

オイルも上手に活用すれば「乾燥知らず」を目指せられる

乾燥が気になる30代のお肌にプラスしたいアイテムして、化粧水前のブースターに加えて「オイル」をご紹介します。

乾燥肌とは水分が不足している状態ではありますが、30代からの乾燥肌がなかなか改善されない原因としては冒頭で書きましたように「水分不足」と「皮脂不足」が挙げられます。

皮脂は肌の潤いをキープする役割を持ちますが、その働きは皮膚表面で「皮脂膜」を形成することで発揮されています。皮脂不足にあると皮脂膜が形成されずに、肌のバリア機能低下から水分を保持できない状態に陥ってしまうのですね。そんな皮脂不足による乾燥を食い止める際に役立つのがオイルです。

化粧水のあとに油分を含む乳液やクリームそして美容用オイルを使用しましょう。これらのアイテムも保湿成分を含むものを選べば、より効率的にお肌へのうるおいを高められます。

美容用オイルを初めて使用する方は、多機能かつサラリと軽く使いやすいテクスチャのものを選ぶようにするとベタつきが気にならずに無理なく続けられやすいのでおすすめです。

30代からの乾燥肌を放置しておくと小じわやたるみなどが目立つようになりますが、「水分と油分の両方を補う保湿ケア」ではツヤのあるふっくらとした肌を目指しやすくなりますよ。

どのアイテムも「適量」での使用を心掛けて

スキンケアの際には、使用するアイテムそれぞれに記載されている使用目安量を守った「適量」あるいは「やや多め」で使用するようにしましょう。

そもそも商品に記載されている使用目安量は、販売元メーカーが「このアイテムから期待できる効果を実感できる量」として定めたものです。これよりも少なければメーカー側が想定した効果が満足に望めなくなりますし、逆に使用量が多ければ多いほど期待できる効果も比例して高まるというわけではないのです。

スキンケアアイテムを選ぶ際には配合成分や期待できる効果などを見るために、商品パッケージの記載内容に注目する方がほとんどだと思います。その意識をアイテムごとに設定されている使用目安量にも向け、「このアイテムに望む効果を最大限に活かそう」という気持ちから役立てていきましょう。

まとめ お肌の曲がり角と言われる30代では保湿ケアを大切に

体の様々な変化に加えて仕事や家事など生活スタイルの変化が生じやすい年齢と言える30代では、20代の頃とはお肌の状態も異なってきます。これらの様々な変化からは水分や皮脂不足に陥りやすく、特にお肌の乾燥が気になることが多くなります。

乾燥肌ではカサつきやツッパリ感が気になるだけではありません。乾燥が進行すればたるみや小じわそしてくすみが目立ちやすくなったり、紫外線や摩擦など外的刺激を受けやすい状態から赤みやかゆみなどの肌トラブルにも繋がりやすくなったり……乾燥肌を放っておいても良いことは全くありません。

いつまでも若々しい肌をキープする、あるいは今後も美しい肌であり続けるためにも「肌がカサつく・ツッパる」と感じられたら、不足している水分や油分を補えられる保湿に重心を置いたスキンケアを始めましょう。

肌に合ったケアこそが正しいスキンケアと言えますから、毎日のスキンケアも肌の変化にうまく対応させていきたいですね。スキンケアを見直したり30代から気になり始めた乾燥肌へのケアを新たに取り入れたりする際には、こちらでご紹介しました内容を参考にしてみてくださいね。