30代のアイクリーム選びのポイントは?おすすめ商品もご紹介!

30代の女性の多くが、顔の中で特に老けた印象を感じるパーツはどこだと思いますか?

答えは、目元です。

目元は皮膚が薄いため、エイジングトラブルが目立ちやすく、30代から少しずつトラブルが目に見えて現れるようになります。

最近老けた気がする、と鏡を見てため息をついている方、今必要なのはアイクリームです!

目元ケアをコツコツ続ければ、周りよりも一段と若々しい大人女性を目指せますよ。

今回は、30代のアイクリーム選びからおすすめアイクリームまで、徹底的に解説します。

30代のアイクリーム選びのポイント

30代の目元ケアのゴールを知ろう

30代の目元ケアで目指すのは、エイジング予防です。

30代になると、皮膚の皮脂量と水分が少なくなり、乾燥しやすくなるため、紫外線や摩擦などの刺激を受けてエイジングトラブルが進行します。

特に要注意なのが、紫外線ダメージです。目元は、顔全体に比べてUVケアを忘れやすいため、10代から少しずつ紫外線ダメージが蓄積します。

長年UVケアを怠り続けると、メラニン生成が過剰な状態が続き、シミが増えるだけではなく、紫外線は皮膚の水分を奪う働きもあるため、目元の乾燥が進んで小じわやたるみも現れやすくなるのです。

20代までは保湿に重点を置いていた目元ケアも、30代に入ったら将来のことを考えて、エイジングトラブルをしっかり予防できる目元ケアを始めましょう。

エイジングトラブルをしっかり予防するためには、保湿成分だけではなく、アンチエイジングが認められた有効成分に注目してください。

30代のアイクリーム選びの三つのポイント

エイジングケアと保湿を30代からしっかり行えば、5年後、10年後も若々しい目元をキープできます。

30代のアイクリーム選びでは、

  • 保湿成分
  • 有効成分
  • 臨床試験済み

以上の三つのポイントを重視しましょう。

保湿成分

保湿成分といっても、30代の皮膚の状態に合う成分を選ぶことが大切です。

保湿成分は、

  • 水分を与えるもの
  • 油分で水分の蒸発を防ぐもの
  • 肌本来の保湿力を高めるもの

三つに分けられます。

30代の肌は、皮膚に存在する天然保湿成分が減少しはじめます。天然保湿成分の減少によって、皮膚の保湿力が低下するのです。

特に目元の皮膚は薄いため、乾燥による皮膚の変化が目に見えてわかりやすく、小じわやくすみが気になるようになります。

これまでは成分を与えるだけで済んでいた保湿ケアを、与えるだけではなく肌本来の保湿力を高めるような保湿ケアにシフトしましょう。

肌本来の保湿力を高める保湿成分
  • ガラクトミセス培養ろ液
  • ライスパワーNo.11
  • アミノ酸(グリシン、アラニン、プロリン、セリン、アルギニン、リシン、グルタミン酸、トレオニンなど)
  • セラミド
  • EGF

有効成分

有効成分は、国や医療機関によって効果が認められた成分です。

「医薬部外品」では、その製品の医薬部外品としての効果・効能に対して、医薬品医療機器等法に基づき承認を受けた有効な成分を「有効成分」としており、成分表示でも、「有効成分」は、「その他の成分」と区別して表示されます。

引用:www.kao.com

有効成分が配合されているものは、医薬品より効果が穏やかですが、化粧品(有効成分なし)より効果があるものです。

目元のしわやシミ、色素沈着など、気になるトラブルがある場合は、有効成分が配合されているかどうかもアイクリーム選びで重要になります。

代表的な有効成分
  • シミや色素沈着:ビタミンC誘導体やプラセンタエキスなどの美白有効成分
  • しわ:レチノール、AHA、シンエイク
  • たるみ:ビタミンC誘導体

特に気になるトラブルはないけど、将来のためにしっかり予防をしたい、という方には抗酸化作用の強い成分が配合されているものを選びましょう。

臨床試験済み

数多くあるアイクリームの中でも、特に期待できるのが臨床試験済みのアイクリームです。

特に気になる目元トラブルがある場合は、臨床試験で目元トラブルにどれくらいの効果があったのか、というデータを持つアイクリームを選びましょう。

30代におすすめのアイクリーム6選

今回は、30代向けの保湿と合わせてエイジング予防もできるアイクリームを選びました。

価格帯が定期的に購入しやすい1万円以下のものを中心に選んだので、コスパが気になる方もぜひ参考にしてみてください!

ベントン フェルマンタシオンアイクリーム

ベントン フェルマンタシオンアイクリーム画像引用:Amazon
特徴
  • ガラクトミセス培養液、セラミドが肌本来の保湿力をサポート
  • ターンオーバーを促進させるEGF配合
  • デリケートな目元にやさしい弱酸性、無香料、無着色

Amazonで購入する

高級コスメ、SK-IIが誇る美容成分、ガラクトミセス培養液を配合した贅沢なアイクリームです。

ガラクトミセス培養液とセラミドによる保水力で、うるおい不足になりやすい目元の皮膚の保湿力がアップ!

また、EGFがターンオーバーの乱れを防ぎ、未熟で水分をキープしにくい細胞ではなく、健康的な細胞を育てて、一時的な保湿ではなく、うるおいを逃しにくい目元を目指せます。

EGFには肌細胞を活性化させてターンオーバーを高める働きがあり、発見当初は火傷や傷を負った肌の再生など、皮膚再生医療の分野で使われてきました。

健康な肌でも20歳をピークに減少し、それと同時にヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンといったタンパク質の生成量も減って、肌の老化をもたらすと言われています。

そのためEGFを補給することで肌のアンチエイジングに効果があるとされ、2005年には厚生労働省から認可が下りて化粧品に配合できるようになりました。

引用:www.biyougeka.com

DHC薬用Qショートリンクルクリーム

DHC薬用Qショートリンクルクリーム画像引用:Amazon
特徴
  • 抗酸化作用の強いコエンザイムQ10
  • 美白有効成分プラセンタエキス
  • しわ有効成分のレチノール
  • 無香料、無着色、パラベンフリー

公式ページ
Amazonで購入する

DHCのアイクリームは、エイジングトラブルの原因の一つである活性酸素の働きを抑える抗酸化成分、コエンザイムQ10で目元のトータルエイジングケアができます。

さらに、厚生労働省が認可している美白有効成分、プラセンタエキスやしわケアができるレチノールと、有効成分もしっかり配合されている本格エイジングケアアイクリームです。

北の快適工房 アイキララ

北の快適工房 アイキララ画像引用:eyekirara.com
特徴
  • ビタミンC誘導体が目元のエイジングトラブルをトータルケア
  • 効能評価試験済み
  • シアバターやアボカドオイル、ヒマワリ種子油など植物オイル配合

公式ページ
Amazonで購入する

目元のどんよりとしたクマやくすみが気になる方におすすめなのが、ビタミンC誘導体配合のアイキララです。

美白有効成分としても知られるビタミンC誘導体は、コラーゲンの生成をサポートする働きもあるため、肌の内側からピンッと弾力のある目元を育て、どんより皮膚痩せ対策もできるんです。

また、アイキララに配合されているビタミンC誘導体は、肌に馴染みやすい両親媒性のMGAなので、目元の皮膚にしっかりアプローチできます。

コーセー モイスチュア スキンリペア アイクリーム

コーセー モイスチュア スキンリペア アイクリーム画像引用:Amazon
特徴
  • 皮膚の水分保持力が認められたライスパワー®No.11配合
  • 大豆エキスと玉露茶エキスが目元を保湿

公式ページ
Amazonで購入する

保湿に特化したコーセーのアイクリームです。

一時的な保湿ではなく、皮膚内部の保湿成分を増やす育てる保湿ケアができます。

配合されているライスパワー®No.11は、日本で初めて「皮膚水分保持能改善効果」が認められた有効成分です。

「水分保持能改善効果」とは、肌が水分を保つ力をより高め、改善する効果です。ライスパワー®No.11エキスは医薬部外品の新規有効成分として認可された世界で唯一の成分です。これは、現行の薬機法(旧薬事法)が制定されて以来の快挙になります。

引用:www.riceforce.com

皮膚の水分量を高め、うるおいによって紫外線や摩擦など、刺激を受けにくい目元を育てます。

保湿ケアは目元ケアの基本であり、乾燥はしわやたるみ、シミなど様々なエイジングトラブルの引き金になる要素です。

顔全体が乾燥肌の方は、目元も乾燥しやすいため、ファーストエイジングケアとして集中的に保湿ケアができるアイクリームを使いましょう。

ビューティーモール リポフラーレンアイクリーム

ビューティーモール リポフラーレンアイクリーム画像引用:Amazon
特徴
  • 臨床試験でフラーレンによる皮膚の水分量向上を検証済み
  • 三種類のビタミンC誘導体を配合
  • 保水力の高い二種類のセラミドを配合

公式ページ
Amazonで購入する

保湿力の高さに加えて、ビタミンC誘導体による目元のトータルエイジングケアもできるアイクリームです。

フラーレンは、強力な抗酸化作用を持つだけではなく、皮膚の水分量を高める働きも注目されています。

皮膚が薄くうるおいを溜め込みにくい目元から、うるおいが逃げにくい目元を目指せるアイクリームです。

保湿だけではなく、ビタミンC誘導体が目元のくすみやクマ、シミなど、エイジングトラブルをトータルで防いでくれます。

エトヴォス ミネラルアイバーム

エトヴォス ミネラルアイバーム画像引用:Amazon
特徴
  • アイクリームを兼ねたアイシャドウ
  • クレンジング不要、シリコン、界面活性剤、タルク、鉱物油、防腐剤など負担になる成分は不使用
  • 植物オイル、リピジュアで目元を保湿

公式ページ
Amazonで購入する
楽天で購入する

日中用の目元保湿に使えるエトヴォスのアイバームです。

ツヤのある発色でアイシャドウとしても優秀ですが、植物オイルをベースに、保湿力の高いリピジュアや植物エキスが日中の目元の乾燥を予防します。

メイクをしながら目元の保湿ができる便利コスメです。クレンジング不要で目元にクレンジング刺激を与えないのもポイント!

30代から現れ始めるエイジングトラブルと原因

30代から現れ始めるエイジングトラブルと原因

実は、30代〜40代の日本人女性のおよそ6割が目元の老化は気になるのに、目元ケアをしていない、という調査結果があります。

ポーラ・オルビスの敏感肌専門ブランド「ディセンシア」が30代〜40代の女性を対象に行った調査によると、8割の女性が目元の老化を感じているのにも関わらず、目元ケアをしているのは全体の3割弱だったのです。

参考:prtimes.jp

調査結果にあるように、目元の老化を感じ始める30代は、日常生活が忙しくて目元ケアまで手が回りにくいのかもしれません。

しかし、今から始める目元ケアが5年後、10年後の若さを保つカギになります。

目元のエイジングトラブルの中でも、特に30代から現れ始める乾燥小じわ、シミ・くすみの原因は、主に乾燥と紫外線です。

乾燥小じわ

30代になると、肌の内部でうるおいを保っている天然保湿成分が減少しはじめ、乾燥しやすくなります。

肌が乾燥していると、角質層の表面部分がはがれやすくなり、剥がれた部分によって角質層に隙間ができ、小じわになるのです。

また、ターンオーバーの乱れが乾燥サイクルを生み出します。

ターンオーバーが正常に行われていると、古い角質が剥がれ落ち、健康的な新しい細胞が表面に出てきます。

しかし、乾燥でターンオーバーが乱れて未熟で薄い細胞が表面に出てくると、皮膚の水分が蒸発しやすく、ますます乾燥が進むのです。

乾燥が進むと小じわがさらに目立ち、ケアをせずに放置を続けると、小じわが真皮に到達し、深いしわになることもあります。

シミ、くすみ

目元にできるシミやくすみは、紫外線と乾燥の二つの原因から生まれます。

紫外線はメラニンを過剰に増やすだけではなく、皮膚の水分を奪って乾燥を進め、ターンオーバーの乱れを起こすのです。

ターンオーバーには、溜まったメラニンを古い角質とともに排出する働きもあります。

ターンオーバーの周期が遅くなると、溜まったメラニンを含む細胞が肌表面に残り、色素沈着してシミになります。

30代から始める!アイクリームと合わせたい目元ケア

アイメイクのクレンジングは保湿力の高いクリームで丁寧に

アイクリームで目元の保湿をするだけではなく、毎日行うクレンジングを見直して、目元の乾燥を防ぎましょう。

洗浄力の強いクレンジングオイルは、皮膚に必要な皮脂まで洗い流すというデメリットがあります。

30代になったら、クレンジング剤は落としやすさを重視して選ぶのではなく、保湿力と肌へのやさしさを重視して選びましょう。

目元専用のリムーバーでクレンジングしても良いですが、目元の乾燥を防ぐならクレンジングクリームを使うのがおすすめです。

クレンジングクリームをコットンにたっぷりなじませ、目元をやさしく押さえてメイクを落とします。

マスカラやアイラインなど、細かい部分は綿棒にクリームをなじませて、やさしく撫でるように落としてください。

少々手間がかかりますが、そのぶん目元にかかるクレンジング負担は減り、目元の乾燥を防げます。

アイウェアで目元の紫外線対策

紫外線対策は一年中必要です。外出時に目元の紫外線対策をするときは、帽子だけではなくサングラスやメガネを使用しましょう。

使用するのは、UVカット効果のあるアイウェアです。サングラスやメガネは、帽子に比べると4倍以上の紫外線をカットします。

透明レンズでもUVカット加工されているものがあるので、サングラスは日常的にかけづらい、という方にはUVカット加工のメガネがおすすめです。

ストレスをケアして目元トラブル予防

ストレスは自律神経の働きを乱し、血流を悪くして肌のターンオーバーまで乱すのです。

また、体内に活性酸素が増えやすくなり、活性酸素による細胞ダメージで皮膚の老化が進みます。

ストレス対策には、寝る前のリラックスタイムが効果的です。寝る1時間前からスマホなど光が強く発生するデジタル機器は使わず(スマホやPCなど)、照明を暗くしてマッサージやストレッチを行いましょう。

アロマキャンドルをつけて、3〜5分じっくりストレッチしてください。アロマの香りでリラックスすると、副交感神経が優位になって自律神経が整います。

周りと差をつける若さの秘訣は目元にあり!

30代以降、同窓会などで同級生と会う機会が増えますよね。

そんな時、「変わらないね」「なんでそんなに若々しいの?」と聞かれると嬉しくなるでしょう。

目元ケアをする女性が少ない中、コツコツ目元ケアを続ければ、周りの同年代女性よりもグンと若く見えるはずです。

30代から始めるアイクリームで若さをキープし、周りと差をつけちゃいましょう!

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。